複数キーワードは半角スペースで検索!

【女性はどんな格好が最適?】ボルダリングのオシャレな格好

最近、テレビや雑誌などで話題のスポーツといえば「ボルダリング」です。忙しく、なかなかスポーツを始めるきっかけを上手く掴めない方でもすぐに始められるのがボルダリングです。そんなボルダリングは、どんな格好が最適なのでしょうか?女性のオシャレなボルダリングの服装を紹介します。

この記事を書いた人: ハンク
ハンク
2017年01月06日

カップルでボルダリング!ボルダリングの魅力

ふたりでトライすれば2倍楽しめる

ボルダリングは一人で参加している人が多いです。
また、登っている人を応援したり、声を掛けあう人達も見受けられます。
カップルでスポーツデートとして来られる方もいます。
 
 
 
ひとりでやっていると、どう動いたらいいのがわからなくなり行き詰まることもあるが、パートナーと一緒にやることで互いにアドバイスができるという利点がある。カップルで楽しむのはもちろんのこと、必然的に経験ある者が色々とアドバイスする立場となるので、ちょっと気になる女子とのデートにもおすすめだとこっそり教えてくれたのはインストラクターの上野さん。自然な形でのスキンシップが期待できるだけでなく、何よりも精神的に近くなれる効果が絶大だとか。
 
ボルダリングは、壁に取り付けられているホールドを手や足で掴みながら、上を目指します。
ゴールするためには、どのホールドを掴めばいいのかを登りながら、判断するので頭もきちんと働かさなければなりません。なので、筋肉や運動神経が良ければいいというわけではないのです。
そこがボルダリングの魅力でもあるでしょう。
 

ボルダリングに必要なアイテムって?

女性の場合、どんな服装で行けばいいの?

ボルダリングを始めるにあたって、必要なものをある程度、自分で揃える必要があります。
本格的なものは特に必要ないので、初心者でも安心して始めることができますよ。
 
 

トップス、インナー
ボルダリングをするときのトップスはTシャツで良いと思います。冬の寒い時期は薄手のパーカーなどがあると安心ですね。また、壁を登っているときに肌が露出してしまうこともありますので、女性の方はスポーツインナーを着ておくと良いでしょう。

パンツ
機能性を考慮しつつも、ロング丈、7分丈、ショート丈と様々なスタイルの着こなしが可能です。

シューズ、靴下
シューズはたいていのボルダリングジムでレンタルしています。定期的に続けるならば、自分に合うシューズを見つけて購入してもいいかもしれませんね。靴下は忘れずに持参するようにしましょう。

 
ボルダリングに相応しい服装は、すべてユニクロやGUで買い揃えることができます。
ボルダエリングシューズも、専用ジムでレンタルすることができるので、わざわざ買う必要はありません。
 

おしゃれにキメたい!!

身体を動かすときでも、オシャレでいたいと思う男性・女性も多いはずです。
ボルダリングでもオシャレな服装で軽快に登っている方も多く見かけます。
 
 

おしゃれにキメるポイントは次の2点だと思います。

タンクトップかキャミソール
七分丈のパンツ

1つめについてですが、あまり肌の露出を好まない人には抵抗があるかもしれません。しかし、女性で登れる方々は、タンクトップやキャミソールを着用している人が多いというのが個人的な感想です。実際、見ててすごくかっこよく見えますし。

2つめについては、これは男女共通かもしれませんが、ひざ下くらいのパンツが最も多く選ばれてる服装です。実際登ってても、足元が見やすいですし、ひざを壁にぶつけても、すりキズになりにくいのもいいところです。

ボルダリングは腕の筋肉もある程度は必要ですし、登っている最中は、腕の筋肉をよく使います。
タンクトップやキャミソールをつけると筋肉が強調されるので、とてもかっこよく見えるのです。
 
 
 

服装も参考に!かっこいい女性クライマーを紹介!

野口啓代さん

プロの方の服装を参考にするのもおすすめです。
壁に取り付けられているホールドは色とりどりで、とても目立ちます。
そのホールドに同化してしまわないよう、シックに黒や白の服装を選ぶのもいいかもしれません。
 

野口啓代 エキジビジョン 0 in 幕張

実は世界で戦う女性クライマーの中で日本人女性もいます。世界女王にも輝いている日本人女性です。可愛らしい笑顔とは裏腹に素晴らしいムーブで世界でも有名な女性クライマーです。野口さんの体を見ても筋性の整ったボディーラインでボルダリングの素晴らしさを表しています。

 

Ashima Shiraisi

 

Rock Climbing with Ashima Shiraishi

可愛らしい女の子のアシマちゃん日本とアメリカ国籍をもつ女の子です。彼女もまたコンペでは大活躍する日本人女性の一人です。可愛らしい笑顔からはかんがえられないようなカッコいいクライマーで世界を魅了しています。

・2001年生まれ、ニューヨーク在住の女性(日本、アメリカ国籍)
・6歳からクライミングを始める
・アメリカのボルダリングシリーズ、ユースチャンピオンシップで2010年から4年連続優勝
・コンペだけでなく、岩場でのクライミングでも女性初や最年少の記録を数々保持している

この記事のキーワード