複数キーワードは半角スペースで検索!

一度は行きたい♡日本でおすすめリゾートホテル5選♪

リゾートホテルでゆったり過ごすならやっぱり海外?そんなことはありません!日本にも日常を離れてくつろげるおすすめリゾートホテルがあります。コンセプトも様々なので、お好みに合わせて行き先を考えるのも楽しいですよ!

この記事を書いた人: momi
momi
2016年11月14日

プライムリゾート賢島

 
三重県は伊勢志摩、賢島(かしこじま)にあるリゾートホテルです。
地中海風の雰囲気で、まるで海外のリゾート地を訪れたかのよう♡
伊勢参りに訪れるのも最高ですね! レンタサイクルで海辺に出ることも可能です。
お風呂でゆったりしたり、プールで泳いだり。 贅沢な時間を過ごして下さい♪

 

「海辺ホテル プライムリゾート賢島」は、優雅で上質な大人の休日をコンセプトにした「プライム(Prime)」=「最上」という名にふさわしいリゾートホテルです。

心地いい風と海の香り、日本でも有数の美しさを誇る英虞湾を一望できる絶景のロケーション。
開放的なスパニッシュスタイルを取り入れた建築美は時間さえ忘れさせてくれる異空間です。

 
南欧の雰囲気漂う佇まいで、写真もきれいに取れます。

 

オリエンタルヒルズ沖縄

 
日本国内でリゾートホテルに泊まるなら、やっぱり沖縄を訪れたいですよね!
どこまでも続くようなきれいな青い海。
普段眺められる景色ではないので、日常を忘れてゆったりくつろげます♪
こちらの「オリエンタルヒルズ沖縄」なら、全室がラグジュアリースイート。
誰にも邪魔されない時間を過ごせますよ!
 
全てのゲストルームに国内最大級のプライベートプールを配しました。瑠璃色の海と亜熱帯の森に囲まれたゲストルームは、国道からも中を窺い知ることのできない究極のプライベート空間。日常から離れて、ゆったりとした贅沢な時間をお楽しみ下さい。
 
空間と時間を誰にも邪魔されることのないオリエンタルヒルズ沖縄のゲストルーム。全室、日本最大のプライベートプールからの眺望は沖縄本島屈指のコバルトブルーが望める最高のロケーションです。

 

松島センチュリーホテル

 
リゾートホテルでゆっくりくつろぐなら、やはり景色が自慢のスポットがいいですよね♪
日本三景に数えられる宮城県の松島にも、広々としたリゾートホテルがあります!
客室や露天風呂からも眺められる松島の風景、海に浮かぶ島々。
海の幸も味わいながら、ペットも連れて家族全員で楽しめるスポットです。
 
松島温泉の採取深度は1,000~1,500m。古生代(数億年前)地球太
古の天水が地下に浸透し地熱であたためられ、長い年月をかけて貯
留されていました。今回の採掘で天泉となり地上に湧き出し、松島で
は初の暖かい温泉になりました。
 
松島には松島温泉が湧き出ており、そのお湯をこちらのホテルでも楽しむことができます。
 
ビュッフェは、目の前で焼かれる牛ステーキ、仙台名物の牛たんをオープンキッチンで楽しめる。新鮮な魚介類や野菜などから好みの食材を選んで揚げる天ぷらも人気。オーダー形式なので、できたての料理を味わえるのが魅力だ。豊富な種類をそろえる手作りスイーツが食べ放題なのもうれしい。

 

Sankara Hotel&Spa 屋久島

 
太古からの自然の風景が自慢の屋久島。
森の空気を吸いながらリフレッシュできるひとときを、ぜひリゾートホテルで過ごしてみて下さい!
こちらはアジアンな雰囲気で癒される空間です。
スパも充実していて、まるで東南アジアのリゾート地を訪れた気分になりますよ♪
 
不思議な響きを持つこの名称は、天からの恵みを意味するサンスクリット語。
ホテルコンセプトである五つの ” S ” ― safety(安全) / sense(洗練) / scene(景観) / surprise(驚き) / serving(おもてなし) への矜持と、世界自然遺産である屋久島の大自然に敬意を表して名付けました。
 
プライベートリゾートにふさわしいバトラーサービス付きの客室を完備。本場仕込みのフランス料理や、心・体・氣のバランスを整えるオリジナルスパを堪能しよう。大木と寄り添うように広がる苔の絨毯は、生命の煌きを感じられ、神秘の森に抱かれた極上の休日を過ごせる。

 

旧軽井沢ホテル

 
日本国内でリゾートホテルを楽しむなら、昔からの伝統ある避暑地でリゾート地の軽井沢もおすすめ♪
近年改修されたばかりの旧軽井沢ホテルなら雰囲気もあり、贅沢な時間が過ごせます。
実は結婚式場としても人気のある場所なんです。
カップルやご夫婦で行くのもいいですね♡
 
軽井沢駅から旧軽井沢方面へ伸びるメインストリートからほど近くに位置し、軽井沢駅から徒歩で15分程度。もちろん送迎があるが、ショップを眺めながら散策してもほどなく到着する距離だ。
 
「ここは、森を庭に持つホテル」。都会のドレスコードから開放され、木漏れ日の庭を持つ別荘で寛ぐようなひととき。日々のルールから遠ざかった完全なる自由に、心と身体の時間をリセットする。あくまでさりげなく飾らないウェディングを。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?
日本にも日常を忘れてリフレッシュできるリゾートホテルが各地にあります。
周辺の観光も楽しみながら、充実した休日を過ごして下さいね!

この記事のキーワード