複数キーワードは半角スペースで検索!

意外に簡単!?おしゃれでかわいい☆ユニット折り紙で作る多面体の折り方

折り紙でひとつのパーツを複数個作って組み合わせた作品のことを「ユニット折り紙」といいます。ひとつの作り方さえ覚えてしまえば、あとは同じものを繰り返し作っていくだけなので、誰でも簡単に写真のように綺麗な多面体が作れます!思わず見入ってしまうから、お部屋にさりげなく飾っておけば、お客さんとの会話が盛り上がるきっかけにもなりますよ☆

この記事を書いた人: spoon
spoon
2017年07月28日

ユニット折り紙とは?

ユニット折り紙(ユニットおりがみ)は、紙を折り曲げることで比較的簡単な構造(ユニット)を多数作り、これを組み合わせて形を作るタイプの折り紙作品である。多面体折り紙ともいう。

 

ユニット折り紙とは、不思議な折り紙です。 
折り上げた一つのユニットからは、想像できない組上がりの姿。 
同じユニットで同じ枚数でありながら、組み方を変えればまた変化する。 
そんな、ユニット折り紙の世界をあなたも味わってみてはいかがでしょうか。

 
 

これらの作品はどれも同じひとつのパーツ(ユニット)から作られていますが、組み合わせる枚数や組み立て方を変えることによってこれだけさまざまな形の多面体を作ることができます。

もちろんここに載っているのはほんの一例。想像次第でより独創的な作品を作ることも!

 

私も小学生のときにはまって、色んなパターンを折ってみたり。
このユニット折り紙は、小学生以上なら簡単にできます。組みもしっかりしているので、キャッチボールくらいでは壊れません。組み合わせ方も工夫のし甲斐があります。

和紙を使えば…

 
普通の折り紙ではなく和柄の折り紙を使って作れば、また違った上品な仕上がりになります。
 
 
表は柄あり、裏はカラーの折り紙で作ると、このような仕上がりに。
さまざまなパターンに変えて作るのも面白そう!
 

ピアスとしても

ユニットピアス

両三角錐のユニット折り紙にフックピアスをつけることも。

お祭りが多いこの季節。浴衣に和紙で作ったユニットピアスをつけて、まわりと差をつけちゃいましょう♪

上級者になるとこんな作品も…!

 
こちらはユニットを組み合わせてリング状に組んだものです。
形といい色合いといい、もはや芸術作品。
 
 
こちらは「鶴の24面体」。ユニットの片側だけ鶴のかたちに折ることでこのような作品を作ることも。
 
 
こちらは中心が空洞になった立方体。
ユニットの数も相当数必要となるので、折るのも大変…。
それでも挑戦してみたい方はぜひチャレンジを!
 
それではさっそく次のページから「ユニット折り紙」の作り方を見ていきましょう!!

折り方

このページでは比較的シンプルである24面体の折り紙ユニットの作り方に絞ってお伝えします。

まず、同じサイズの折り紙を12枚用意しましょう。
一般的なサイズである15cm四方の折り紙でもいいですが、そちらを四等分したサイズで作ったほうが、完成したときにコンパクトで置き場所に困りませんよ♪

補足:③は戻さなくてよい

図のとおりに折っていけば、あっという間にユニット(パーツ)が作れます。
完成形は複雑な形をしているのに、折り方がこんなに簡単だなんて驚きです!

 

こちらが完成したユニットになります。
折り紙一枚でひとつのユニットが作れるので、24面体では12個のユニットを作ることになります。

※上記の図でとは見た目が若干異なっていますが問題ありません。

 

組み立て方

via weboo.link

それぞれのユニットが完成したら、次は組み立てです。

ユニット3つをワンセットとして合計4セット作り、さらにワンセットずつ組み合わせていきます。

 

作るときのコツ

ついでに、素人なりに折りまくった末にたどり着いたコツを・・・

1.折る際、パーツの向きを全て揃える。
(向きが逆のパーツがあると組み上げることができません、、、)

2.折り紙が湿気てしまったら、形が綺麗に仕上がりにくい。
(特に手汗がひどいと苦労します、、、)

3.市販の折り紙のサイズ(150mm×150mm)の4分の1のサイズ(75mm×75mm)でつくると完成品のサイズ感がちょうどいい。

(大きい折り紙でつくると迫力あって良いですが、置き場に困ります、、、)

4.ぶっちゃけ角が揃っていなくても組んでいくと十分ごまかせる。

 (だから不器用な私でもハマってしまったんです、、、)

 
 

立体を作るために一番大切なことは基本の折りをきちんと折ること。紙を合わせることはもちろんのこと、折る個所は力を入れてしっかりと折り目を付けることが肝心です。それを守れば組み立てるときにも隙間なく組み立てることができます。

【ハンドメイド】ユニット折り紙「12枚で作る24面体のくす玉」折り方・作り方 How to make a 24-tetrahedral unit origami

上記の説明でわかりづらい方はこちらの動画を参考にされてください。

(動画よりもさらにユニットの折り目をしっかりとつけてあげると、フォルムがより整って崩れにくく綺麗な仕上がりになります。)

 

折り紙のくす玉 薗部式 3ユニット 折り方 Origami Kusudama sonobe 3units

こちらは両三角錐のユニットピアスを作るとき用にどうぞ。

 

こんなミニチュアサイズだって

なんとこちらは2.5cm四方の折り紙で作った折り紙ユニット。
完成すると一円玉大の大きさに!

組み立て時にピンセットなどを使えばこんなに小さくてかわいい作品も作れちゃうんです。

標準サイズのユニット折り紙を作るのに慣れてきたら、こちらもぜひ挑戦してみてくださいね!

 

 

さて、みなさんは上手く作れましたか?
コツさえつかんでしまえばパズル感覚で楽しく作れる「ユニット折り紙」。

完成したら、さっそくお部屋に飾って友だちに自慢しちゃいましょう♪

この記事のキーワード