複数キーワードは半角スペースで検索!

後悔するよ!?守れ美白肌~!夏の女子旅で絶対焼かないコツ♪

待ちに待ったサマーバケーションの季節が到来!でも浮かれてばかりはいられません。炎天下のレジャー先には、お肌の天敵となる紫外線が矢のように降り注いでいます。レジャーはがっつり楽しみたい!でも絶対焼きたくない!そんな女子必見のコツが満載、必見です!

この記事を書いた人: 天然果汁
天然果汁
2016年06月10日

そもそも紫外線って?肌にどんな影響を与えるの?

太陽の恵みと言うけれど…

白肌を守りたい女子には天敵です…

via www.bing.com

 
紫外線とは
紫外線とは地球上に降り注ぐ太陽光線の一種(電磁波)のことです。
紫外線は波長の長さにより、UVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)に分けられます。
 
UVCは大気に阻まれ地上に届くことはありませんので、UVAとUVBが私たちが日常意識することなく浴びている紫外線ということになります。

via 紫外線とは UVケア 紫外線対策情報

 

「UVA」は、日ざしを浴びた後に、肌をすぐ黒くする紫外線です。雲や窓ガラスなども通過して、肌の奥深く真皮まで届き、シワやタルミなど肌の光老化を促す原因となります。

via 紫外線の肌への影響 | 日本化粧品工業連合会

 
肌を赤くする紫外線B波(UVB)
 
長時間の日光浴で肌が真っ赤に焼けたり、水膨れができたり…。このように肌が赤くなる日やけ(サンバーン)の主な原因となるのが紫外線B波(UVB)です。
UVBはエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすので、皮膚ガンやシミの原因になります。
ただし、波長が短い分、紫外線A波(UVA)に比べるとオゾン層や上空の雲に阻まれ、地上に到達する量は全紫外線量の約10%と少量です。

via こわいのはどっち!?紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB) | ロート製薬: 商品情報サイト

 
紫外線とひと言でまとめても、波長が異なるA波とB波があるんですね。
しかし、どちらも肌に悪影響を与えるという性質は持っています。
両方きちんと防ぎたいですね。
 

UVAとUVBが起こす肌への影響

UVAは肌の弾力を無くしてシワを作り、UVBはシミの素となります。

via www.bing.com

 

皮膚が紫外線を浴びるとまず、角質層が紫外線を反射して、体内に入り込む量を少なくしようと頑張ります。その角質層をくぐり抜けて内部に入ってきた紫外線に対しては、メラノサイトがメラニン色素をつくり出して紫外線を吸収し、真皮への侵入を防御します。
 直射日光を浴びた皮膚の内部では、メラノサイトがめいっぱい働いて、メラニン色素が増大し、皮膚の中に沈着して肌の色が次第に濃くなるというのが日焼けのメカニズムです。嫌われもののメラニン色素も実は、紫外線から皮膚細胞が破壊されることを防ぐという大切な役割を果たしているのです。

via 日焼け | 日焼けのメカニズムを教えてください! : 対策・ケア – セルフドクターネット

 
日焼けによって肌が黒くなるのは、紫外線から肌を守ろうとした結果なんですね。
けれども、美白肌を守りたい女子にとっては、メラニンの働きは厄介です。
 

日焼けを防ぐには、やっぱり日焼け止め!でも、SPFって?PAって何?

SPFとはSun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で紫外線防御指数とも言います。
UVB波の防止効果を表す指標です。
紫外線を浴びた際にできる皮膚赤い斑点ができるまでの時間を何倍に長く出来るかを表したものです。

via SPF(紫外線防御指数)とPA(UV-A防御指数)

 
日焼け止めを塗らずに紫外線を20分浴びると、日焼けして赤くなるとします。 この日焼け止めを塗らない状態を「SPF1」とした場合に、「SPF25」はこの25倍の時間、日焼けを防ぐ効果を得られるということを表しています。
 
この場合は「SPF25」は20分の25倍で500分間紫外線から守る効果が得られるということになります。

via 【日焼け止めのSPF・PAとは】PPD・UVAロゴについても – 日焼け止めで美人肌

 
つまり、スッピンでは20分で日焼けしてしまう状態でも、SPF25の日焼け止めを塗っておけば、その25倍、約8時間日焼けを防止する効果が期待できるということです。
 

PAは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略主にUV-A(紫外線A波)の防止効果を表す目安の数値です。+の多さがUV-Aに対する効果の高さを示します。

via 日焼け止めのSPF・PAの意味と選び方-ドクターシーラボ公式通販

 
こちらは、+の数が多いほど強力で、肌が黒くなりにくい効果を期待できるということです。
 

そんな怖い紫外線から肌を守るコツは?

効果の高い日焼け止めを

普段よりもSPFとPAの値が高いものを用意した方が良さそうですね。
日傘や帽子、サングラスなども用意しましょう。

via geena.pics

 
解放感から、つい気が緩みがちになりますが、海や山などでは街中よりも紫外線の量がグンとアップしています。
秋になってから肌トラブルに悩まされないよう、きちんとガードしておくために、日焼け止めの効果的な塗り方を覚えておきましょう。
 

顔全体でこれくらい

優しく肌に乗せていくイメージで

via hadalove.jp

 

日焼け止めを正しく塗るために大切なのは「量」です。

使用量が少ないと、日焼け止めはムラになりやすくなってしまいますし、本来の役割を果たせません。

日焼け止めの適量は、1平方センチあたり2mgとされており、この量をつけて初めて日焼け止めのSPF値・PA値が表示通りに働きます。

顔全体だと、およそ0.8gが日焼け止めの適量となり、これは500円玉の大きさと同じくらいの量です。

この量を一度に塗るのは難しいため、半分の量を2回に分けて重ね付けをし、適量を使うことが日焼け止めの正しい使い方です。

via 紫外線から肌を守らなきゃ!!正しい日焼け止めの塗り方

 
結構たっぷりな量です。
2~3回に分けて塗るとムラも防げます。
 

SPF50でも注意書きで2時間~3時間程度の間隔で塗り直しましょう!と、記載されています。SPF50をつけているから安心!長時間対応できるから塗り直さなくても大丈夫っと、思っていることが一番危険だと思っています!!

via 日焼け対策!日焼け止めの選び方&塗り方[美ログ] | スキンケア大学

 
SPF値がいくら高くても、汗や水で流れてしまったり、擦れて取れてしまったら何の意味もなくなります。
肌を守るためには、面倒がらずにせっせと塗り直してあげましょう。
メイクの上からなら、パウダータイプの日焼け止めが便利です。
 

顔だけではなく、ボディにも日焼け止めを

ボディも隅々まで

via www.skincare-univ.com

 

顔も体も日焼け止めをバッチリ塗ったつもりでも、意外と忘れがちな部分があります。

それは、耳の裏や足の甲。

耳の裏が焼けてしまいヒリヒリした経験がある方、うっかり足の甲がサンダル焼けしてしまった経験がある方は多いのではないでしょうか?意外と忘れがちな細かい部分にも気を配って日焼け止めを塗りましょう。

また、頭皮や髪も紫外線の影響を受けやすいため、日焼け止め効果があるヘアスプレーやトリートメントを使用するのがオススメです。

via 正しい日焼け止めの塗り方・4つのポイント | ハウコレ

 
隅々まできちんと塗って、クリアな白肌を守りましょう!
ついでに髪もガードしておけば、周囲との差をグンと広げられます。
ボディや髪には、広範囲に散布できるスプレータイプが最適でしょう。
 
いかがでしたか?
日焼け止めはこまめに塗り直し、且つ塗りムラや塗り忘れがないようにすることが、美白肌をキープするコツのようですね。
しっかり紫外線ガードして、夏旅を楽しんでくださいね!

この記事のキーワード