複数キーワードは半角スペースで検索!

【決定版】女子必見のボルダリングファッションをご提案します♪

ボルダリングウェアのバリエーションが豊富になってきましたね。ボルダリングにおいて、機能性がなによりというのはわかってはいるけれどおしゃれしたいのが女子です♪今回はおしゃれだけれど決して動きを邪魔しないファッションについて考え、ご提案します!

この記事を書いた人: momoko
momoko
2016年05月19日

そもそもボルダリングに適したファッションとは

 

ボルダリングをするのに最低限必要な服装

■速乾性のTシャツ
■ズボン
■靴下
■シューズ
※初心者の方はシューズの貸出しを利用してもよいかと思います。
 

Tシャツについて

 

速乾性の高機能スポーツウェアで快適な運動
•速乾性
•吸汗性
•防水性
•ヒートギア
•コールドギア
•コンプレッション機能
•消臭機能

世はまさに科学万能の21世紀!
ハイテクウェアと呼ばれる高機能アパレルが安価に選び放題です。
運動時に用いる洋服は、基本的に化学繊維の高機能ウェアがおすすめ!
綿100%のウェアではトレーニングに用いるメリットがあまりないため、おすすめできません。

 

なぜ綿がオススメできないのか

着心地がいいからといって、「綿100%」のTシャツをチョイスしてしまうと汗がなかなか乾かなくて大変です。で、またその上に汗をかいて…つまり汗 on 汗状態ですね(^^;)。さらにオシャレにも気をつかってタイトなサイズのものだったりすると、Tシャツが身体に張り付いて動きにくいし登りにくいしってことになってしまいかねません。
 
綿は日常生活では重宝する素材ですが、大量に汗をかくスポーツにおいては速乾性のTシャツを着用したほうがよいです。とくに、屋外でのボルダリングは風などにもさらされます。着衣が乾かないまま競技を続けると集中力にも欠けるし何より体温を奪うことにもつながります。
 

パンツ選びは大事!

 
クライミングの服装の中で、かなり重要な要素が「クライミングパンツ」です。ボルダリング・クライミングは足で登るともいわれる通り、クライミングパンツの機能性は非常に重要です。
 
動きを邪魔しない伸縮性に富んだパンツを選びましょう。また、いくら楽であったり気に入っていたとしても、ダボダボした体型に合わないパンツは避けたほうがよいです。岩やホールド(足場)に引っかかったりする恐れがあり、予期せぬけがを招くからです。体型に合ったパンツ選びを心がけましょう。
 

シューズ選びのコツ

 
ボルダリングを行う際は、専用のクライミングシューズを履く必要がある。最初のうちはジムでレンタルするので十分だが、自分に合うサイズ選びのポイントは押さえておきたい。
ボルダリングシューズのサイズ選びのポイントは、普段はいている靴よりも小さめのものを選ぶこと。シューズの中で足が動かないようにし、つま先でホールドに乗りやすいようにするためだ。
■ボルダリングでスタートからゴールまで登り切るのに1分ほどかかる。なので、1~2分我慢できない痛さの場合は、まず却下。
■ボルダリグでは、つま先だけでホールドを踏んで登って行く。そのため、つま先立ちで5分程度我慢できないサイズは避けたほうがいい。

 

ファッションチェック!

最もシンプルなファッションです。
足を高く上げるボルダリングにおいて足元がもたつかないパンツ選びは重要なポイントになります。
Tシャツは速乾性のものを選びましょう。
 
 
タイツとハーフパンツを合わせるファッション、おしゃれだし機能性も抜群です。
タイツを合わせることでショーツが見えるのではないかという不安がなくなりますね。
また、この女性のTシャツは胸元が大きく開いていませんが、胸元が大きく開き下着が見えるようなら、中にもう一枚トップスか何かを着ましょう。
 
 
すそをしぼったパンツは機能的で体のラインが細く見えませんか。
素材も伸縮性抜群です。
 
 
伸縮性抜群のパンツです。
トップスはインナーマッスルと筋力がついたら挑戦してみたいファッションです。
 

まとめ

何よりボルダリングを楽しむことが大切なので好きなファッションを取り入れるべきですが、そのファッションにこだわりすぎて集中を欠いたり、知識がないがたがためにけがを招いたりするようなことだけは避けるべきだということがわかりました。
トップス(Tシャツなど)は速乾性のもの、パンツは伸縮性があってすそが締まったもの、シューズは気持ち小さめのサイズを選びましょう。また、順番待ちや休憩をしているときは体が少し冷えるので、上に羽織るものはあればよいかと考えます。
上達していったらもっと積極的なファッションにも挑戦したいですね♪
 

この記事のキーワード