複数キーワードは半角スペースで検索!

【Uberに注目!】タクシーもシェアリングエコノミーができる!

気軽に信頼できる運転手に頼んでタクシーをリーズナブルに利用をしたい時は、シェアリングエコノミーのタクシーを利用してみましょう。

この記事を書いた人: mbfsn9540
mbfsn9540
2016年04月04日

シェアリングエコノミーとは何か?

 
個人が持つ住宅や自動車などの資産を貸し借りできる「シェアリングエコノミー」と呼ばれるサービスが、欧米を中心に広がりを見せている。米国では、いわゆる「民泊」を仲介する「Airbnb(エアビーアンドビー)」が2008年に設立され、2009年には配車サービスの「Uber(ウーバー)」がサービスの提供を始めている。2016年は日本でもシェアリングエコノミーがさらに進展する年になりそうだ。
実は個人で持っているもののあまり活用していないものや、ある物を使って効率良く稼ぎたいと考えている方もいるでしょう。
そういった方にピッタリなのが、こちらシェアリングエコノミーになります。
個人が持っている住宅や自動車などの資産を活用して、今必要な方に貸したり逆に借りたりする事ができます。
あまり聞き慣れない方もいると思いますが、米国では今人気があるのです。

タクシーもシェアリングエコノミーで

via type.jp
 
 
 

各地域のタクシー会社、ハイヤー会社に加えて、個人のドライバーとも提携をしており、利用者はスマートフォンから配車の依頼をすることができる。現在、57か国の都市でサービスが提供されている6。

移動の目的や人数によって、サービスを「uberX(エコカー)」「uberTAXI(タクシー)」「UberBLACK(ハイヤー)」「UberSUV(ミニバン)」「UberLUX(最高級車)」等から選択することができる。なお、都市によって利用できるサービス及び料金が異なり、例えば東京であれば、uberTAXI、UberBLACK、UberLUXの3種類から選択することになる。

uberXは、エコカーを利用して個人で開業しているドライバーが多く、自家用車によるライドシェアリングが行われている。同社によると、uberXのドライバーは1時間20ドル以上の収入を得ることができ7、年間平均収入はニューヨークで約90,000ドル、サンフランシスコで約74,000ドルである8。そのため、米国等では、ドライバー登録をして収入を得る個人ドライバーが増えている。

同サービスでは、ユーザーが安心かつ便利に利用できるように「過去の利用者による運転手の評価確認」、「事前に登録したクレジットカードからの運賃の電子決済」、「同乗者との割り勘決済」などの機能を提供している。

タクシーなども載りたい時に、スマートフォンからすぐにタップして呼ぶ事ができます。
ちょうど近くにいて空いている方と交渉成立すると、目的地まで連れて行ってもらう事ができるのです。
個人になるので少し不安を感じる方もいるかもしれませんが、過去の利用による運転手の評価なども確認をする事が可能です。
口コミを参考にしながら頼めます。

メリットは

 

米国等での報道も含めて、TechCrunchでもおなじみのUber。スマートフォンからたった2タップするだけで、オンデマンドでハイヤーやタクシーを配車してくれるサービスで、「全世界54カ国、282都市強でサービスを提供しているが、毎週変わっているくらいのスピードで成長している」と高橋氏は言う。最近も22億ドルという規模の資金調達に成功したばかりだ。

日本市場で正式にハイヤーの配車サービスを開始したのは2014年3月で、8月からはタクシーも呼べるようになった。
「日本市場への参入構想は初期の頃からあった。電車や地下鉄、バスなどいろいろな選択肢がある中で、どれだけ需要があるのか、どうサービスを提供するのか検討した上でローンチしてみたが、いざローンチすると、ロンドンやロサンゼルスといった大都市に比べ2〜3倍の需要があった。特に東京は、高品質なサービスへの感度が高い」(高橋氏)。

全世界54か国でサービスが開始されているので、料金なども不明なタクシーよりもこちらで事前にスマホでお願いをして、クレジットカードで支払をする方が安心というメリットがあります。

デメリットもある

 

ライドシェアの課題は

プロのドライバーではない人が、自家用車と空いている時間を使ってタクシーと同じようなサービスをより安く提供するライドシェアのような仕組みは、「シェアリング・エコノミー」と呼ばれています。政府の国家戦略特区では、マンションの空いている部屋を宿泊施設代わりに貸し出す、いわゆる「民泊」を条件付きで解禁していますが、これも典型的なシェアリング・エコノミーです。
シェアリング・エコノミーは、安くサービスが利用できるというメリットがある一方、コスト競争で、既存の産業で働く人の仕事が脅かされるという指摘もあります。

 

プロのドライバーではない人が運転していたり、今運転手として働いている方の仕事が脅かされる心配があります。
今日本でも、こちらの課題をどう改善していくか考えています。

ただ、多くの消費者の方にとって間違いなく使いやすいサービスある事は明白です。
こうした新ビジネスは様々な問題や、課題が出てくるかと思います、今後どのように克服し、市民権を獲得してくか非常に今日も深い問題です。

この記事のキーワード