複数キーワードは半角スペースで検索!

2017年の春にはチークネイル♪セルフネイルの方法

ほんのり赤らんだ頬をイメージした『チークネイル』。とってもキュートなのにオフィスネイルにも使えるから、今年こそマスターしたい!なんて女子も多いのでは?そこで今回は、チークネイルのやり方についてまとめてみました。オススメのデザイン画像と合わせてどうぞ♡

この記事を書いた人: pontakun55
pontakun55
2017年01月18日

◆チークネイルとは?

 
オフィスネイルとしても人気のチークネイルは、ほんのり染まった頬をイメージしています。
上品なのにありきたりじゃない仕上がり♪
意外と簡単に出来ちゃうから、セルフで挑戦してみてはいかがでしょうか♡

 

ほお紅のチークです。
真ん中を中心にグラデーションをしたデザインをチークネイルと
言うそうでございます〜
うさぎのしっぽみたいなパールのストーン

◆チークネイルの作り方その①

 
世の男性にとって頬を赤らめた少女像は、永遠の憧れですよね♪
そんな男性を魅了するフェロネイルの代表格・・それがチークネイルなんです。
しかも、やり方は至ってシンプル!
春のお花見デートにいかがでしょうか♡
 
1. ベースジェルを塗ります
2. クリアにピンクを少量混ぜて、爪全体に塗ります
3. その混ぜたジェルに、さらにピンクを少量いれて、爪の真ん中あたりを丸く塗り、周りを筆でぼかします
4. またピンクをジェルを足し、さっきよりも小さめの丸で爪の中心を塗り、またぼかします
5. 最後はクリアジェルを混ぜていないピンクのジェルを真ん中に置いて周りをぼかすように塗り、トップを塗ります

 
ポイント
透明感のあるピンクを使うとやりやすいです!
白が多く入ったパステル系はぼかすのが難しいです。
とにかく少量づつブラシに取るようにするとぼかしやすいです。
色がついてるかついてないかくらいでちょうどいいです。

◆チークネイルの作り方その②

 
その1.爪全体にベースコートを塗ります。

 
 
ここでじっくり時間を掛けるのが重要!
乾ききる前に初めてしまうと、長持ちしませんよ♡
 
その2.ベースコートが乾いたらベースカラーを爪全体に薄く塗ります。

 
 
チークネイルのコツは、カラーの選び方。
ベースカラーと同じカラー、もしくは、同系色のカラーを組み合わせると、綺麗に仕上がります。
特に、全く同じカラーを使う事で、境界線が上手くボケてくれますよ♡
 
その3.同じネイルカラーと使う場合にはベースカラーが乾く前に、違うネイルカラーを使う場合には乾いた後で爪中央に、ちょんちょんとネイルカラーを乗せる。
↑コツはあまりポッテリ乗せないこと!
厚みが出るくらいに乗せてしまうと境界線がハッキリしてしまいます。

 
 
綿棒を使ってもOK。
面積が広い分、やりやすいかも♡
 
その4.乾く前に爪を左右上下に傾けてチーク部分が丸く爪中央に広がるようにします。
その5.うまく広がらない時には乾く前に筆で、境界線をちょんちょんとぼかします。

 
 
このひと手間で、仕上がりに違いが出るんです♡
 
その6.完全に乾いたら、ベースカラーをもう一度全体に薄く塗ります。
(ベースカラーの色味が濃い場合にはこの手順は外します)

その7.乾いたら全体にトップコートを塗ります。

 
透明感を活かしたグレーのチークネイル。
レースネイルと合わせて、華やかにしてみるのも◎♪
グレーのチークネイルに、イエローとグリーンのレース模様をポイントにデザイン♪グレーだけでも落ち着いたネイルになってお仕事にもぴったりですが、もう少しカラーを入れることができれば、違う印象に仕上がります。レースなどの模様は洋服との相性もよく、イエローやグリーンなどのカラーも控えめで上品にしてくれます。

まとめ

チークネイルは、春デートにピッタリ!
男性ウケが良いのはもちろん、セルフでも出来ちゃう優れものなんです♪
境界線を上手に暈すだけで、誰にでも作れます。
もっと簡単に・・という場合は、シールやホログラムがオススメ。
爪の中央にまとめて貼るだけでOKですよ♡

この記事のキーワード