複数キーワードは半角スペースで検索!

万人ウケ確定♡♡水色のネイルデザインを徹底研究しよう♪

みなさん、水色が嫌いと言う人を聞いたことありますか?水色って女子に絶大の支持を得ていると思いきや、じつは老若男女だれにでも好かれる色なんですよ♪今回は夏に向けて水色を使ったデザインをご紹介します。合わせてネイル初心者さん向けの豆知識をご紹介します♪

この記事を書いた人: momoko
momoko
2016年06月14日

水色のイメージ

 
空や海、水といった広大な自然のイメージが浮かびます。爽やかな空、生命の源の海、体に不可欠な水と接する機会が多い色です。好感度が高く、世界的に見ても一番人気が高い色の系統です。好む人が圧倒的に多く嫌う人が少ないというのも特徴となっています。

 

2016年の流行りは水色とピンク

セレニティ×ローズクウォーツ
 
2016年の流行色として選ばれたのは、淡いブルーの “セレニティー(Serenity)”とペールピンクの “ローズ クウォーツ(Rose Quartz)”だ。なお、2色が選ばれるのは発表以来、初になる。
同社は選定理由について、ファッションでもトレンドになっている “ジェンダーレス”を反映したからだと語った。ユニセックスアイテムやジェンダーレスへの需要が高まる中、マスキュリンなブルーと、フェミニンなピンクが性別関わらず流行するという意図だ。リアトリス・アイズマン(Leatrice Eiseman)=パントン カラー インスティチュート(Pantone Color Institute)エグゼクティブ・ディレクターは、「2色をバラバラではなく、一緒に見てほしい。暖色と寒色である同カラーはお互いを引き立たせる。ピンクを組み合わせることにより “セレニティー”が持つ静穏や静けさを強調し、ブルー を組み合わせることにより”ローズ クウォーツ”の魅力が際立つ」とコメントした。

 

色や柄の組み合わせによってイメージが変わりますよ

2016年の流行色

すでに押さえている女子、いますよね♪
 
 

逆フレンチ

涼しげで清潔感をアピールしながらも存在感があります。
 
 

ヒョウ柄

ヒョウ柄は好き嫌いがはっきりとしていますが、水色はくどくないですね!
 
 

ボーダー

夏の定番ですね!
涼し気です。
 
 

グリッター

グリッターも水色にするとすっきりします。

 

うっとおしいと思われない配色を!

水色の他に2色3色と足すとにぎやかになりますが、配色によってはうっとおしくなってしまいます。配色の基本を押さえておきましょう!
 
相性が悪いのは、色相環の真反対に位置する色、「補色」どうしを合わせる事です。補色を並べると、個性が主張し合い、刺激の強い配色になります。ファッションで使うと、目がチカチカしたり、インテリアだと、落ち着かない気分になる組み合わせです。
解決法としては、色の間に、ベルトなどで、無彩色(白・黒・グレー)を挟む事です。色のきつい対比が和らぎます。また、色の分量を調整するのも有効です。一方の量を、全体の1割程度に抑えて、アクセントカラーとして使うと、お互いの色を引き立てあいます。
 
ビタミンカラーのイエローと水色だけではくどくなってしまいますが、ホワイトのフラワーを合わせることで柔らかい印象を与えます♪

 

色合わせに迷ったら色相環を参考に♪

 

覚える色は赤(R)・黄(Y)・緑(G)・青(B)・紫(P)の5色で、9時が赤、12時が黄色、3時が青緑(BG)、6時が青紫(PB)。
他の色は中間の色になるだけなので、これをまず覚えること。

【イッテンの色相分割法による配色法】
補色の組み合わせ(2色:ダイアード)
正三角形の組み合わせ(3色:トライアド)
補色を利用した3色の組み合わせ(3色:スプリット)
正方形の組み合わせ(4色:テトラード)
3色+白+黒(5色:イッテンのペンタード)
4色+白+黒(6色:イッテンのヘクサード)

 
白×黒×他1色の組み合わせのファッションはよく見かけますね!

 

セルフネイルをしてみよう!

一色ベタ塗りのコツ

ベタ塗りは基礎と思われがちですが、ごまかしが効かないので避けている方が多いと思います。
ここでベタ塗りの基礎をおさらいしましょう♪
 
コツ その1
☆筆は寝かすように
そして無意識のうちに塗り押し当ててはいませんか??塗り押し当てるー!!というより塗りなでる♪感覚で
コツ その2
☆筆はゆ~~っくり動かします
(根元から先端まで同じ力加減で)
筆をサッサ!と早く動かすより、ゆ~~っくりまっすぐ動かしてあげた方が筆の跡がつきにくくなります♪
 
他にもベースコートをきちんと塗ることが大切です。
 
ベタ塗りがきれいだと好感度もアップ♪

 

ちょっとしたコツ

 
ネイルを2度塗りしたいとき、気泡ができたり焦って乾かないまま失敗したりすることありますね。また、早く乾かそうとドライヤーをあてて失敗をした経験はありませんか?じつは、ネイルは冷やしたほうが早く乾くのです。冷蔵庫で冷やしてから塗ってみてください♪

 

まとめ

水色はもともと万人ウケする色ですが、配色を工夫することでより好感のあるネイルになります。また、基本を押さえてしっかりと色を塗ることでクォリティの高いネイルに仕上げることができます。
この夏は水色ネイルで涼しく過ごしましょう♪
 

この記事のキーワード