複数キーワードは半角スペースで検索!

冬におすすめ!DIYで簡単に作れるオリジナルブローチ

冬のオシャレに手作りのオリジナルブローチはいかがでしょうか。雪の結晶などクリスマスモチーフにすれば、それだけで素敵なアクセントになります。意外と簡単に作れるオリジナルブローチの簡単DIYをご紹介します。

この記事を書いた人: strawberry_stw
strawberry_stw
2017年12月18日

冬のコーディネートにおすすめ!オリジナルブローチを作ろう!

朝、お出かけのコーディネートをしていて服装にアクセントが足りないと感じることがありますよね。そんな時はブローチなどをちょっとプラスしてみるのもいいアイディアです。

ブローチは市販でも色々なものがありますが、手先の器用な人は自分で作ってみるのもいいですね。世界にひとつしかない自分だけのオリジナルアクセサリーを身につけて、冬の街に繰り出しましょう。

 

【初心者おすすめ】ビーズを通すだけ!簡単かわいいスカーフピン

 

冬はマフラーやスカーフが活躍する時期ですが、ただ巻き付けるだけではなくスカーフピンで留めるとかわいい雰囲気を演出できます。スカーフピンは好みのビーズを通すだけなので、材料さえ整えば5分もかからないで出来上がります。

材料はキャッチ付きのかぶとピン1個とコットンパール、お花や葉っぱのチャームなど。かぶとピンはサイズなどにもよりますが、100円程度で購入できます。ここでは0.5×90mmのものを使用します。

コットンパールは文字通りコットンを圧縮して作ったイミテーションパールで、軽くてアンティークなテイストのパール塗装が施されています。8mm玉のコットンパール5個なら180円ぐらいで市販されています。

作り方としてはかぶとピンを少し開き、パールを4~5個通し、チャームも通したらキャッチできゅっと締めるだけ。ブラック系やグレー系のシックな服装にぴったりです。
 

【初心者おすすめ】プラバンで作る!色々な形のブローチ

 

絵心のある人なら、プラバンでブローチを作るのも楽しいですね。

準備するものはプラバンとブローチピン、色鉛筆か油性マジック、マニキュア、アクリル絵の具などです。プラバンは100均ショップで手に入ります。厚さは0.2mmから0.5mmのものがありますが、あまり厚いとハサミで切る時に割れてしまう危険があるので、0.2mmか0.3mmがおすすめです。

まずプラバンを好みの形に切りますが、焼くと1/3~1/4ぐらいの大きさに縮むので、そのことを頭に入れてサイズを決めます。切ったら紙やすりをかけて色が入りやすいようにした後に着色。これをオーブンに入れて縮まなくなるまで加熱したら、キッチンペーパーで挟んで本などで押し付け、平らにします。ボンドでブローチピンを後ろに付ければ出来上がりです。

プラバンのブローチは1個と言わずに2、3個一緒に付けると可愛いです。その季節に合ったモチーフのブローチにするのもいいですね。冬にはクリスマスツリーや星の形のブローチを幾つも作ってさまざまなコーディネートを楽しみましょう。

 

【初心者おすすめ】切って貼るだけ!フェルトで作る簡単ブローチ

フェルトとは羊やラクダの毛を水に濡らした状態で熱と圧力をかけたもので、端がほころびず扱いやすいため、自作ブローチにはぴったりの素材です。

準備するものはフェルトとブローチピン、そしてハサミだけです。フェルトには裏面がシールになっているワンタッチフェルトやアイロンの熱で接着するフェルト、洗えるウォッシャブルフェルトなどさまざまなタイプがありますので、上手に組み合わせるといいですね。

まず型紙を作ります。モチーフはインターネットからダウンロードするのが一番簡単ですが、手元にある絵本などからトレーニングペーパーでトレースすることもできます。

型紙ができたらワンタッチフェルトの裏に当ててボールペンでなぞり、ハサミでていねいにカットします。厚手のフェルトを土台として選び、ワンタッチフェルトを貼り付けたら輪郭を少し残して切り取ります。裏側にブローチピンを置き、1cm×3cmぐらいに切ったシールフェルトで固定すれば出来上がりです。

重みがないので、かなり大きなサイズのものも作ることができます。ハロウィンやクリスマスのモチーフをいくつか作っておいて、季節に合わせてコーディネートするのもいいですね。

 

【中級者に】好きな布で!くるみボタンで作るカラフルブローチ

手元に残り生地がたくさんあるけれど、もったいなくて捨てられないという人におすすめなのがくるみボタンを使ったブローチです。くるみボタンは直径が大きなものを使うとかなり見栄えがします。

材料はくるみボタンキット(100均ショップで買えます)と端切れ(はぎれ)、ブローチピンと裏に付けるフェルトだけです。

まず、ボタンのサイズに合わせて端切れを縫い合わせます。補色同士を使うなど、思い切った組み合わせにした方が身につけた時に目立ちます。ボタンを布でくるんだら裏側のパーツをはめ込み、ボタンの足をカットします。裏側にボタンよりも心もち小さめに切ってブローチピンを縫い付けたフェルトをボンドで貼り付けて出来上がりです。

冬やクリスマスをイメージするデザインの端切れや暖かい色の端切れを使用すれば、冬のオシャレにピッタリのブローチになります。

ネイル用のラインストーンをボンドで貼り付けたり、ボタンの周りにぐし縫いしたレースを飾ったりするとかなり豪華なアクセサリーができます。洋服はもちろん、バッグや帽子に付けても素敵ですね。

 

【中級者に】貼るだけで簡単に作れるキラキラブローチ

手作り用ブローチの台にスワロフスキー•クリスタルとパールを貼り付けるだけでも豪華なブローチを作ることができます。

あらかじめパールやクリスタルがセットになっていて写真を見ながら同じように接着するだけで完成するキットもたくさん売られていますが、自分だけのオリジナルが欲しい人はパーツをバラバラに買う方が安上がりかもしれません。ブローチ台は1個100円程度で買えますし、コットンパールは10mmサイズの大きいものでも5個で250円程度です。

パールは冬にピッタリのアクセサリーです。パールやクリスタルを上手に配置して、雪の結晶などクリスマスデザインのブローチを作ることができます。仕事帰りにちょっとあらたまったお食事会の予定がある時などに付けるとガラっと印象が違ってくるので重宝できますね。

 

まとめ

ブローチは意外と簡単に手作りをすることが出来ます。雪の結晶やクリスマスツリーなど色々な冬のモチーフのブローチを作ってみたいですね。

世界に一つだけのオリジナルブローチを手作りして、冬のオシャレを楽しみましょう。

 

この記事のキーワード