複数キーワードは半角スペースで検索!

「今、女子旅にプーケットがお勧めされているワケ」

女子に人気のプーケット旅行。バンコクから国内線で約1時間、タイで最大の島で世界中から観光客が訪れるビーチリゾートです。マリンスポーツ以外にも楽しめるアクティビティが満載です。プーケット旅行でおすすめのスポットをまとめました。

この記事を書いた人: パンプキン
パンプキン
2017年01月10日

プーケットとは?

 

プーケット県が設置されているプーケット島は、美しいことで知られるアンダマン海に接しており、ビーチ、ダイビング、クルージングなどの観光資源に恵まれている。プーケット最大のパトンビーチを初め、美しいビーチに富み、タイ最大の国際観光地として発展してきた。
プーケット島はタイ最大の島でもある。クラ地峡から約 440km ほど続く山脈の一角であるため島の地形は全体的に高低差が激しい。

バンコクから飛行機で約1時間の距離にあります。
 
 
 

女子の好きなアクティビティが満載のプーケット

大好きな友達と海外旅行をするならグルメ、エステ、ビーチ全部楽しみたいですよね。でも学校も仕事も忙しいから長期の旅行をする時間はないし、何より安いほうがいい!そんなワガママ女子たちにピッタリの旅行先といえば「プーケット」。タイ南部に位置するリゾートアイランドです。

マリンスポーツだけでなく、グルメ、観光スポット、マッサージやエステなどのビューティーショップなど女子が好きなものが満載です。なんでも体験してみたいというアクティブな女子にタイはおすすめの国であり、プーケットは人気の観光地です。
 

大人女子向けビーチならカロン・カタビーチ

プーケットには35のビーチがあって、それぞれのビーチで雰囲気がぜんぜん違います。日本の大手旅行代理店が用意しているホテルは、その多くが繁華街のパトンビーチに位置しています。パトンビーチはホテル、レストラン、ショッピングセンター等が密集し、昼も夜もとにかくずーっと賑わっています。

今回は賑わうビーチを避けて、パトンビーチのおとなりのカロン・カタビーチにステイ。パトンから車で10分程度のところに位置しているのにとてもゆっくりした雰囲気で、オトナな女子旅にぴったりなんです!パトンから近いので、レストランやショッピングなども全く困らないですよ。日本人があまりいないので海外気分も一気に盛り上がっちゃう♪

マッサージのお勧め店

キムズ・マッサージ・アンド・スパ

カジュアルな雰囲気でフットマッサージなどを体験できる街スパ。フェイシャルメニューもある。プーケットタウン内に2号店がある他ラワイビーチにも店舗を持つ。

ショッピングはプーケットタウンで!

プーケットタウンには大きく分けて2つのエリアがあり、ひとつはオールドタウンと呼ばれる200年以上前の建築物が残る風情のあるエリア、そしてもうひとつはプーケットの若者に人気のあるファッションやお洒落なカフェの集まるショッピングエリアです。地元向けのお店が多いのでもちろんお値段もリーズナブルな地元価格!日本どころかタイ以外では手に入らないユニークなデザインの服や小物を販売するお店もあり、どちらのエリアもプーケットらしさを感じられる素敵な空間です。

パワースポットに行きたいなら

プロンテープ岬

タイ国内で最も美しい広大なパノラマを見渡せることで有名なプロムテープ岬。ここからは美しい海と周辺にある小さな島々を一望することができ、日の入りの時間帯が特に絶景と言われています。ただし、このエリアは曇りの日が多いのでなかなかその景色を見ることが難しく、絶景を見られた人はかなりのラッキー!運試しに立ち寄ってみるのも良いですね。自然の力が勇気をくれる、パワースポットとしても人気が高い素敵なスポットです。

タイで一番きれいな夕日が眺められると言われています。 
夕日が雲に隠れて見えなくても眺めは絶景なので見る価値はあり!

シャロン寺院

この時期は、ちょうど錫の発掘で島全体が潤い活気づいていた時期でもありました。しかし、錫生産の激減を際に、労働者として島に移住してきた中国人移民者を中心に暴動を起こし、島内は一時混乱状態に。そんな中、当時このシャロン寺院の僧侶であったルアン・ポー・チャム(Luang Po Cham)とルアン・ポー・チュアン(Luang Po Chuang)という2人の高僧がこの暴動を沈めたと言い伝えられています。また、暴動を沈める事ができたのは、2人の僧侶が神秘的な魔力を持っていたからという言伝えもありこの高僧2人が亡くなった現在もその不思議な力にあやかりたい多くの人々が、学業、商売、健康、はてまて宝くじ当選などをお願いしに、島内に限らず、タイ国内から多くの参拝客がやってくるタイでも有名なパワースポットなのです♪

タイ料理を楽しむ

 

 
 
 

プーケットで麺料理を楽しむならミートンポーがお勧め

太麺を野菜や魚介と炒めたプーケットならではの麺料理、ミーホッケンで知られる店。ミーホッケンは玉子なし40バーツ、玉子入り45バーツの2種類。魚のすり身をバナナの皮で包んで蒸したホーモックプラー15バーツなど、惣菜系の料理も充実。島内に2店舗支店がある。

カジュアルなタイ料理レストラン

いつ行っても込んでいるカジュアルなタイ料理店。人気メニューはグリーンカレー70バーツ(small)など、辛さを抑えたマイルドな味が好評。

タイ旅行の注意点

タイに限ったことではありませんが、日本ほど、夜に出歩いて安全な国はほとんどありません。
そのため、夜は出歩かないほうがいいでしょう。
また、駅に近いホテルの方が、交通の便がよく、安全性の面からもおすすめです。
プーケットはタイにある最大級の島で世界でも有数のリゾート地として名高いです。
エメラルドの海と、美しい砂浜は「アンダマン海の真珠」と呼ばれています。
世界中から観光客が訪れるので、積極的に旅行者に話しかければ、英語力を試す機会にもなります。
物価も日本と比べると安いので買い物も、食事も安く、リーズナブルな旅行が楽しめます。
タイの気候は、11~3月が乾季、4~5月が暑季、6~10月が雨季となっています。
年中温暖でいついっても快適ですが、マリンスポーツを楽しみたければ、乾季か暑季がいいでしょう。
特に8月は雨期真っ只中です。
雨季は波が高くなりマリンスポーツでは注意が必要になるからです。
ただし、雨季はローシーズンでホテルの料金は安くなるため、安く旅行したい人は、雨季を狙うのもいいかもしれません。
上記以外のアクティビティでもニューハーフショーや映画「ザ・ビーチ」の舞台ピピ島ツアー、象のトレッキング、カヌー体験など様々なアクティビティがプーケットでは楽しめます。
 
 
 
 

この記事のキーワード