複数キーワードは半角スペースで検索!

季節先取りデザインを!ヒョウ柄ネイルで攻めるよ♪

ヒョウ柄といえば秋口あたりから熱くなってきますが、ヒョウ好きは待ちません!先取りして夏からどんどんやっちゃいましょう♪暑い夏こそヒョウで攻めます!こってりデザインから夏でも嫌味がないデザインをご紹介します。また、セルフネイルにも挑戦します♪

この記事を書いた人: momoko
momoko
2016年06月06日

ヒョウ柄

 
動物の表皮(哺乳類の毛皮や爬虫類の皮膚)の、柄(模様)のことである。

同じく表皮模様に関して、アニマルプリントという語があり、この際、衣服(シャツ・ブラウスなど)にプリントされる。特徴的な柄をもつものがモチーフにされやすい。
ヒョウの体毛の模様。レオパード柄とも呼ばれる。
関西の女性ファッションにおいては、くっきりした柄が人気が高いという指摘もある。

 
もともとは野生の世界においてヒョウが木に登り身を隠すための柄です。
 

ヒョウ柄大好きさんの深層心理

 
ヒョウ柄は獲物に用心深く近付くための迷彩で、威嚇したり目立つための模様ではないのです。豹の毛皮は豪華ですが、ヒョウ柄を好む人の深層心理は用心深く、相手が人間であっても徐々に近付いて、射程距離に入ったら一気に仕留める。恋愛でも待ちの姿勢ではなく、警戒心を怠らずに自分の方からも近寄ってチャンスが来たら一気に落とす。
だから、肉食系の女性は意外に草食系の男が合っているのです。逃げられる前に捕まえればの話ですが。

 
なるほど、用心深いところなど心当たりありますよね。
 
ガッツリのヒョウ柄は根強く人気です。
この柄には好き嫌いがはっきりと出ますね。
 

最近のヒョウ柄

ヒョウ柄は攻撃的という印象を持っている方も少なくないと思いますが、最近のヒョウ柄は少し前と違ったイメージを確立しつつあります。
 
ヒョウ柄ワンピースの印象はワイルドさを前面に押し出していますが、最近の流行のものはワイルド+キュート。
セクシーさの中に女性っぽいかわいさをデザインしたものが売れ筋の傾向です。
逆に全身バッチリヒョウ柄でどぎつい原色カラー配色のいわゆるお水系のものは減少しています。やわらかいパステルカラーや、シックなブラックやベージュのファッションに袖口、襟元にワンポイントでヒョウ柄をあしらったものが若い女性には人気があります。

 
最近はパステルカラーでさりげなくヒョウ柄が人気です。
 
 
ネイルもパステルカラー。
この色合わせなら夏場も「暑苦しい」と批判されることはありませんね。
 

お手本にすべきデザイン

ピンク×ゴールド♡
相性バッチリですね。
 
 
ガッツリ系の組み合わせですが、フレンチネイルにすることでくどさを軽減する効果があります。
夏場でも暑苦しくないですね。
 
 
さりげなくヒョウ!
ユキヒョウというイメージです。
 
 
ワントーンカラーなので大人♡
ヒョウ柄ネイルシールで簡単にトライできます♡
 
 
さりげないヒョウ柄が可愛いヒョウ柄の逆フレンチ♡
 
 
ヒョウ柄×POPカラーが可愛い!
 
 
柄小さめはかわいい!
 
 
ベージュをベースに用いることで上品さが出ます。
 
 
デニムと合わせると暑苦しさがなくなります!
 
 
このヒョウも涼しいです!
 

セルフネイルに挑戦!

自分で描いてみる【初級編】

 
 
 
①お好きな色のマニキュアでベタ塗りをします。
②お好きな色で、カッコを描くような感じで柄を描いていきます。
③バランスを整えるように、ドットを描けば完成です!

 
ネイル2色でヒョウが描けるから安上がり♪
 

自分で描いてみる【中級編】

 
 
ふちは爪楊枝で描くとよいですよ♪
 
一見描くのが難しく見えるヒョウ柄は、丸を重ねることで簡単に描けます。
初めての方は、ドットネイルと同じように規則正しく丸を描いていくとバランスよくできますよ♪
線を描く時はちょっぴり雑に……キレイ描かない方がレオパード柄らしくなります。
カラフルなレオパードにしたい時も、ドットを描くようにバランスよく丸を先に描いてください。
真ん中を先に描き、少し離れた花びらの様に周りに描いていってもやりやすいです。
外側の丸は色が隣通しにならないようにするのがポイントですよ♪

 
 

ネイルシールを貼る

 
 
ベースを塗った後、お好みの位置にシールを貼ってトップコートで仕上げるだけです。
 

スタンプを使う

ベースの色を塗った後、キットを使用します。
基盤にネイルをたらして平らに整えてからスタンプにネイルを付けます。
そのスタンプを爪に押し当てたら簡単にヒョウ柄ができます。
 
 
このスタンプセットを購入する必要がありますが、とても簡単にネイルアートができます。
なかには消しゴムハンコを自作し応用している方もいます。
 

まとめ

夏場でも色やデザインを工夫すれば暑苦しい印象を与えないことがわかりました。
また、一見難しそうに思えますがヒョウ柄は「カッコ」を描いていくと簡単にできることがわかりました。大好きなヒョウ柄を季節先取りして楽しみましょう♪
 

この記事のキーワード