複数キーワードは半角スペースで検索!

最安で海外へ行く女子旅!オススメ海外スポット5選!

海外といえば敷居が高く感じるのではないでしょうか。 しかし、安く済ませられるところもたくさんあります。 女子旅には安くて美味しいものが食べられて、ショッピングができることが必須。 そこで今回は、女子友と行くには楽しいところをいくつかご紹介します。

この記事を書いた人: hekisuisyo
hekisuisyo
2016年10月26日
 
女子旅で海外といえば、ショッピングと美味しいもの、それから美しい町並みです。
もちろん安く済めば、それにこしたことはありません。
ちょっと足を伸ばして、ヨーロッパなども視野に入れたおすすめスポットをご紹介いたします。
 

エディンバラで過ごす、イギリスらしいスコットランドの町並み

エディンバラの町並み

 
英国を構成する4つの国々の中で最も北に位置するのがスコットランド。エディンバラは15世紀からスコットランドの首都として、死火山の上にそびえ立つ街です。
ロンドンからは長距離列車(£17〜)で4時間半程。多少時間はかかりますが、予算を押さえたい場合には高速バス(£13〜)でもアクセス可能です。
 
エディンバラはロンドンからちょっと離れたところにありますが、スコットランドの首都としてとても栄えています。
公用語も英語なため、英語さえ使えれば特に困ることはありません。
スコットランドらしいその土地ならではの雑貨や、服などがショーウィンドウに飾られていることも多く、ショッピングを楽しみたい女子にはもってこいの土地です。
最近のツアーだと、56000円くらいからあります。
ちょっと遠いですが、オシャレ好きな女子にはもってこいのスポットです。
 

異国情緒漂う、香港でショッピングと食事を楽しむ!

香港の町並み

 
土日を使って、女子旅をしてきました!
結論をいうと、一泊二日の短い時間でも、グルメ、アフタヌーンティ、ちょっぴり夜景、バー、街歩きを十分楽しむことができました!
コツは、予約できるものは日本から予約し、待ち時間を極力削り、ターゲットを絞ることです!
香港は女の子が元気になれる魅力たっぷり!週末を使って、元気チャージに行きましょう!
 
香港は一泊二日でも行ける場所です。
手頃な場所のため、費用も抑えることができます。
そのため、浮いたお金でエステやショッピングを楽しむことができます。
弾丸ツアーとして土日を使って行けるも魅力的です。
とても近いため、弾丸ツアーだけでなく、ゆっくりと女子旅を楽しむにも最適なスポットでしょう。
 

ローマで小物、雑貨を選んだり、ヴェネツィアでゴンドラに乗って楽しむ、イタリア

ヴェネツィアの風景、ゴンドラへ乗る

 

や、や、やばーーーい

これがヴェネツィアのゴンドラってやつね!
ディズニーシーとはわけが違います。

 
日本で比較的有名なのは、東京ディズニーシーのゴンドラですが、ヴェネツィアのゴンドラは正真正銘本物ですので、美しさや乗り心地が違うようです。
ヴェネツィアに行く際には是非とも乗ってみたいものです。
 
 

ローマの隣にある小さな国、バチカン市国!

ローマといえば、隣接しているバチカン市国。
バチカン美術館などあり、観光にはもってこい。
ローマに滞在しながら行けるというのも魅力的。
ローマではコロッセオなどがありますが、すぐに行けてしまうので、女性の足で1時間程度、交通機関を使えばもっと早いバチカンへ行くことをオススメします!
イタリアは安い時は7万円前後から。ヨーロッパに行くにしては手頃なお値段で、行けちゃいます!
 

女子だけでハワイへ行く!ショッピングやビーチで楽しむ!

ハワイの町並み

 
 
ハワイはビーチが有名ですが、免税店でのショッピングも欠かせません。
時差は大きいですが、日本から直行便が出ているのも魅力的です。
3泊5日など、短い期間で行けるというのも嬉しいですね。
他のスポットに比べてちょっとリッチではありますが、10万円からハワイには行けます。
 

近くて美しいビーチ、グアムで海を満喫する!

グアムのビーチ、照りつける太陽と砂浜

 
 
グアムは3泊4日でも行ける、日本から近いリゾートビーチです。
ハワイより近いとのことで、最近女子の人気があります。
女子旅にはもってこいではないでしょうか。
リゾート地ということもあり、観光スポットやグアムならではの食事も楽しめます。
ハワイよりはちょっとお安く、9万円代から出発できるところです。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
海外女子旅と言っても、様々な場所があります。
ちょっとリッチにビーチに行くもよし、観光とショッピング目当てでちょっと遠いヨーロッパに行くもよし。
お手頃に香港も良いですね。
どこも楽しいスポットですので、一度は女子友と一緒に行ってみては如何でしょうか。

この記事のキーワード