複数キーワードは半角スペースで検索!

【トレンドネイル】秋冬見逃せないフットネイルをチェック!

フットネイルってサンダルを履く夏の季節だけすればいいんじゃない?って思っている方多いですよね?でも、冬のフットネイルもあなどれません!外出先で足のネイルを見せる機会が無いからこそ自分好みのネイルで遊べるのです☆

この記事を書いた人: はなこ
はなこ
2016年11月09日

寒い季節のフットネイルみんなどうしてる?

 
冬のフットネイルは靴や靴下タイツで隠れてしまうことが多いですね。だけど、人に見られる機会が少なくなるからこそフットネイルを楽しんでみませんか?
 

秋冬に試したいトレンドなネイル☆

足元が隠れてしまうことが多いなら、普段は躊躇してしまうような色、デザインもチャレンジしましょう!とことん自分好みのネイルを楽しんでください。

また裸足になったときの足元の身だしなみとしても大事です。
秋冬にぴったりのネイルをご紹介しましょう!

ストーンやラメ、シールでキラキラ美しく☆

雪の結晶&ストーン

結晶のシールとキラキラと小さなストーンが印象的なネイル。1色だけ白にラメでアクセントに。雪の降る真冬の夜空を思い出すロマンチックなネイルですね。
 
 

ホワイトクリスマスツリー

白にパールやラインストーン、ラメがきらびやかに載ったクリスマスツリー。ホワイトクリスマスなツリーがとても大人ぽくて、まるで足元にジュエリーを纏っているかのようなラグジュアリーな雰囲気です。
 
 

月と結晶のキラキラネイル

雪の結晶にラインストーンやスタッズで冬の美しい夜空を見事に再現したネイルです。ラインストーンやスタッズを加えると、さらに華やかになりますね。三日月と雪が彩る美しい夜空にゴールドのラメとスタッズでさらにキラキラとゴージャスに仕上げています。
 
 

クリスマスカラー

こちらも結晶のシールを使ったネイルですが、ベースカラーを赤にすればとても華やかで明るいイメージです。赤と相性抜群のゴールドのラメとともにクリスマスカラーなフットネイルの完成です。

冬らしいテクスチャーがイメージのほっこりネイル☆

ツイードnail *** ボルドー、グレー、カーキなどなど…♪ 秋colorを使って 大人可愛い仕上がりに*^^*
 
 

ツイード柄

秋のネイルとして人気のあるツイード柄のネイルです。いろいろな織糸が入ったミックスなツイード柄です。こんなジャケットがあったらフェミニンなコーデが完成しそうです。親指にツイードを入れたら、織り糸の赤と白のネイルを他の指に。足元は秋冬の装いの完成です☆
 
ブラウンケットフットネイル★
ほっこりとしたフットネイルです!
 
 

ブラウンケット柄

綺麗なパステル色のブラウンケット調のネイルです。とても暖かみがあって和ませてくれる色彩が印象的なネイルです。フットネイルは長持ちするので春ネイルとしてもぴったりですよね。
 
女子力アップのために、冬でもフットネイルは欠かせません。
フラットなデザインなので、パンプスやブーツにも当たらず、その上ジェルをしておけば爪も割れにくくなるので、タイツに引っ掛ける心配もありませんよ♪
 
 

アーガイルニット風

ぽわんとした淡いピンクとグレーをベースカラーにしてアーガイルニットのような模様を描いたネイルです。足元もあたたかなニット風でいかにも冬らしいフットネイルです。鹿の模様が描かれた親指以外にもよくみると薬指にも鹿が描かれています。何匹の鹿がいるのか数えてみるのも面白いですね☆

アニマル柄やダイダイ風、ユニーク&ワイルドなネイル

白ベースにシンプルなアニマル模様が可愛いデザインです。
 
 

ホルスタイン柄

なんとも可愛らしいホルスタイン柄のネイルです。冬は洋服のコーデがモノトーンが多くなる季節。足元も冬のコーデに合わせてこんな白黒のインパクト大のフットネイルもいいですね。
 
 

レオパード柄

親指と薬指のレオパード柄がおしゃれなフットネイル。他の指もアースカラーでまとめています。アースカラーの上にストーンやスタッズを載せてもキュートですね。裸足になるとドキッとされそうなネイルの完成です。
 
 

ダイダイ風ネイル

秋冬らしいボルドーが印象的な大人ぽいネイルです。ダイダイ柄を黒で囲んでいるのもとても引き締まっていますね。ベージュとボルドーの組み合わせがとても女性らしい大人なフットネイルです。
 
 

寒い冬でも足をネイルで彩ろう!

秋冬のトレンドになりそうなフットネイルをご紹介しました。いかがでしたか?
靴下を履くことが多いこの時期ですが、ネイルをしているのとしていないのでは、オシャレ度が全然違います!
秋冬は自分のこだわりや好みでフットネイルを楽しんでみてくださいね。
寒い冬をお気に入りのネイルで楽しみましょう!

この記事のキーワード