複数キーワードは半角スペースで検索!

【初心者女子大歓迎~!】Let’sボルダリング体験♡

ボルダリングとは岩のような物に登って楽しむスポーツですが、ボルダリングを体験すればきっと癒されながらリフレッシュ出来るはずです。 多くの女性が気軽に楽しんでいますし、是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人: tanakasingle
tanakasingle
2016年04月06日

ボルダリングとは?

 

5メートル以下の低い岩を登るスポーツが、ボルダリングです。命綱なしに身ひとつで純粋に岩をよじ登るシンプルなスタイルで、年齢性別を問わず気軽に楽しめるのが、第一の人気の理由です。

ロープを使わず一人でも楽しめますが、多くの場合、安全のため岩の下にマットを敷いておき、待機中のメンバーはクライマーが落下した際などにサポートを行います。高さが低い壁を使用するため、危ないと感じたら、そのまま飛び降りることも可能です。

シューズとチョーク(滑り止め用の粉)という最低限の用具のみで手軽に始められ、室内でボルダリングを行えるボルダリングジムも急増中。子供用のクライミングウォール(人口壁)も大人気です。

ボルダリングジムではシューズやチョークをレンタルできるので、道具を買い揃えることなしにごく気軽にチャレンジすることができます。

 
室内にある岩のような物に登って楽しむボルダリングを見た事があると思いますが、このボルダリングは気軽に楽しめるので女性から人気があるようです。
少し危ないイメージがあるかもしれませんが、下にマットを敷くだけでなくスタッフがサポートをしてくれるので安全です。
ボルダリングに使用するチョークやシューズはレンタル可能なので、体験してみてはいかがでしょうか。
 

体験するなら、裾がしぼられていないジャージを履かないようにしよう

 

しかも、腰パンにしているせいか、もともとジャージが長いのか裾をかかとで踏んでいる。
こんな状態で壁をのぼっているんだけど、危なっかしくて気になって仕方ない。怪我がなきゃ、それでいいんだけどね(´・ω・`)

ボルダリングがしたいけど、こんなジャージしかないよ!!!って場合は、裾をくるくる巻いて、足首をだしてのぼったほうが安全。
だけど、おしゃれを気にしてすぐに巻くのをやめたりしないでよ。そんな裾が長いのダサいもんよ(´・ω・`)・・まくってもダサいけど・・。
あと、夢中で登っていて、巻いているのがほどけたりするんで要注意であります。

 
 
ボルダリングをする際にジャージの裾を踏んでいると危ないので、もしジャージを着用してボルダリングをするのなら足首を出すか、裾を巻いてから体験した方が良いです。
しかし出来れば裾がしぼられていないジャージは履かない方が良いですね。
 

ボルダリング体験で痩せる?

 

まずクライミングジムへ行くと、来ている人が男女問わずに細い!筋肉があるのではなく、引き締まった体の人が多く、年配でも引き締まった体型で、難しそうなルートをサッサと登っていく姿にビックリします。

実際に少し登ってみると、いかに自分の体が重いかを実感させられます。重力を恨みたくなります。

登れそうなのに指や腕が悲鳴を上げて、諦めて降りる時は悔しくなり、何とか上達したいと考えはじめると、誰もが筋力アップと、無駄な体重を減らしたくなるようです。

支えてもらっているとは言え、落ちると「怖い」「カッコ悪い」と思って、踏ん張ったり、人に見られる緊張感もあるので、始めると自然に、ある程度上手くなりたい気持ちにさせられます。

 
最近太ってしまって身体を引き締めたいと思う女性が居ますが、ボルダリングは筋力アップに効果的なので体を引き締める事が期待できるでしょう。
周りに人が居れば上達したいという気持ちになるので、すぐ上手になると思います。
 

ボルダリングの体験談

 

最近人気があるけれど、私には出来なそう…なんて思っていましたが、一回やってみたらハマる理由が分かっちゃいましたヾ(。>v<。)ノ゙

全くの初心者でしたが、丁寧に教えてくださったのもあり、本当に時間を忘れて夢中で楽しんでいました(*´∀`*)

体を動かしたいとき、ストレス発散やリフレッシュにもかなりオススメ!!
私もまた近々伺いたいと思っています(*^m^*)

皆さんも是非、足を運んでみてください!!
ハマる理由、分かりますよ(*´ω`*):*:・

 
ボルダリングを体験してハマる人が増えています。
初めての方でもスタッフが丁寧に指導してくれるので夢中で楽しめると思いますし、仕事帰りに体験をすればストレス発散にもなるでしょう。

この記事のキーワード