複数キーワードは半角スペースで検索!

ネイルの形で変わる?印象と強度を決めるカットスタイル

お気に入りのネイルでゴキゲン♪でもカラーやデザインにばかり気を取られていませんか?実はネイルって、その形で手や指の印象はもちろん、強度も大きく変わってくるんです!すぐ折れる、欠ける、指が短く見えるなどの不満を持っているなら、ネイルの形を見直してみましょう♡

この記事を書いた人: ヴェナ
ヴェナ
2017年01月30日

上品で女性らしい爪とは

 
爪には美しく見える適度な長さがあり、それを保つことが大切です。
爪を長くし過ぎてしまうと、折れやすくなるので日常生活に適しません。
また、せっかくきちんとネイルケアをしているのに、あまり上品でない印象をあたえてしまう場合さえあります。

理想的な爪の長さは、ちょうど爪の先端部分が爪全体の3分の1から4分の1程度になっているところ。
指の腹側から見て、爪先の白い部分が2~3mm見える程度を目安にして下さい。
日常生活にも支障なく、美しい印象と丈夫な爪を同時に保つことができます。

 
長過ぎても短過ぎても美しく見えない爪。
いくら磨かれていても、流行のネイルデザインが施されていても、魅力的に見えなければ意味がありませんよね!
適度な長さに整えれば、ネイルデザインも映え、指先がキレイに見えます♡
さらにカットデザインを工夫することで、気になる爪の割れや欠けも防ぐことができますよ♪

 

清潔感があって自然、ラウンドカット

 

シンプルなデザインを施す事で、清潔感と清楚さをアピール出来る爪の形です。
ストレスポイントと呼ばれる力が集中する場所もなく、丈夫な形でもあります。
面接や仕事でお客様と会うような場面など、失礼がないような真摯な人柄を演出するのに適しています。
自爪だけで充分な強度を出せるのでジェルに最も適している代表的な基本形です。^^

 
ジェルネイルならこのカットスタイルが一番オススメ♡
TPOを選ばないので、派手なネイルはNGの職場でも浮きません。
指を長くキレイに見せてくれて、男性ウケも抜群☆
強度も高く、ネイルカラーも選ばないオールマイティなデザインです。

 

女性らしさ満点、オーバルカット

 
楕円形で、スタンダードなタイプといえるでしょう。曲線が、優しげな印象を与えます。

ラウンドと似ていますが、オーバルの場合、サイドも丸みを帯びています。
強度は比較的弱めです。

 
比較的簡単にデザインできる形なので、セルフ派の人にも取り入れやすい形。
指先を動かすたび、女性らしさが漂います♡
ヌーディーカラーやクリアカラーのネイルがオススメ!
ただ、爪の先にダメージが集中しやすいため、強度はやや低め。

 

シャープなイメージ、ポイントカット

 

「オーバル」をさらにとがらせた「ポイント」はスカルプチュアで人気になりました。
とても強度が弱いので、スカルプチュアやジェルネイルなどで強度をだせる際には、是非挑戦していただきたいです。

カッコいい女性の雰囲気を出したい方にはとてもおすすめです。

 
先端を尖らせ、オーバルをもっとシャープなイメージにしたカットデザイン。
指をほっそり見せたい人にオススメです♡
ただ、ジェルネイルならば厚みが出るので問題はありませんが、自爪だけの場合は強度が低くなるので注意が必要。
メタリックなカラーが似合います。

 

クールで大人っぽい、スクエアカット

 

爪の先端が真っ直ぐで爪の両端が角になっている形です。
その名の通りスクエア(四角)です。
爪先が真っ直ぐなので負荷が均一にかかり、亀裂や割れてしまう可能性があまりありません。
丈夫なので、お仕事でパソコンのキー入力などが多い方におススメです。

 
文字通り四角くカットされたデザインで、一点に付加がかからないので強度は抜群!
いつも爪の先からネイルが剥がれてくると言ったストレスをお持ちなら、このデザインにしてみましょう♪
ネイルアートが映えるので、魅せる爪にしたい時にも◎!

 

いいとこどり、スクエアオフカット

 

フットネイルはどんな方でもスクエアオフに整えるのが基本です。 

ハンドでも強度がありますし、スクエアオフ好きの方はいらっしゃいます。
海外の方はスクエアオフがお好きな気がします。

フリーエッジ(爪の伸びている長さ)が短い方、 ネイルベッド(爪のピンクの部分)が短い方、 貝殻のような形の爪の方、これらの方には指が長く綺麗にみえるのでおススメです。

 
スクエアカットの角を落とし、丸みを付けたデザインです。
引っ掛かりがないので割れや欠けに強く、ネイルアートにも適した形♡
カットには時間も手間もかかりますが、ラウンドカットとスクエアカットの良いところを併せ持ったデザインなので、人気があります。
おしゃれっぽく見えつつ、オフィスにもOK♡
 
 

この記事のキーワード