複数キーワードは半角スペースで検索!

プチプラシートマスクで簡単スペシャルケア♡うるつや美肌になろう

今年の夏も暑い日が続きましたね。
汗による乾燥や紫外線のダメージなどで肌はとても疲れ切った状態。今のうちに肌にもたっぷり潤いを与えてあげないと、また夏から秋にかけて毛穴のトラブルや、乾燥によるシミとシワで悩まされてしまいます。
そこで、毎日の化粧水・乳液に加えスペシャルケアとしてシートマスクがおすすめ!
肌のトラブルを解決してくれるシートマスクで、うるつや美肌になりましょう。
家の近くのドラッグストアでも買える、プチプラで効果抜群のシートマスクをご紹介します。

この記事を書いた人: はな
はな

1. シートマスクの使い方を見直してみよう

1-1. シートマスクを効果的に使っていますか?

ドラッグストアでも手軽に買える人気のシートマスク。使ったことがない女子なんていないぐらいスキンケアの一部になっていますよね。しかし、もったいないからといって長時間顔に貼り付けたままにしていたり、適当な時間で取ってしまったりと、使用方法をきちんと読まずに使っていたりしませんか?スペシャルケアとしてシートマスクを使うのであれば、効果的に使いたいものです。

1-2. どのタイミングで使うの?

実は、シートマスクの『使用方法』をすみずみまで読んで正しく使うことがとても大切なのです。メーカーの開発者が、肌に一番浸透するタイミングや使用時間を調べた結果が『使用方法』になっているからです。『使用方法』に、普段のスキンケアのどのタイミングで使うのかが記載されていれば問題ないのですが、記載されていない場合は「洗顔の後?」それとも「普段のスキンケアの後?」と悩んでしまいますよね。シートマスクは、基本的に美容液の役割になります。化粧水で肌をしっかりと整えてから、シートマスクをつけることをおすすめします。シートマスクの後は、しっかり美容成分を浸透させるために乳液やクリームでフタをすることを忘れないで下さい。また、『使用方法』に「洗顔後」と書いてあるシートマスクは、洗顔後に使用するようにして下さい。

2. もうシートマスク難民にならない!

シートマスクといっても種類が豊富なのでどれを選べばいいのか悩んでしまいます。

お風呂で使えるタイプから、スキンケアがシートマスク一枚で完結してしまうものなど、最近では忙しい女子にピッタリな物まで多数揃っています。

悩んでしまって結局買えなかった…。ということにならないためにも、いつ使いたいのか、どんな肌トラブルを解決したいのかを考えてから選ぶようにしましょう。

正しい使い方や、忙しい女子におすすめの美容成分たっぷりのシートマスクをご紹介します!

2-1. 汗で開いてしまった毛穴をレスキュー!『お米のマスク』

プチプラ(シートマスク)

via お米のマスク

毛穴ケアにはドラッグストアでも手軽に買える「お米のマスク」がおすすめです。インパクトのあるデザインなので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。厚めのシートマスクには100%国産米由来成分配合のライスセラムが配合され、乾燥毛穴肌を整えてくれます。まるで炊きたてのお米みたいなふっくらもちもちの肌へと導いてくれます。

ライスセラムとは、100%国産米の自然の恵みでもある「米発酵液」「米ぬか油」「米セラミド」「米ぬかエキス」のことで、潤いを与え肌の調子を整えてくれます。

毎日使えるシートマスクで、洗顔後すぐに使うことをおすすめします。つけている時間は5分ぐらいでいいので、忙しい朝にも使えそうですね。

2-2. 入浴タイムにじっくり使える『炭酸パックマスク』

プチプラ(シートマスク)

via 炭酸パックマスク

1日の疲れを癒す大切なバスタイム。リラックスしているお風呂でゆったりシートマスクを貼って美肌ケアができたら最高ですよね。しかし、お風呂でシートマスクをすると、剥がれやすく、老廃物を出している時なので美容成分が肌に浸透しないイメージがありませんか?

実は、お風呂で使うことをおすすめしているシートマスクもあるのです!「炭酸パックマスク」は乾いているシートを水で濡らすと、できたてのビタミン&炭酸や酵素が発生する新感覚のシートマスク。炭酸のシュワシュワとした使用感も気持ち良く、すっきり爽やかになれます。5分経ったらシートマスクを外して水で洗い流し、お風呂上がりはいつものスキンケアでお手入れをすればOK。

入浴中の時間を有効に使えるのも嬉しいですね。

2-3. 日焼けをした肌に念入りケア『肌ラボ 白潤プレミアム薬用浸透美白ジュレマスク』

プチプラ(シートマスク)

Via 白潤プレミアム 薬用浸透美白ジュレマスク 

海やプール、キャンプにフェス…。アウトドアで沢山楽しんだ後に気がつくと、日焼けをしていた💦なんてことはありませんか?急いで集中的に美白ケアをしないとシミができてしまいます。美容成分がたっぷり入っているシートマスクで綺麗な肌を保ちましょう。

こちらのシートマスクは、美白美容液の抗菌作用があるトラネキサム酸が配合されているほかに、2種類のうるおい成分であるヒアルロン酸とビタミンC誘導体、ビタミンEがジュレ状のマスクにたっぷり凝縮されています。メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐとともに、保湿効果も得られる優れものです。

洗顔後、10分ぐらい肌に密着させます。外した後は、美容液や乳液、クリームなどでいつものスキンケアをして下さい。

2-4. 毎日続けて美肌ケア『ルルルンプレシャスRED 濃密保湿のRED』

プチプラ(シートマスク)

Via LuLuLun Precious RED

最近ではドラッグストアなどで大容量のシートマスクをよくみかけます。

「これからは、貼る化粧水」というキャッチコピーの「ルルルン」のシートマスク。大容量タイプなので、気兼ねなく毎日の化粧水代わりに使うことができます。

年齢による肌の悩みでもあるエイジングケアや、乾燥による小ジワの対策ができるシートマスクです。

大人の肌の悩みは毎日コツコツとケアをすることが大切です。

日本生まれの美容成分の酒粕エキスや、発酵酵母細胞壁エキスの発酵の力で、肌の奥深く、角層のすみずみまで潤うことができます。米ヌカ油、米セラミド、紫玄米ヌカエキス、加水分解米エキスの4種の米由来成分が肌のキメを整え、ピンとしたハリのある肌を取り戻してくれます。米ヌカ油、ツバキ種子油の2つの天然由来オイルが贅沢に配合され、ゴワゴワした大人肌を柔らかくし、豊かな潤いまで与えてくれます。

洗顔後、10分ぐらい肌に密着させます。外した後は、美容液や乳液、クリームなどでいつものスキンケアをして下さい。

3. シートマスクを正しく使ってうるつや美肌に

3-1. 肌のために使用時間を守ろう

シートマスクは使用方法を誤ると、なかなか思うような効果が得られません。ついつい「まだシートマスクに潤いがあるから大丈夫」と思って、長時間つけてしまいがちですよね。長時間つけたままにすると、シートマスクが乾き出し、お肌の水分を奪い始めてしまうのです。使用時間は必ず守りましょう。くれぐれもそのまま寝てしまった💦なんてことのないように気をつけて下さい。

3-2. さらに効果をあげて秋もモテモテのうるつや美肌に

シートマスクの前に、蒸しタオルで毛穴を開いてから使うとシートマスクの美容成分がぐんぐん入ってくれます。もちろん入浴後も毛穴が開いている時なので、バッチリのタイミングですよ!美容成分を余すことなく取り入れ、潤いとツヤのあるモテモテの美肌になりましょう。

自分の肌へのスペシャルケアであるシートマスクを無駄にしないで、夏の疲れた肌を元気なふっくらツヤ肌にしてあげましょう。

この記事のキーワード