複数キーワードは半角スペースで検索!

モードも可愛いも叶える♡セルフでブロッキングネイル♡

オシャレでキュートなブロッキングネイル♡セルフでは難しそうですが、100円でも買える○○を上手に利用することで、簡単に出来ちゃうんです!今回は、ネイルポリッシュver.と、ジェルネイルver.に分けて、それぞれのブロッキングネイルのやり方をご紹介しています♪

この記事を書いた人: spade-4
spade-4
2017年01月30日

モード感たっぷり♡でもキュートなブロッキングネイル♪

 
基本的に直線で構成されるブロックネイル。
シャープでモードな仕上がりにするのはもちろん、カラー次第では可愛くて優しい、ガーリーなイメージにもできるのが魅力です♡
一見難しそうですが、コツさえ掴めばテクニック要らず!
ちょっと使いにくい派手めなネイルカラーも、ブロックネイルに取り入れれば、イイ感じに仕上がりますよ♪
 

モノトーンでクールなイメージ☆ジェルネイルver.

白×黒のコントラストがカッコイイ!!!
モノトーンカラーでとことんクールなブロックネイル★
ブロックアートをするとき、ジェルブラシはスクエアタイプを使うのがコツです。
暖色系で作ってもポップに仕上がって可愛いです。

モノトーンカラーのブロックネイル【ジェルネイル】

 
工程は多いですが、やってみると案外簡単です♪
LEDライトですぐ乾く、ジェルネイルの利点を活かせるデザイン♡
モノトーンで知的に、パステルならキュートに、気分やTPOに合わせてイメージは自由自在♪
 

幾何学模様で差を付ける!

1.まずはベースコートを甘皮周りまでしっかり塗っておきましょう。ベースカラーは、透け感のあるシアーなスモーキーイエローを2度塗りします。はみ出してしまった時は、コットンスティックにリムーバーをつけて修正。

2.ブロックを描く時は、根元から始めるとバランスが取りやすくなります。モスグリーンでスクエアをイメージしてブロックを描きます。

3.モスグリーンのブロックに少し重なるように、ホワイトでブロックを描きます。全体を爪に納めず、あえてはみ出すと形の不具合をカバーできます。

4.グレーでトライアングルをイメージして、ブロックを描きます。発色が薄い場合は、2度塗りしましょう。

5.ブロックの周りにゴールドブラウンのラインテープを貼ります。

6.最後にトップコートを重ねて完成です!

 
周りと差を付けたいなら、三角や四角で構成された幾何学模様のブロッキングネイルはいかが?
全ての指に施さなくても、1本だけでもインパクト抜群のオシャレ感です♡
どうやってやったの?と聞かれること間違いなし♪
 

マスキングテープ×ネイルポリッシュで!

1. ベースコート → マスキングテープを貼る

まずはすべての爪にベースコートを塗ります。

どの部分に何色を塗るかをイメージして、それに合うように先に塗らない部分にマスキングテープを貼ります。

2. マスキングテープの上から、ネイルカラーを塗る

塗り終えたら、乾かないうちにそっとゆっくり剥がします。

3. 塗り残している部分にも、ネイルカラーを塗る

剥がした後に出来た、爪とネイルカラーとの段差を利用すれば、はみ出さずに綺麗に塗れます。

4. 色と色の境目に、ネイルラインテープを貼る

あらかじめ長めにカットしたものを、爪に貼り合わせてから眉用ハサミなどで再度カットするとやりやすいでしょう。
端が浮いてきやすいので、爪楊枝などを使ってしっかりと密着させます。

5. トップコートをたっぷり塗って、完成!

 
 
ネイルポリッシュはジェルネイルと比べて乾きにくいので、ブロッキングネイルには不向きと思われがちですが、マスキングテープを利用すれば、キレイに塗り分けることができます。
ポイントは、色と色との境目にラインテープを貼ること!
これでグンと見栄えがして、ゴージャスな仕上がりに♡
境目が多少乱れていても、隠せてしまうのも嬉しい♪

かわいいマスキングテープで…

マスキングテープネイルが何日持つかは分かりません笑

トップコートでしっかり覆いかぶさないと剥がれやすいかもです

でも、爪に貼るだけだからすごく簡単~

こちらはもっと簡単!
マスキングテープ自体を爪に貼ってしまうという方法です♡
100均ショップでも売られていて、デザイン豊富なマスキングテープ、オシャレに利用しない手はありません!
粘着力が強くないのでモチはあまり期待できませんが、1日だけネイルを楽しみたい方にとっては、とても良いアイデアでしょう♪
仕上げにトップコートを丁寧に塗るのがコツです☆

この記事のキーワード