複数キーワードは半角スペースで検索!

シェアリングエコノミーで【amazon】が使いやすくなる♪♪

amazonで買い物をする方も多いと思いますが、さらに消費者に早く届ける為に工夫をしシェアリングエコノミーも活用しようとしています。

この記事を書いた人: mbfsn9540
mbfsn9540
2016年04月04日

amazonとは

 

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム、NASDAQ: AMZN)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。インターネット上の商取引の分野で初めて成功した企業の1つである。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。米国の一部地域においては、ネットスーパー(アマゾンフレッシュ)事業も展開している[8]。 本項では、同社が運営する通販サイトAmazon.comについても説明する。

2014年現在、Amazon.comがアメリカ国外でサイトを運営している国は、イギリス[9]、フランス[10]、ドイツ[11]、カナダ[12]、日本[13]、中国[14]、イタリア[15]、スペイン[16]、ブラジル[17]、インド[18]、メキシコ[19]、オーストラリア[20]、オランダ[21]の13国である。

ネットで購入する時には、amazonを利用している方も多いでしょう。
極力早めに届けてくれるサービスなどもあり便利に感じながらも、もっと早く自宅に届いてほしいと感じている方もいるかもしれません。
そんな方の為に、さらに早く商品を届ける事をamazonでは考えています。

物流のシェアリングエコノミー

 

今後は当社の物流を他社と共同で配送する「シェアリング・エコノミー」の構築を検討しています。敵とか見方とか関係なく、分野毎にシナジー効果が高いパートナーと皆で手を組みながら新しい物流網を構築することで、より良い物流網・物流サービスが生まれると考えています。

そのために、物流・人材の原点に再度戻り、準備を始めています。新年早々、休まず物流部門および人材部門をプッシュしていきます。パートナーの構築も急務です。
この物流網が構築できれば、当社グループの流通サービス部門でもよりお客様のご期待に応えられるとみています。

amazonを始め、今物流ではシェアリングエコノミーを上手に活用していこうという動きがあります。
特にamazonではこのジェアリングエコノミーについて考えて、消費者の元に早く商品を届ける事を検討しています。

amazonの商品を一般の人が配送

 

米Amazon.comは、スマートフォンなどのモバイルアプリを用い、一般の人々に商品を配達してもらう仕組みを検討していると、海外メディア(米Wall Street Journalや米The Verge、TechCrunchなど)が現地時間2015年6月16日に報じた。

 それによると、Amazonが社内でこのプロジェクトに付けた名称は、“どこかへ向かう途中”を意味する「On My Way」。例えば利用者がAmazonと契約している小売店などに行き、そこに保管されている荷物を預かり、最終目的地へと運ぶ。すると利用者には現金や、AmazonのWebサイトで使用できるクレジットなどが与えられる。これら情報のやりとりをモバイルアプリで行うという。

 このニュースを最初に伝えたWall Street Journalは事情に詳しい関係者の話として、プロジェクトを通じた配達サービスの開始時期については今のところ分からず、Amazonはプロジェクトを中止する可能性もあると伝えている。ただ、これが実現すれば、同社は高騰が続く配送コストを抑えたり、繁忙期に配達遅延を防いだりできる可能性があるという。

amazonでこちらのシェアリングエコニミーが成功すれば、一般の方も活躍する事ができます。
今は配送業者が限られている為、繁忙期などは早く商品を消費者の元へ届けるというのが難しくなっています。
それが一般の方にも手伝ってもらう事で、早く商品を届ける事ができるようになり効率が上がるのです。
一般の方も空き時間を有効に生かして、配送の仕事をする事ができるようになります。
 

amazonでアプリを開発中

米メディアが報じたところによると、米アマゾンは、一般の人が移動のついでに目的地に近いエリアに商品を届け、その代金を受け取ることができるアプリを開発しているそうです。これが実現すると、友達の家に行く前に、アマゾンのアプリを立ち上げ、友達の家の近くに荷物を配送する先がないかをチェックし、もしあれば配送を行い代金を受け取る、といったことができるわけです。自分の用事を済ますついでにお小遣いをもらえる感覚ですから、多くの人が配送請負人として登録する可能性があると考えてよいでしょう。

 実は、荷物を送りたい人と荷物を運びたい人をネットでマッチングし、宅配業者の代わりに荷物を届けるサービスは米国では現実のものとなっています。アマゾンが参入することで、このサービスは一気に拡大することが予想されているのです。

 ネットを介して、個人が仕事を請け負うサービスが社会に普及することになると、世の中の風景が一変する可能性があります。これまで、事業者でなければできないと思われていたことの多くが、個人にも開放されるからです。

アマゾンではスマホから気軽にできるようにアプリを開発しています。
実現すれば、さらに消費者も便利になりますね。

この記事のキーワード