複数キーワードは半角スペースで検索!

《初心者》まずは規則から!ボルダリング女子の基本ルール♡

友人や知人がボルダリングをやっているので自分もやってみたい、という方は結構多いと思います。是非やってみてください、と言いたいところですが、その前に最低限のルールを覚えておくべきでしょう。

この記事を書いた人: page
page
2016年04月06日

ボルダリングにももちろんルールがあります!

ボルダリングを始めてみようと思っている方、その前にまずルールをちゃんと覚えてくださいね!
人として踏まえておくべき最低限のマナーもあればボルダリングならではのルールもあるので、破ってしまったら周りの迷惑になりかねません。せっかく新しいことに挑戦するのに、つまらないことで気分が悪くなったらいけませんよね。
とはいえそこまで難しいことではありませんので、ちゃんと予習しておきましょう。
 
ルールを守って楽しくボルダリングです!
 
1.スタートホールドに手を載せて、体を浮かせる。(スタートホールド以外持っちゃダ
メ!)
2.フットホールドが限定されている時は、足を決められたフットホールドにのせて、自由なら、好きなフットホールドに足をのせる
3.ゴールのホールドを安定した体制で両手で3秒くらい持つか、登りきればクリア
 
まずは至って基本的なことです。

ボルダリングには「課題」というものがあります!

ボルダリングをあらかじめ学んでおこうとおもってはみたものの、わからない単語に行き当たる、ということがあると思います。たとえば、「課題」。
これはどういう意味の言葉なのでしょうか?
 
課題……といっても難しく考える必要はありません。

 

ボルダリングジムにはたくさんの「課題」と言うものが用意されています。課題と言うのは「このホールドだけ使ってゴールをしましょう」と言ったルールの様なもので、このルール通りに登らなければいけないことにボルダリングの面白みがあります。

ほとんどのボルダリングジムには課題の表が用意されていると思いますので、まずはその中から一番簡単な課題を選びましょう。そして壁を見るとその印がペタペタとテープで張ってあるのがわかります。つまりその印が張ってあるホールドだけを使ってゴールをするということなんですね。

 
目当てや目標と同じものと考えていいかもしれません。

ボルダリングに必要な道具は?

スポーツをするにあたって必要なのはウェアやシューズを揃えることですよね。当然、ボルダリングもスポーツなわけですから、何かしらのものを用意する必要があるとみていいでしょう。ボルダリングをするにはどんなものを用意する必要があるのでしょうか?

 

「ボルダリングにはどんなものが必要?」と聞かれることがありますが、特別必要なものはありません。

「動きやすく汚れてもよい服装、クライミングシューズ、チョーク、これだけです。」

ボルダリングは、それくらい手軽に始められるスポーツなんです。

レンタル用のチョークやシューズはジムに用意してございます(初回無料)。
シューズをレンタルされる方は靴下のご用意もお忘れなく。
またロープクライミングを体験される方も、ロープやハーネス(ロープを腰に取り付けるための道具。レンタル210円)を用意してございます。

手足の爪が長い場合、割れてしまう恐れがありますので短く切り、アクセサリーや装飾品なども怪我の原因となるのではずしてください。登っている間だけはちょっとオシャレを控えてくださいね☆

当然女性用のストックもあるので安心してくださいね。
 
ボルダリングのシューズは本格的なものなので初めはレンタルで様子を観ましょう。

その他最低限のマナーなど……

他のスポーツなどと同様他人と一緒に行なうものですから、他人に迷惑をかけるようなことはしていけません。当たり前のことですが、一応予習しておきましょう。
 

ジムでの注意事項

・人が登っている壁は登らない。マットの外で順番を待ちましょう。
・人が登っている壁の下は危険です。登っている方が落下してくる恐れがあるので離れましょう。
・自分がトライする課題のコースが、既に登っている人の課題のコースとかぶらないようにしましょう。コースがかぶりそうな場合は、先に登っている方が終わるまでマットの外で順番を待ちましょう。
・課題を観察する場合は、壁から離れて行いましょう。壁の近くに居座っていると他の方がトライできなくなります。

早くやりたい気持ちはわかりますが、落ち着きましょう。
 

この記事のキーワード