複数キーワードは半角スペースで検索!

長野で気分一新♪【開運と運気上昇】おすすめパワースポット

山や湖などの自然に囲まれた長野県は歴史ある神社仏閣も多く、日本屈指のパワースポットとして人気があります。修験道が栄えた場所でもあり、数々の神話や伝説も残っています。足を運ぶだけで清々しい気分になれますよ。

この記事を書いた人: かぼす
かぼす
2016年05月30日

四柱神社(よはしらじんじゃ)

 
四柱神社は天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神、天照大神の四柱の神様が祀られている全国でも珍しい神社です。
全ての願い事が叶う「願いごとむすびの神」として知られています。
運気が上昇する縁結びのパワースポットとして有名な神社です。
 

ゲッターズ飯田いわく「松本市に運気の上がる神社があると知り合いの社長さんが3人同じ場所を言ったので」との事。
会社の経営者や社長さんが言う事に共通点が見つかり、さらに成功者が通う最強のパワースポットも共通していたって事なんですね。

 

戸隠神社(とがくしじんじゃ)

 
二千年以上の歴史がある戸隠神社は天照大御神が隠れた天の岩戸が飛んできたという伝説がある神社です。
奥社・九頭龍社・中社・火之御子社・宝光社の五社からなり、心願成就、縁結び、学業成就、安産厄除けなど様々なご利益があります。
 
戸隠神社(とがくしじんじゃ)は、日本神話の中で天照大神が天岩戸に隠れた神話に関する神さまを多く祀っている神社で、奥社には天岩戸をこじ開けた天手力雄命がお祀りされています。

 

杉並木

奥社に続く参道の杉並木は早朝のお出かけがおすすめです。
溜まった悪い気を浄化してくれるそうですよ。
 
参道には立派な杉が両側に立っていて圧倒されます。
人間が本当に小さく感じられます。
さすがパワースポットです。

 

諏訪大社

 
諏訪大社といえば七年に一度開催される「御柱祭」が有名ですね。
諏訪湖を挟み南に上社(本宮、前宮)、北に下社(秋宮、春宮)の二社四宮からなっています。
 
【上社本宮】
  ・独立や新規事業の立上げ時に、始原的な生命力をもたらす
  ・御柱に象徴される「人生に新たな柱を立てる」場所
 
【上社前宮】
  ・心身の浄化
 
【下社秋宮・下社春宮】
  ・家庭運・結婚運をもたらす
  ・秋宮:今やっている事を発展させる力
  ・春宮:新しく事を始める・立ち上げる力

 

分杭峠

 
世界有数のゼロ磁場が有名で、強力な気を発するパワースポットとして知られています。
マイナスイオンを浴びながらゆっくりと散策しましょう。
 
中央構造線上にある「ゼロ磁場」が体感できるスポットとして、毎年数万人の人々が来訪する人気パワースポット。ここでは「気場」で感じる「気」とともに、森林浴効果も相まって、心身ともに清らかな気持ちになり、心も体も軽くなります。

 
自らの自然治癒力が高まり、肩こりや偏頭痛が良くなる方もいるそうです。
 

小菅神社

 
小菅神社(こすげじんじゃ)は長野県飯山市にある神社。戸隠・飯綱とともに信州三大修験霊場の一つ。
諸伝承によれば、役小角が開山した修験寺院・小菅山元隆寺(こすげざん がんりゅうじ)が小菅神社の起源である。

 
縁結びの言い伝えが残っていて、小菅神社にお参りすると結婚できる!と女性に人気のパワースポットです。
渡ると幸せになれる「夢のかよひ橋」や恋愛成就にご利益がある「愛染岩」にもぜひ足を運んでみましょう。
 
ある日、加賀の殿様が小菅神社に参拝に訪れた際、美しい娘に一目惚れし、嫁にもらいました。しばらくすると玉のような子どもを授かり、殿様はたいそう喜んで「これは馬頭観音のお陰である」として、安産の礼に大般若経六百巻を寄贈しました。それ以来、小菅神社は縁結びの神様として、地域の人たちの崇拝を受けるようになり、また小菅神社に参拝すると嫁の口がある、と評判になって、特に女性の参拝者が多くなったそうです。

 

万治の石仏

 
1974年、たまたま諏訪大社の御柱祭を見学に来られこの石仏と対面された、画家の岡本太郎さんや、作家の新田次郎さん方が感嘆されたことにより、一躍話題を呼び講演又は雑誌等で全国に紹介され知られることになりました。石仏の「万治」は、この石仏を建立した願主が、万治3年(西暦1660年)と刻まれているところによるものです。

 
浄化の運気があり、開運上昇のパワースポットとして知られています。
願い事を念じながら石仏の周りを三周すると願いが叶うといわれています。
 
下諏訪観光協会・下諏訪商工会議所が提唱する万治の石仏の参拝方法
 
一、正面で一礼し、手を合わせて「よろずおさまりますように」
と心で念じる。
 
二、石仏の周りを願い事を心で唱えながら時計回りに三周する。
 
三、正面に戻り「よろずおさめました」と唱えてから一礼する。

この記事のキーワード