複数キーワードは半角スペースで検索!

【HOW TO】時短の神!素早く綺麗にネイルを塗るポイント集

忙しいアナタにおすすめなのが「時短ネイル」です♡今回、シールを使った方法やつまようじを使った方法をご紹介しようと思います!とても簡単なものからちょっと工夫したものまで様々!あなたはどれに挑戦しますか?♪

この記事を書いた人: チョコクッキー
チョコクッキー
2016年06月27日

時短ネイルを楽しもう♡

忙しいけどネイルはしたい・・・。
そんなアナタにおすすめなのが「時短ネイル」です♡

本当に簡単なものからちょっと工夫したものまであるのでご紹介しますね^^♪

 

シールを使ったデザイン集♪

「ネイルシール」といっても、自分で切ってデザインするものもあれば、もともと爪の形になっていて爪にそのまま貼ればいいものもあり、また、好きな画像をネイルシールに加工できるサービスなどもあります♡

今回は、自分でシールを切ってデザインする方法をご紹介します♪

 

自分で切って張る♡ ~お花柄~

 
 

やり方をご紹介♡

まずベースコートを塗ります!

ネイルシールをハサミで端を少し切り3枚を爪に貼ります

シールがはみ出していると剥がれる原因になったりもするのではみ出ないように★

ネイルシールをただ貼るのでは無くフレンチのカーブを意識して貼るのがポイントです!

最後にトップコートを塗って完成です\(^o^)/

このネイルの特徴は乾かし待ちがほぼゼロな所です!
ベースが乾いたら
ネイルシールを付けたらすぐトップコートを塗って大丈夫です

 
最近は安価でネイルシールが手に入れられるので良いですよね♡
 

自分の爪に合わせて貼るだけ♡ ~ラメ入りゴールド~

 
 

やり方をご紹介♡

28枚のシールの中から、爪の横幅サイズに合うシールを選び、あま皮から1ミリほど開けて貼り、爪の先は、シールがはみ出た状態にします。

あまりに多くはみ出た分は、先にハサミでカットしておいて、付属のネイルファイル(爪ヤスリ)を、爪の内側に沿って、強めにこするように当てます。
はみ出たシールを、ネイルファイルでちぎっていく感じ。

なんとこれが、きれいに爪の形に整って、シールだとは思えない、塗ったネイルのような仕上がりになるんです。

 
爪に合わせて切るだけですし、シールは乾かさなくていいので、これこそ時短ネイルです!
 

つまようじを使ったデザイン集♪

ちょっと工夫したい♡という方はつまようじを使った時短ネイルがおすすめ♪

自分の好きなデザインができるのが良いですよね♡

ここで何個かご紹介します!

ダルメシアン柄♡

 
 

やり方をご紹介♡

・白のマニキュアを二度塗りします
・黒のマニキュアを要らない紙にだしておきます
・つまようじを使ってランダムにドットを描いていきます
・キレイなドットよりも、崩れたラフな形の方がダルメシアンらしさが出ます
・マットコートを塗って完成です
あえてドットではなくダルメシアンをご紹介♡
ドットだと同じ大きさにしようと緊張しますが、ダルメシアンだと崩れた方が可愛いし楽ですよね♪
これを応用するとヒョウ柄もできますよ!

水面ネイル♡

 
 

やり方をご紹介♡

ドロップネイルのベースカラーは、皆さん好きなカラーを選んで下さい!!

今回は分かりやすいように、ブルー【AT濃密11】を単色塗りします↓↓

ブルーが乾いたら、上から乳白色を重ねます↓↓

ここからは時間勝負です‼
乳白色が乾く前にササっとやっていきますよー!!!

何でもいいのでクリアのトップコートを、爪楊枝の裏ですくいます↓↓

爪楊枝を直接トップコートの容器に突っ込んで下さい(笑)

ドットを描くように、爪楊枝でトップコートをすくっては、乳白色の上にポンと置いていきます↓↓

トップコートが垂れるほどすくってしまうと、ドロップが伸びすぎてしまうので、すくいすぎないように注意しながら、どんどんドロップを作っていきましょう↓↓

あとはドロップネイルが乾いたらトップコートを塗るだけです(^-^)v

 
夏におすすめの水面ネイル♡
これは時間勝負なので、つまようじを使ったネイルに慣れてからの方がいいかも!
 

速乾グッズを使うのも時短方法♡

速乾トップコート

マニキュアを塗った後に使用します。マニキュアのツヤ感も良くなり、地爪やマニキュアした爪を傷から守ってくれるので、一石二鳥の効果があります!速乾トップコートは、2~3日おきくらいに塗ると、キレイな指先を長く楽しめます。

速乾スプレー

ベースコート→マニキュア→トップコート→速乾スプレーの順に使用します。早く乾くのはもちろん、光沢のある美しい仕上がりになります。

 
「速乾グッズ」といっても、ほんとにスグ!というわけではありません。
ある程度の時間は必要なので、しっかり乾くまで待ってくださいね♪

この記事のキーワード