複数キーワードは半角スペースで検索!

《ダイエット》気になる。ボルダリングで体重は落とせるの?

ボルダリングをやり始めてから体重が落ちたり、筋肉量が増えて引き締まった体になった女性が多くいるようです。 ちなみにボルダリングを始める際に体重制限があるのか気になりますが、それについてもまとめてみました。

この記事を書いた人: tanakasingle
tanakasingle
2016年04月06日

ボルダリングに体重制限はある?

 
クライマーには体重制限はありませんが、ビレイヤー(墜落を止める人)との体重差の方が心配な所ですね。
クライマーと墜落を止めるビレイヤーは最大でも体重差20kg以内と言われており、体重の重い方なら女性にビレイを頼むのは無理でしょう。男性でもなるべく体重の重いかたにビレイをお願いすることにはなります。
あと一応、フリークライミングで使用するロープの試験規格は落下重量80kgで試験をしていますので、もし80kgより重ければそのロープに記載されている性能表示も変わってくると思います。もし80kg以上であればこの辺はリスクとして知った上で太い径の耐久性あるロープを使った方が良いかと思います。
 
 
基本的にボルダリングは体重制限が無いと言われていますが、堕落を止めてくれるビレイヤーと体重差があったり、かなり体重が重いのなら強度のあるロープを使用した方が良いみたいですね。
体重制限について気になるのなら、まずはスタッフに聞いてみましょう。
 

ボルダリングで体重は落とせる?

 
最初にクライミングジムを訪れた時、スタッフさんが、「クライミングをはじめて、10㎏位落ちた人もいる」と話していました。
それを聞いてダイエットの為に始めたわけではないのですが、「体重が落ちたらラッキー」と思っていました。
実際は、1年半ジムに通って感じたのは、痩せている人が男女ともに大半です。
さらに、上手い人ほど痩せていて筋肉がついています。
固太りの人や、普通体系の方もいますが、あきらかに肥満体という方はあまりみかけた事がありません。
ボルダリングは、急な傾斜などを登る為、「痩せている人ほど有利」なスポーツです。
 
ボルダリングを始めてから、かなり体重を落とせた方もいるようです。
実際にボルダリングをやっている方で肥満の方はほとんど居ないみたいですし、もし痩せたいと思っている女性ならボルダリングをやってみましょう。
 

ボルダリングの消費カロリー

 

ボルダリングの消費カロリーは、1時間でカツ丼一杯分だと言われています。
と言っても、運動量や体重等で個人差があるので、だいたい以下を目安にすれば良いみたいです。

(体重:1時間あたりの消費量)
50kg:525.0 kcal
60kg:630.0 kcal
70kg:735.0 kcal
80kg:840.0 kcal
90kg:945.0 kcal

ちなみに、ボルダリングの消費カロリーはジョギングの約1.4倍となっていて、効率の良さが分かるかと思います。
これを1日2~3時間続けることが出来れば、どんなに食べても太らなそうですね(*´ω`*)

 
 
消費カロリーには個人差がありますが、一時間ほどボルダリングを楽しむ事によってカツ丼一杯程度のカロリーを消費するそうですよ。
体重が重ければ重いほど消費カロリーが大きくなるみたいですし、ジョギング以上にダイエット効果があるみたいですね。
 

体験談

といったことで実際のところ、僕はボルダリングを始めてから約8ヶ月ほど経過しております。当初は週に一回行ければいいかな、くらいの感じで通っていたのですが、最近はなんだかんだで週に2回、行ければ行くようにしています。元々、体重が多かったわけでもないので比較はしにくいのですけど結論から言うと2〜3kgは増えています。「なんだ、太ってんじゃないの」と言われそうですが、いままでよりも着ている服のサイズ自体は以前よりも1サイズから2サイズほど小さくなっています。見た目と体重というのはイコールしにくい、ということですね。
 
ボルダリングをやり始めて痩せた方もいるみたいですが、中には体重が数キロ増えた方もいるようです。
ただ、服のサイズは小さくなっているそうなので、これは脂肪が増えたのではなくて筋肉が増えたみたいですね。
このようにボルダリングは身体を引き締めたい女性にとってピッタリなスポーツと言えるでしょう。

この記事のキーワード