複数キーワードは半角スペースで検索!

デート感覚でカップルも楽しめるボルダリング

ボルダリングにどう取り組むかをお互いに観察することで、相手のいいところ、悪いところが見えてくるようです。ボルダリングは単ダイエット目的やスポーツとしてでなく、デート感覚で楽しめるスポーツでもあるんです。

この記事を書いた人: パンプキン
パンプキン
2016年12月27日

ボルダリングとはどんなスポーツ?

 

ボルダリングと聞いて、カラフルな壁を登っていくものを想像する人も少なくないと思います。これは巨岩を登ることを目的としたフリークライミングのアクティビティを競技化したものです。
ボルダリングのクライミングウォールは基本的には屋内に設置されていることが多く、大自然の中に行かなくても、気軽にクライミングを楽しめるのが特徴です。 

クライミングウォールにたくさんついている凸凹は「ホールド」と呼びます。クライマーは指定された課題のホールドのみを使ってクライミングウォールを登っていきます。選択する課題によって難易度が変わるので、初心者から玄人まで自分のレベルにあった課題で楽しむことができるのが特徴です。

達成感を得られはまる人も多い!!

こんなに達成感が得られるスポーツも珍しいのではないでしょうか。
ハマる人が多い理由も分かります。しかも、手軽に始められるのも魅力で、特別な道具といえば靴と滑り止めくらいで、靴もレンタルできるし、滑り止めもそれほど高くありません。

しかも料金もリーズナブルで、僕が行ったところは2100円で朝から晩までいれたりします。
ま、それほど体力が持たないので4時間くらいが限度かもしれませんが。

僕は何でも興味がある代わりに、あまり何事もハマらない性格なのですが、これはもう一度
挑戦しにいくつもりです。女性の方でもスイスイ登れているコースを登れず、悔しく絶対に
このコースを制覇してやるという気持ちになったからだと思います。

 

華奢な人でもできるスポーツ

世界レベルで活躍するボルダリングのクライマーたちは、一般の人に比べれば筋肉隆々ですが、それでも他競技のアスリートに比べれば細身。筋肉量が多すぎると体重が重くなるので、クライミングが大変になるとか。実はクライミングで一番重要なのは力ではなく、「どれだけ力を使わずに登れるか」ということなのです。つまりボルダリングは、非力な女性や、子ども、高齢者でも、自分のレベルにあった課題を選択し、楽しむことができるんです。

カップルデートにお勧めな理由!

パートナーにアドバイスするなど、自然なコミュニケーションが期待できます。

 
 
ひとりでやっていると、どう動いたらいいのがわからなくなり行き詰まることもあるが、パートナーと一緒にやることで互いにアドバイスができるという利点がある。カップルで楽しむのはもちろんのこと、必然的に経験ある者が色々とアドバイスする立場となるので、ちょっと気になる女子とのデートにもおすすめだとこっそり教えてくれたのはインストラクターの上野さん。自然な形でのスキンシップが期待できるだけでなく、何よりも精神的に近くなれる効果が絶大だとか。 
 
フィットネスジムは、一人で黙々とメニューをこなしていきますが、ボルダリングは個人競技でありながら、まわりのお客さんとコミュニケーションを取りながら取り組めるのがうれしいポイント。  

達成感を共有することで相手との距離が縮まる

 
達成感を共有するということは自己肯定感につながり、共有した人に肯定的な感情を抱くようになります。
 

ボルダリングに必要な物

1. 服装  服装はTシャツに長パンツがお勧めです。短パンでする人もいますが、ホールドで足をすってけがをする可能性があります。長パンツは伸縮性があって破れにくいものがいいです。ジャージがお勧めですが、ファッション性を気にするのであれば、ファストファッションなどで探してみてもいいかもしれません。

2.シューズ シューズはクライミングシューズを使います。クライミングシューズはほとんどのジムで貸し出しをしています。たまにしかいかない人は、レンタルを利用するのがお勧めです。

3.チョークバッグ チョークバッグとは滑り止めの粉を入れるバッグです。ジムで貸し出しをしているため、レンタル料はかかりますが、初心者はまず、レンタルを利用するほうがいいでしょう。長く通うようになったら、購入してもいいかもしれません。

 

髪、メイクも決め過ぎない!

デートだからと言って決め過ぎると、髪が邪魔で動きにくいということもあります。
ボルダリングの時は動きやすい服装にして、終わってから可愛い服に着替えると、ギャップに射抜かれることもあるかもしれません。

 

ボルダリング合コンも増えている!

 
ボルダリングをしながら自然と会話が弾みカップル成立も多いようです。
東京にはたくさんのボルダリングジムがあります。東京以外でもボルダリングができるジムは増えていますので、カップルデートで使ってみてはいかがでしょうか?

この記事のキーワード