複数キーワードは半角スペースで検索!

この夏絶対したい!話題の本格フットネイルでイイ女♡

夏ですね♪サンダルを履く機会が増え足元も目立つ季節、足元が素敵な女性を見かけるとテンションが上がりませんか?!今年はフットネイルも凝って充実したネイルライフにしましょう!素敵なフットネイルのデザインと足指周りのお手入れについてまとめます。

この記事を書いた人: momoko
momoko
2016年06月14日

フットネイルとペディキュアは違う

フットネイルとは、要するにペディキュアの事なんですけど、厳密に言うとペディキュアとフットネイルの違いがあります。
というのは、ペディキュアは百均のマニキュア(ポリッシュ)でも出来ますけど、フットネイルはジェルネイルキットで作るネイルなので、強度が全然違って1週間も経たないうちにペリペリ剥がれて来たりなんていう事が起こらないのがフットネイルの良いところ♪
また、フットネイルは『持ちの良さ』が全然違うので、ペディキュアのように普通に仕事などで靴を履いてる時に靴の中で剥がれてた・・・なんて心配もありませんよ。

 
確かに普通のマニキュアでもできるけれど物にぶつけたり引っかかったりしてネイルがはげたりストーンが取れたりするとがっかりしますね。その点ジェルなら強度があるので不快な思いをせず長くネイルを楽しむことができますね。
本格ネイルをするならジェルネイルをおすすめします。ジェルネイルは爪の表面を削るので爪が弱くなると心配される方がおられますが、きちんとオフしケアすれば問題はありません。
 

ネイルキットって何?

ご存知の方も多いですが、ネイルキットについてご説明します。
 
 

ネイルキットとは、サロンに行くことなく自宅で気軽にネイルメイクが楽しめるアイテムのこと。
中でも特に人気なのがジェルネイルキットです。ジェルネイルは、普通のネイルポリッシュよりも強度が高く、艶と厚みがあり、色が剥げる心配のない長持ちするネイルです。
地爪が弱くて長く伸ばせない人も傷めることなく、2枚爪を気にすることなくネイルのおしゃれが楽しめるとあって人気です。
普通のネイルポリッシュより持ちがいいので、水仕事の多い人も安心。日が経つにつれて爪先や根元が浮いてきますが、部分的に剥がれ落ちることがなく、見た目もきれいです。そんなジェルネイルを自分で行いたい人におすすめなのがジェルネイルキットです。

 
なるほど、ライトは必須ですね、また普通の除光液では落とせないジェルをオフするキットがついている物を選びましょう。
 

素敵なデザインをご紹介します

夏フットネイルのデザイン集合♡
1本でもアート投入を真似したい可愛すぎるデザイン!
 
 

モロッコネイル

モロッコの雑貨のようです。
カラフルなデザインでこの夏一押し!
 
 

THE!モロッコネイル★
ターコイズベースに豪華なストーン使いでゴージャス♡

 
 

ボヘミアン

目立ちたいならこれくらいはっきりした色のほうがいいです!
ボタニカルデザインで常夏気分♡
抑えめカラーなので派手ファッションのときに合わせたい♡
 
 
落着きカラーにクラッシュシェルがキラリ♡
 
 

ブロッキングアート

ハンドはやりづらいけれど、フットなら気兼ねなく挑戦できるネイルです。
 
 

ラグーンネイル

注目されているシェル×スターフィッシュのデザインを合わせて♪
 
 
ホロで埋めてまるで人魚のよう♪
 
 

ヒョウ柄

やってみたかったヒョウ!
ハンドでは少し抵抗ある方でもフットなら試しやすいですよ♪
 
 

マリメッコ風

足元が華やかに!
 
 
ヒマワリがかわいい!
 

セルフでジェルネイル【やり方】

フットも同じです。
 

まず、ベース&トップジェルを塗った爪に薄ーくロゼッタを塗り、30秒LEDライトで照射します。この時、根元はあまり塗らずに。
根元はクリアなままの方がグラデーッションっぽくなります。
次にロゼッタを塗る時は最初よりは爪先よりに塗ります。
飾りは金の貝殻を使いました。
仕上げにベース&トップジェルを塗って1分硬化させて完成です。

 
ロゼッタはピンク色のジェルネイルです。
 

【オフの仕方】

【準備】
•ファイル(150G程度のもの)
•ジェルリムーバー
•メタルプッシャー
•アルミ箔
•コットン
1.サンディング
ここでしっかりジェルに傷がついていないと、リムーバーが染み込まずうまくジェルを落とす事ができません。自爪まで削らないように注意します。
2.コットンにリムーバーを染み込ませ→爪の上に乗せる
小さく切っておいたコットンにジェルリムーバーを染み込ませます。コットンがひたひたになる位。そのコットンを爪の上に乗せます。
3.アルミホイルで包み時間を置く
リムーバーが蒸発してしまわないようにアルミ箔でコットンを爪の上に置いたまま、1本ずつ指を包みます。放置時間は10~20分です。アルミホイルをちょこっと外して見てみた時に、ジェルがふやけて浮いていればOKです。
4.ジェルを取り去る
浮いたジェルをメタルプッシャーを使い取り去っていきます。ガリガリ剥がし取るのではなく、自然に浮いたジェルを取り除きます。浮いていない部分は繰り返しリムーバーを塗布して浮いてから取り去ります。

 
無理にはがすと爪を傷つけてしまいます。手順を守りましょう。
 

フットケアについて

意外と足元は見られています

 

巻き爪の人は特に注意!足の臭いの原因に

爪の両脇が内側に丸まった「巻き爪」だと、中に汚れが溜まりやすく、ニオイの原因となることがあります。汚れを取り除くには、爪ブラシや甘皮処理用のスティックを使うといいでしょう。スティックは爪と皮膚の間にやさしく押し込んで、中に入り込んだ汚れをそっとかきだします。

 

黄ばんだ爪の対処法

 

足の爪に塗ったネイルが落としきれずに色素が沈着すると、爪の色が黄ばんだり、くすんで見えることがあります。着色した部分が伸びてから切ればいいのですが、爪が厚い人なら、表面を削っても大丈夫。削り過ぎると爪が薄くなってヒリヒリするので、目の細かいやすりを使ってやさしく削ってください。
着色を防ぐには、ネイルを塗る前に、必ずベースコートを塗りましょう。また、色の濃いネイルほど色素が沈着しやすいので、マメなお手入れが苦手な人は、色の薄いネイルを選ぶといいかも?

 
ベースコートはネイル工程の基本と考え必ず塗りましょう。
 

まとめ

 
 
フットネイルはオフィスでは見えることがないから思い切ったデザインを楽しめますね。
また、ジェルネイルが長持ちするのでおすすめです。
ただ、きちんとオフをしないと爪を痛めてしまいます。専用のリムーバーを用いてオフした後は保湿するなどのケアを心がけましょう。
足元に目線がいく季節なので合わせて足指周りのケアもしましょう♪

この記事のキーワード