複数キーワードは半角スペースで検索!

手ぬぐいリメイクグッズ☆作り方特集

速乾性に優れ、タオルほどかさ張らないためカバンの小さなスペースに入れることができる手ぬぐい。手ぬぐいは汗をかきやすい夏にこそ使ってほしいアイテムでもあります。そんな手ぬぐいをリメイクして作るアイデアグッズを大公開!!作り方と一緒にお伝えします♪

この記事を書いた人: osaru
osaru
2017年07月04日

手ぬぐいって?

手ぬぐいは、木綿100%でできています。少し粗めの糸で織られた「さらし」からできているので、濡れたらなかなか乾かないタオルと違って、絞って干せばすぐに乾いてくれます。夏なら10分もあれば、元通り!ですから、雑菌も抑えることもできて、常に清潔に使うことができます。

 

手ぬぐいの利点はタオルに比べて速乾性があり、大きいサイズでもかさ張らないので持ち運びに便利ということが挙げられます。

汗をかく夏場はとくに重宝しそうですね!

そんな手ぬぐいは100円SHOPで買うことができます。

豊富な品揃え

最近では100均に売られている手ぬぐいの種類も豊富でかわいいものばかり。

お店によっても置いてある手ぬぐいの柄が異なっていたりするので、いろんな100円SHOPを回ってみるのも楽しそう。

100円ショップ……と侮るなかれ! 切りっぱなしではなく、端がちゃんと縫ってあるのでほつれにくいんです。

 
それではさっそく、手ぬぐいリメイクグッズを見ていきましょう!

コースター

 
冷たい飲み物を注いで汗をかいたグラスを載せるのに最適なコースター。
この季節にぴったりの簡単に作れるプチプラDIYアイテムです!
 

主婦のミシン 簡単コースターの作り方

10分あればササッと作れます。
 
 
ミシンがないという方は、手縫いでコースターを作ることもできます。
1.お好みの大きさに切り取った正方形の手ぬぐいを2枚用意。
2.表にしたいほうを内側にしてまち針で留めます。
3.淵から約1センチほど内側を縫い付けていきます。このとき1辺だけあとで裏返せるように少しだけスペースを空けておいてください。
4.裏返して角も整えます。
5.仕上げに開いている部分を縫い付けたら完成です。

ティッシュカバー

 
こちらの手ぬぐいを使ったティッシュカバーは裁縫の手間もありません。
お好みの柄の手ぬぐいで市販のティッシュ箱を包んでいるだけなので、季節や気分に応じて手ぬぐいを交換できます。
 

手ぬぐいでかわいすぎるティッシュカバーが出来る!

こんなに簡単なのに結び目がアクセントになっていてオシャレでかわいい!
 

あずま袋

 
風呂敷包みのような見た目の「あずま袋」。
ミシンを使って手ぬぐいを2カ所直線縫いするだけで出来てしまうので、おすすめです。

あずま袋の作り方

 
大容量で持ち手がしっかりしているので、普段使いのエコバッグとしても活用できます。

エコバックとしても使えます。大容量なのに、小さく畳めて邪魔にならない。ホント、出来る子!

暖簾

 
100均のつっぱり棒などをセットで買えば、即席の暖簾としても活用できます。

リメイクと、いってもミシンで縫って突っ張り棒を通しただけですが…★(^○^)

タペストリー

 
飾り気のない部屋の壁にひとつあるだけでも違うタペストリー。
 
 

必要な材料は
・手ぬぐい
・セリアなどにある木製丸棒×2
・眼鏡ストラップ

道具として
・布用両面テープ
・ノコギリカッター(100均)

作り方
丸棒を、てぬぐいの幅+6cmのところでカットします。
大きなノコギリじゃなくて、100均にもあるカッターナイフ型の簡単ノコギリでカットできます。 

てぬぐいの端に両面テープを貼り、

丸棒の両端を均等にはみ出させ、包むように接着。反対側も同じようにします。

ここが 見栄えをよくするポイント

眼鏡ストラップをてぬぐいの上側にくる丸棒に装着。

完成

 

手ぬぐい掛け軸素敵です。部屋の雰囲気が柔らかくなりました。色々手ぬぐいを替えて楽しめそうです。

がま口ポーチ

続いては手ぬぐいを使ったがま口ポーチ。

口金の部分も100円SHOPで売られており、型の取り方や作り方の説明書などが同梱されていますので、そちらも参考にしましょう。

 

【ハンドメイド】がま口ポーチの作り方♪

口金のサイズを変えれば小銭入れはもちろん、化粧ポーチだって作れます。

がまぐちを作ってみたいけど、なんだか少し難しそうと敬遠している方もいらっしゃると思いますが、
ポイントさえ押さえると、意外と簡単・綺麗に仕上げることが出来ちゃいます!

トイレットペーパーホルダーカバー

 
すでにカバーを付けている人も多いかもしれませんが、夏仕様にしてみるのはいかがですか?

①自宅のトイレットペーパーホルダーの幅を測ります。
②手拭いを自宅のトイレットペーパーホルダーの横幅+縫い代分4㎝と長さ84㎝のサイズにハサミで切ります。
③縫い代(1㎝3つ折り)に折り目を付けてミシンで縫います。
④長さ部分の切った方を1㎝で3つ折りにして縫います。
⑤長さ部分の縫った方から44㎝の部分に折り縫い付けます。
これは、予備の収納部分に当たります。
⑥反対側を13㎝に折って輪になっている方と両サイドを縫います。
⑦更に13㎝に折って輪になっている部分を1㎝下がって縫うと完成です。

 
今回ご紹介したものは手ぬぐいリメイクグッズのまだほんの一部。
手ぬぐいの魅力に気付いたあなたは、ほかにもどんな手ぬぐいを使ったリメイクグッズがあるのか調べてみてくださいね!
 

この記事のキーワード