複数キーワードは半角スペースで検索!

ニットネイルって実は簡単♪セルフネイルしちゃお!

ニット素材、流行っていますね!ネイルでもかわいいデザインがたくさん♪でも、サロンへ行かないとできないと思っていませんか?実はセルフネイルでも簡単にできるんです!今回はニットネイルの方法とかわいいデザインをご紹介します♪

この記事を書いた人: momoko
momoko
2016年04月26日

ニットが流行っています♪

ニットは冬の物と思いきや、最近では街を歩けば季節問わずおしゃれ女子が積極的に取り入れていますね。今回は夏場でも暑苦しくないニットネイルのデザインをご紹介します。
 
 

ニットネイルとは

セーターのような網目模様のネイルデザインで、立体的に仕上がるのが特徴です。
ここ数年注目を集めているデザインです。
 
 

ニットのよさ

ニット製品の魅力はなんと言っても着心地の良さでしょう。 
編んで作られるニット製品は伸縮性やドレープ性に富んでいるので、立体的な人間の体や動きに優しくフィットしてくれます。
また、通気性にも優れているので重ね着をしても蒸し暑さを感じることもありません。 ニットの魅力は早くからファッションデザイナーに注目され、 ココ・シャネルといった有名デザイナーがそのシーズンごとに新しいニットファッションを提案しています。
 
ニットを着たときほっこりしますね。
そのあたたかさや肌触りを覚えているから、ネイルにデザインしたときもそのイメージが強くなるのでしょう。自分だけでなく周りの人も優しい気持ちになれるのがニットネイルのよさなのではないかと思います。
 
 

季節を問わず使える色は?

色によってイメージが異なる

紺色は「冬」に合うというイメージですが、他の色はサマーセーターというイメージで暑苦しくないですね。
 

デザインも豊富♪

かわいすぎてどのデザインにするか迷いますね!
 
 
 

ニットネイルのデザイン

逆フレンチのネイルを一緒にすると爽快感がアップします。
デザインを控えめにすることで他のデザインのじゃまをしません。
 
 

ざっくり

薬指のざっくりとした編み方がかわいいですね。
 
 

ニットネイルが映えるデザイン

グレーは調和の色です。
パールと組み合わせることで上品さが引き立ちます。
 
 

メッセージつき

メッセージを添えると印象が変わります。
 
 
 

ニットネイルはセルフでできます!

目指すはこんな感じのもこもこ感!
 
 
まずは描くための細い筆を何種類かそろえておきましょう。
 
 

アルミカップ

パレット代わりになって重宝します。
 

やり方

ニットネイルはとても簡単です。実は、模様を何度も重ねているだけなのです。
上手に仕上げるコツは基本のネイルと同じで、ベースをしっかりとぬり、乾かすことです。
また、一見ねっとりしたほうが3D感が出やすいと思いがちですが、サラサラしたネイルを重ねていった方がきれいに仕上がります。
 
ニットネイルの工程です。
ケアとベースを済ませたら、まずは2度塗り硬化。
からの細筆で編み目を描く。硬化。
同じところをなぞる。硬化。
たっぷり目のジェルで盛るか、お好みで3度なぞっても。
 
①引用の1~3段落目
②③④引用の4~5段落目
 
 

柄の描き方

イラストにするととてもわかりやすいです!
 

ネイルをマット調にするには

 
マット調のトップコートもありますが、家にある片栗粉で代用できます。
片栗粉(笑)
これをトップコートにまぜまぜします。
トップコートは100均のだから惜しまずドバドバいれちゃう。
プラスチックのケースは100均のお弁当の。
今日のマニキュアは引き出しの奥深くに眠ってためっちゃヌーディーなやつ。
普通に二度塗りすると、さっき作った怪しげな片栗粉トップコートを塗ります。
なにより乾きがめっちゃはやい!
片栗粉使える~

 

ネイルを速く乾かすコツ

 
早く重ねぬりして3Dを実感したいと気持ちが焦りますね。
ネイルをはやく乾かすちょっとしたコツです。
 

ネイル自体を冷蔵庫で冷やす

冷やす方法で有効なのは、マニキュア液自体を冷やすことです。
冷蔵庫に入れておけば、乾きもよくなり、また伸びがよくなって塗りやすくなるという利点もあります。
あらかじめ冷やしていなかった場合は冷凍庫に30分ほど入れておくのが有効です。

 

まとめ

いかがでしたか?
ニットネイルって一見、特別な技術が必要でサロンへ行かなくては無理かと思われがちですが、意外や意外、自分でできてしまうのです。
不器用さんの多少のヨレも「味」ということでよいと思います。
こんなにかわいいネイルが自分でできると家での過ごし方も変わってきますね。
ますますネイルにハマってしまいます♪
夏の涼し気なデザインもかわいいけれど、まだ先の冬のデザインを考えるとわくわくします!
セルフネイル生活を楽しみましょう!

この記事のキーワード