複数キーワードは半角スペースで検索!

冬ネイルはシンプルデザインでオトナ可愛くしてみませんか?

すっかり寒くなってきましたね。お洋服も秋物から冬物へ変わるように、ネイルも変えて気分転換しませんか?きらきらのラインストーンも良いけれど・・・今回は大人の女性向け、だけど可愛い!そんなデザインのネイルをご紹介します。

この記事を書いた人: Emiko
Emiko
2016年12月22日

冬っていつから?

 

冬(ふゆ)は、四季の一つであり、一年の中で最も寒い期間・季節を指す。二十四節気や旧暦のように、一年中で最も太陽の高度が低く夜が長い期間を指すこともある。

北半球では冬至後の1月-2月頃に気温が低いことが多く、南半球では夏至後の7月‐8月頃にあたる。

日本の気象庁では一日の日最低気温が0℃以下の日を冬日(ふゆび)、また、日最高気温が0℃以下の日を真冬日(まふゆび)と呼んでいる。このような日は1月を中心に前後の毎年12月から翌年3月頃にかけて発生するから(ただし、年や地域によっては、11月・4月でも生じる場合もある)、この時期のあたりが冬の範囲に入る。

少し前までは日中は暖かく夜は寒いといった感じでしたが、雪が降り始めた地域もあって、すっかり寒くなりましたね。風邪をひかないように体調管理を万全にしていきたいですね。
 

保湿ケアも忘れずに♡

 

エステとしてのハンドケア

手は人体の中でも特に使用頻度の高い場所。「毎日の水仕事で手がガサガサ」という人も多いのではないでしょうか。手は意外と人に見られているパーツであり、またよく使う場所だからこそ手のケアを忘れないようにしたいものです。

現在ではハンドケアのみのメニューを取り扱うエステサロンも少なくありません。
爪のケアはもちろん、手首や指先もパック、肘下のマッサージ、脇の下から腕にかけてのリンパドレナージュなど、酷使された手を入念にいたわるケアメニューが多数。肘下のマッサージは手のひら・手の甲・指の間〜肘下にかけてマッサージを行うことで、便秘や肩こりにも効果が見込めるといわれています。脇の下から指の先までトリートメントを行うことで、手や腕が細く見えるようになる他、美白効果、血行促進、頭痛や肩こりの緩和とさまざまな改善効果が見られます。

手に色むらやくすみがあると感じる人は、手のうぶ毛脱毛がおすすめ。指や手の甲のうぶ毛・ムダ毛を取り除くことで透明感のある手に導きます。うぶ毛のため脱毛による痛みはほとんどありません。
さらにくすみに効果的なのがケミカルピーリング。くすみの原因となる古い角質を安全性の高い乳酸を用いて除去し、きめ細かく滑らかな手に仕上げていきます。仕上げには、顔にも使用する美容液をたっぷりと手に塗っていきます。美容液の美白・保湿成分をイオン導入すれば肌のトーンを明るくし美白効果が見込めます。
手は老化が表れやすい箇所でもあります。手の美しさを保つハンドケアを行うことは、アンチエイジングにも効果的です。

ハンドケアって実は女性にとってとても重要なんです!
せっかく素敵なネイルをするなら、より綺麗に見えるように乾燥対策もしっかりしたいですね。
 

オトナ可愛いネイルをご紹介します!!

◆チェック柄ネイル

親指と薬指のチェック柄がポイントになっていて可愛いですね!
 

◆チークネイル

とろーりじゅわーっと溶けたようなピンクがとってもキュート♡
赤やオレンジも良いけれど、チークネイルはやっぱりピンクが1番可愛いです!

◆オフィスネイル

くすんだ淡いブルーは上級者向き!?
グラデーションが綺麗でオトナっぽいのでOLさんに良さそうです。
 

ツイード柄ネイル

via www.instagram.com

女の子の大好きが詰まったような、優しくて可愛いツイード柄。
女の子らしい格好にもデニムなどのカジュアルな恰好にも似合いそうです。
 

◆ミルキーカラー

 
冬の定番アーガイル柄もクリアにミルキーな色合いで、冬っぽさが増しますね!ラメラインが雪を連想させてくれます!

◆シンプルだけど存在感あり!

 
黒のフレンチネイルはシンプルだけど、とても個性的。
薬指のパールがアクセントになっていてお洒落です!
 

◆メタリックカラー

 
思い切って派手なメタリックをワンカラーで塗ってみるのも良いかもしれません!
目立つこと間違いなし!!
 

◆チョコレートネイル

 
見ているだけでお腹が空いてきそうな甘~いチョコレートネイル。
特にバレンタイン前後にはぴったりですね!
 

◆トレンドカラーを取り入れて

 
ボルドーやインディゴブルーの他にもグレーやくすみがかったオレンジ、マスタードカラーもおすすめです。
 

お気に入りは見つかりましたか?

一口にシンプルと言っても色々なデザインがあります。
お気に入りのデザインを見つけてネイルを楽しんでくださいね!
 

 

この記事のキーワード