複数キーワードは半角スペースで検索!

仲間ができるかも?女性一人でも楽しいボルダリング!

置いてある器具を各人がそれぞれ一人で行うトレーニングジムなどとは違って、ボルダリングジムは一人からでも気軽始められ、仲間もできます。ボルダリングは、子供から大人まで年齢を問わずできるスポーツなので、さまざまなな年代の人たちとスポーツを楽しむことができます。

この記事を書いた人: regwgraq
regwgraq
2016年09月30日

気軽に始められるボルダリング

ボルダリングは、手ぶらで始められるスポーツです。
 

ボルタリングは当日でも行えるほど、気軽に始められるスポーツです。最近はテレビや雑誌などでボルダリングを目にする機会が増えました。

前まではボルダリングを行うために、山や河原まで足を運ぶ必要がありました。しかし、室内で行えるボルダリングジムが増え、ボルダリングを始める人も増えたことで、最近ではボルダリングが年齢や性別を問わず多くの人から人気を集めています。

ボルタリングジムでは、ボルタリングに必要な物をレンタルすることができます。ボルタリングは命綱などを使わずに、滑らないためのシューズとチョークを使って登るスポーツです。必要な物はレンタルでき特別な持ち物がないため、誰でも気軽に始めることができます。

 
 
最近ではテレビや雑誌などでも目にする事の多くなった室内ボルダリングジム。
ボルダリングは、ロープやハーネスなどの命綱が必要なロッククライミングとは違い、必要な用具は少ないです。また、必要な用具があってもボルダリングジムなどでは、レンタルサービスがあるので、わざわざ買う必要もありません。
 

身体も頭もいっぱい使ってストレス発散!

ボルダリングは、身体を使うだけではなく、頭も使う全身運動です。

 

論理的思考が養われる
レベルが上がるにつれてホールドの掴む位置や足の置き方が大事になっていきます。また身体の使い方もよりテクニカルになっていきます。スタートからゴールまでの全ての動きを事前に頭の中でシュミレーションしなければなりません。このことは問題解決などに対する論理的な思考力を鍛えることにもなることでしょう。仕事のストレスから開放されながらも実は仕事の役に立っていることも出てくるかもしれませんね。

登りきった達成感はひとしお
クライミングジムでは知らない人同士でも「ガンバ!」と応援し合う文化があります。同じコースにチャレンジしている方がいたらお互いに攻略方法を考えたりコツを教え合ったりしています。一人で行ったとしてもすぐに仲間ができますよ。仲間に「ガンバ!」と応援しながら技を盗んでレベルアップしちゃいましょう!登りきれたらそんな仲間達とグータッチで喜びを分かち合い打ち上げに行くのも楽しいですよ。

 
ボルダリングは筋肉がムキムキでないと始められないスポーツではありません。
筋肉よりも、無理なく上までいけるルートを考える思考力の方が大事です。
どのホールドを掴むかという判断も重要になってきます。
頭でイメージしながら登る必要があります。
ボルダリングジムには、トレーナーの方もいますので、アドバイスをもらいながら登るのもいいでしょう。
一人でボルダリングを始める場合でも、仲間がすぐできるので心配はいりません。
 

出会いがある?

ボルダリングは、利用者同士で教え合ったりなどとてもいい雰囲気です。
たくさんの友達や異性との出会いもあるでしょう。
 

 

もう一つ、ボルダリングに一人で行くメリットは出会い(男性も女性も含めて)があるかも、って事です。

男性も女性も含めて、ボルダリングに一人で来ている人は結構いると思うので、こちらから話しかけたりしたら結構反応があったりするかも・・・。で、少しずつ打ち解けて気づいたら友人になってた、って事になったらそれはそれで楽しいかもしれません。

だって、友人が出来る、ってある意味ボルダリングで難関コースが出来るよりも嬉しいことじゃないですか。
そう思いませんか?

 
via fcop.jp
 
ボルダリングは、一人で始める方も多くなっており、ボルダリングジムには同じような方が結構います。
老若男女問わず楽しめるスポーツですので、さまざまな人との交流ができるでしょう。
ボルダリング以外で意気投合することもあるかもしれません。
 

少し上達すると、屋外の岩へ出かける楽しみも

ボルダリングジムで仲間ができたりすれば、屋外で本格的なボルダリングもできますね。
 

 

ある程度上達し、またジムで友人などが出来ると、数人以上が集まって、一緒に屋外の岩登りに挑戦する楽しみも。

屋外の多くの場合、駐車場から登るポイントまで、食事や水、落下の衝撃を緩和するマットなどを、手分けして運ぶ必要があるので、ミニハイキング気分で歩き、屋外にいるだけでも、カロリーを消費するので、思ったより知らないうちに痩せていることも。

空気の良いところも多いので、リフレッシュもできます。

 
 
ある程度ボルダリングのコツを習得していれば、屋外でボルダリングをすることもできます。
ボルダリングジムで出会った仲間と一緒に行くのもとてもいいですね。
外の空気を楽しみながら、人口ではない壁でボルダリングをするのもいい経験になるでしょう。
 

この記事のキーワード