複数キーワードは半角スペースで検索!

【簡単セルフネイル】ダブルフレンチで指を長~く魅せる♡

フレンチネイルは指先が美しく見えることを誰もが知っていると思いますが、ダブルフレンチをするとより美しい指先を演出することができます。今回は素敵なデザインとセルフネイルの方法についてまとめたいと思います。参考にしてください♪

この記事を書いた人: momoko
momoko
2016年05月25日

フレンチネイルとは

フレンチネイルとは、爪先にホワイトをのせたデザインをさすネイル用語。
ネイルアートにおいて、もっとも基本的なデザインでもあります。
近頃は、ホワイト以外のカラーを取り入れたカラーフレンチも人気があり、こちらも同じくフレンチネイルと呼ばれることが多いです。また、逆フレンチという爪半月から指先にかけてベースと違う色を塗るものや、ダブルフレンチというフレンチが2重になっているもの、変形フレンチという少し変わった形のものなど、さまざまな種類のフレンチネイルがあります。
 

基本のフレンチネイル

 
 

ダブルフレンチネイル

字の通り、指先が2層になっています。
基本のフレンチネイルに比べて指が長く見えます。
 

フレンチネイルの効果

■指長に見えます
指先に視点が行くので指長効果抜群です。
■色を変えることで豊かに自己表現ができます
季節やイベントのカラーをのせたり好きな色を組み合わせたり、バリエーションが豊富です。
■角度をによって与える印象を変えることができます
曲線は優しい、直線やVの字はシャープな印象を与えます。
 
上記の画像と同じ色合いですが、ネイルを斜めに施すことでよりいっそう指長に見えますね!
 

素敵なデザイン♪

セルフネイルのための目の肥やし♪素敵なデザインを参考にしましょう!
 
水色が嫌いという人を聞いたことがないくらい万人受けの色♪
肌の色と合っているので清潔感を与えます。
 
 
マリン柄♪
夏っぽいですね!
赤のストーンとゴールドのラインを施すことでより締まりが出ています。
 
 
まるで貝殻のようです!
 
 
色気ある~
 
 
服を着ているようですね!
実は簡単!ピンクとホワイトのネイルを施した後にゴールドのテープを貼っているだけなのです。
 
 
素敵です!
 

色が与えるイメージをうまく使おう

 
色にはそれぞれ、多くの人に共通して感じられる連想イメージがあります。連想イメージとは、感情や抽象的なイメージ、身の回りの具体的なものなどです。このように色の心理的効果を上手に使うと、相手に伝えたい思いや、見られたいイメージを視覚的に伝えやすくなります。 色を選ぶ際には、なりたいイメージや伝えたい意味を込めるのもオススメです。

★あか    熱い、エネルギッシュ
★オレンジ  あたたかい、朗らか
★きいろ   明るい、喜び
★みどり   穏やか、自然な
★あお    クール、誠実
★むらさき  個性的、神秘
★ピンク   かわいい、やさしい
☆しろ    清楚、純粋
★くろ    高級感、モダン

 
清潔感を与えつつもパープルで個性を演出♪
ゴールドのさりげない主張もいいですね!
 

セルフネイルをしてみよう

ネイルシールを使って簡単に♪

 
フレンチネイルの塗り方のコツ
・マスキングテープを切ります
・ベースコートを全ての爪に塗ります
・乾いたらマスキングテープを斜めに貼ります(粘着が強い場合は手の甲でペタペタして粘着力を落としてください)
・赤を塗ります。この時マスキングテープがあるので適当に塗っても大丈夫です!
・爪楊枝を使って白のドットを描きます
・マスキングテープを剥がして、レースのネイルシールを貼って完成です♪
マニキュアがはみ出してうまく塗れないという人は、ナナメフレンチの方が実はうまくいったりします♪ 
簡単なのにとってもかわいく仕上がるので是非試してみてくださいね!
 
レース部分は余裕があれば筆描きも挑戦してみてください♪
ドット柄は絆創膏の穴を利用すると簡単に付けることができますよ。
 

もう1つ簡単なダブルフレンチ

 
・ベースコート塗ります。
・マスキングテープを斜めに貼ります。
※薬指のみ浅く貼ってください
・剥がしたら、薬指に目安としてマスキングテープを貼ります。
・その間にカットしたネイルシールを貼ります。
・ラメラインを引きます。
ラメラインの引き方はこちらをクリック
・トップコートを塗ったらおしまいです!

 

透明感と存在感を出そう

いかがですか?
ダブルフレンチは指先で存在感を、でも透明感も忘れていない品のあるネイルデザインですね。マスキングテープを使うとまっすぐなラインがひけるし、ネイルシールを使うと無理なくセルフネイルを楽しむことができますね!
指長効果抜群のダブルフレンチをぜひ試してみてください!

この記事のキーワード