複数キーワードは半角スペースで検索!

ラインネイルを使い分け!ラインマスターになろう♪

みなさん、ラインの効果ってご存知ですか?縦・横・斜め・曲線、引く場所や太さによっても相手に与える印象は変わります。今回はラインの効果とネイルデザインについてまとめてみます。ラインを描くのがきっと楽しくなりますよ♪

この記事を書いた人: momoko
momoko
2016年05月19日

ラインの効果

ストライプ

縦に伸びたストライプが入っていると、目の錯覚のためウエスト周りがきゅっと引き締まって見えます。
また細くて長いストライプには、シャープな印象を与える効果もあります。
黒やグレーなどの収縮色に細いストライプが入っていると、さらにスリムに見えます。
 
ヌーディな部分を見せつつもストライプでシャープにまとめています。
ワンポイントもかわいいです。
濃い色に変えるとよりシャープな印象になります。
 
 
ストライプ×フレンチでかわいらしいデザインに♪
ストーンをつけることで上品に仕上がります。
 
 
ラメ入りストライプで大人っぽく♪
ストーンやパールでとっても華やかですが、ダスティーカラーなのでうるさくなりすぎず落ち着いた上品なネイルに♪
 
 
リボンにハートとおもいっきりラブリーですが、ストライプとモノトーンのおかげで甘くなりすぎません。
 
 
ピンクとネイビーの組み合わせ♪
ストライプがいいアクセントになっています。
 
ストライプには指を細く見せる効果があります。
 

ボーダー

「ボーダー」と一括りにされてしまうことが多いですが、ラインの太さや広さ、配色で全くイメージが違って見えることをご存知ですか?
■太めのモノトーンボーダーで爽やかな印象に
ボーダーといえば、爽やかなイメージを思い浮かべますが、これぞベーシックなボーダーマリンスタイルです。
■いろんな太さのラインを組み合わせたボーダーは個性的なデザインに
ボーダーといっても、ラインの太さや幅がランダムになっているデザインは、それだけでとても印象的なイメージを与えます。
■濃いベース配色のボーダーだとこんなに上品
どちらかというとカジュアルなイメージの強いボーダーも、ベースが濃色かつ細めのラインだとこんなに上品になります。フェミニンになりすぎたくない方にもボーダーは強い味方です♪
 
涼し気です。
ストーンをあしらうことでかわいさだけでなく上品になります。
via nlcl.jp
 
 
マルチカラーでさらに涼しげに♪
水着や浴衣にもピッタリなネイルです!
 
 
モノトーンのボーダーにハートやリボンをのせて^^♪
フレンチなので初めての方にも取り入れやすいデザインです。
 
 
優しい色合いのボーダー。ほっこりと和みますね。
アイボリーをベースに、ピンク、水色、茶色…といろんな色が入っていますが、パステルカラーで合せることで、統一感のあるデザインに。
via gree.jp
 
 
「ボーダーって派手になりすぎそう…」そんな方には、太めのボーダーがおすすめ!
同系色でまとめることでとっても上品に仕上がります。
 
ボーダーには優しいイメージや海を連想する効果があります。
 

チェック

多くの人に馴染みのある柄のチェック柄。
チェックのパターンも様々ありますが、一般的に無地のものと比べると、カジュアルな印象が強くなりませんか?
色によっても異なりますが、無地のアイテムがシックな印象なのに対して、親しみやすさを出しやすい柄と言えるのではないでしょうか。
 
色の組み合わせによってイメージがガラリと変わります。
 
 
大まかなチェック柄で大人っぽい印象に。
スモーキーカラーがとっても素敵です。
 
 
たまにはこんなPOPなネイルはいかがですか?^^
かわいい色の組み合わせでとびきりキュートに♪
 
 
真っ赤なネイルでいい女風♪
チェック柄とあわせることで、少女っぽさが出ます♪
 
 
チェック柄は秋冬のもの…そう思っていませんか?
このようにクリアに白のチェックでとっても涼しげなデザインに♪
お花柄とも相性抜群です^^♪
via tofo.me
 
 
マルチカラーで元気いっぱい!
フレンチなので取り入れやすいデザインです♪
 
ジュアルな印象を与えるチェックですが、色の組み合わせによってその印象は無限大に♪
部分的に取り入れることによってアクセントになります。
 

曲線

曲線は柔らかく優しいイメージを与えます。
また、波や風を連想させます。
 
ヌーディ―カラーにラインテープをあしらって、とっても上品なネイルです。
 
 
爪全部を曲線にすると見ていてしんどくなりますが、このように逆フレンチにするとより優しい印象になります。
via nlcl.jp
 
 
曲線を使うとぐっと大人っぽいデザインになります。
 
 
シンプルなのにすごくお洒落!
これなら自分でも手軽に出来そうですね^^
 
 
ステンドグラス調のお洒落なネイルです。
上品なので、どんな方でも安心して取り入れられます♪
 
 
曲線を組み合わせて、こんな素敵なデザインに。
ストーンを合わせるととっても華やかになります。
 

ギザギザ

ギザギザのラインはシャープな印象を与えます。
かっこいい印象を与えます。
ギザギザも曲線と同様、すべての爪にギザギザを施すと見ていて疲れます。
1本だけなど、アクセントとして使いましょう。
 
 
奇抜な印象になりがちなギザギザネイルですが、落ち着いた色味を使用することでこんなにもシックに♪
 
 
ホワイトとブルーでさわやかなデザイン。
ストーンも同系色のものを合わせて綺麗目に。
 
 
ネイビー×シルバーで個性的に♪
 
 
周りの人と差を付けたい!
そんなあなたはこんなネイルデザインはいかがでしょうか?
幾何学模様で目立つこと間違いなし★
 

服装別ラインの使い分け

ラインネイルはシンプルにすると職場でもつけても目立ちません。
また、服装によってネイルを使い分けるとハイセンスな女性として評価が上がるでしょう。
 
シンプルなデザインだけれどきちんとした色使いのネイルを選ぶとよいです。
 
 
 
 
ホワイト系かパステルカラーを選びましょう。
優しい色使いですがゴールドの曲線とストーンがアクセントになっています。
 
 
 
 
シンプルなマリンスタイルのボーダーネイルを取り入れましょう。
逆フレンチにするとより爽快感がアップします。
 
 
 
 
職場でもシンプルだけれど気は抜いていません。
曲線を描いて優しいイメージを与えましょう。
 
 
 

不器用さんでも簡単にできるラインの引き方

 
 
ラインの太さによって使い分けましょう。
 
用意するものはラメのマニキュアと細い筆です。
細筆がなければ爪楊枝でも代用できます。
ラメマニキュアの他に、お手持ちのラメパウダーがあったら使う分だけトップコートを紙の上かアルミホイルの上に取ってラメパウダーと混ぜ合わせてお好みのカラーのラメを作るのもおすすめです。

■ラメラインの引き方
細い筆にラメネイルをとって細く線を引いていきます。
この時に1ミリくらいしか綺麗なラメの線が引けないと思います。一筆で一気に線を引こうとせず、1~2ミリくらいずつ進んでいった方が綺麗に仕上がります。爪楊枝で線を引くときも同様に、1~2ミリずつ少しずつラメをネイルの上に置いてくる感覚で引いていきましょう。
もし、線がガタついてしまっても慌てずにラメが乾く前に爪楊枝で取り除いてしまうか、きれいなラメラインになるようにラメを寄せて整えます。

 

曲線を引きたいとき

テープを活用します。
これなら不器用さんでも失敗なしで線が引けます♪
 
 

ストライプ

ラインテープを使います。
 
 
ラインテープを使うことで思いのままの線が描けます。
 
 
チェックもラインテープで簡単にできますが、慣れてきたら細筆で描いてみましょう。
 

まとめ

ラインといってもデザインによって印象が変わりますね。
TPOやファッションに合わせて使い分けることで周りによりよい印象を与えます。
サロンへ行くのも楽しみのひとつですが、セルフネイルも楽しんでください♪

この記事のキーワード