複数キーワードは半角スペースで検索!

あっ♡可愛い!と思わず見られるDIYブックカバーが今アツい!(いろんな素材で作ろう♪)

本好きがこだわりたくなるブックカバー。傷や汚れから本を守ってくれるものですが、せっかくなら可愛くて目立つものを付けたいですよね。素材も包装紙、布、紙袋など様々です♪だったら、自分だけのブックカバーを作っちゃいましょう!お気に入りのブックカバーを付ければ、読書の時間がもっと楽しくなりますよ。

この記事を書いた人: かぼす
かぼす
2016年06月28日

包装紙で

100均で買ってきた英字新聞風の包装紙で作ったブックカバーです。
お店でもらう包装紙をブックカバーにすればもっと安上がりですね。
縁にマスキングテープを貼ればワンポイントに♪

先ほどダイソーで買ってきた包装紙を使いました音譜

初めてにしてはなかなかうまくいったかな?

これで表紙も守れると思います!!

よかったぁ~DASH!

紙袋をリメイク

オシャレなスターバックスの紙袋をリメイクしたブックカバーはツイッターでも人気ですね。
季節限定デザインもありますので、いろんなバージョンが楽しめそうです。

スタバの紙袋を使ってブックカバーをずっと作りたいと思っていたのでこの際テイクアウトスタバ

初めてブックカバーを作ってみましたん♡

手作りブックカバー -スタバの紙袋編-|ベビーシッター★まみぞ(一児のママ♡)

 
作り方はこちら

ラミネート生地で

ラミネート生地なら汚れや水を弾いてくれるので、外出用にぴったりの素材です。
防水スプレーを振りかければもっと強力になりますね。

 

お気に入りの生地で作ると毎日持ち歩いてて気分が上がる(≧ω≦)♪
けっこう気に入ってます♡

特にお気に入りのポイントはしおりの先につけたチャーム。
これ、ユザワヤで2個入り100円くらいで購入したもの。

こんな可愛いブックカバー、なかなか売ってないんじゃない?(*ΦωΦ*)♡自画自賛 (´ε`;)すみません。。

革で手作り

古い革ジャケットやカバンをブックカバーにしてみませんか。
革のブックカバーっておしゃれだし高級感もあります。
作るのは難しそうですが、一度はチャレンジしてみたいです!

針と糸があれば作れるだろうと思ってたんですが、その道に詳しい知人に相談したら最低限必要な道具があるそうで(;´∀`)
という事で以下の道具をそろえました。

・手縫針(太めの丸針)
・菱目打(3本目)
・手縫糸(蝋付)
・デザインナイフ
・カッターマット
・定規(できれば金定規)
・ハサミ
・カナヅチ
・マスキングテープかセロハンテープ

手縫針は2本同時に使うので最低でも2本以上は準備しましょう。
菱目打はずらしながら均等な間隔で綺麗な縫い目を作れるので、3本目以上のものを選んでおくと無難だそうです。

ID-Blogger: 革小物~ブックカバーの作り方

 
作り方はこちら
 

手ぬぐいブックカバー

切らない、縫わない、折って包むだけのブックカバーです。
本の厚みにも対応できます。

 

多少ゆるめに折るより、本のサイズぴっちりに折った方がよさげ。新書の方はちょっとゆるめに作ってみたら、見るからにゆるそう。それを受けてぴっちり折ったのが左の文庫の方。こっちのが持った感じもいい。

まだあんまり手拭い持ってないんだけど、どんどん買っていきたい。

余ったクリアファイルをDIY

ブックカバーはかけたいけど表紙は見えたほうがいい、という人にオススメです。
 
折り目部分で表紙をしっかりホールドするから、紙や布製のものに比べてスポッと外れる心配がないのもメリットだ。ただし表紙の厚み分の折りしろを想定していないため、数ミリの厚みがあるハードカバーの本には向いていない。折り目を入れる際、厚み分の折り目を2本追加で入れると、ハードカバーにも使えるだろう。

 

必要な大きさにクリアファイルをカットし、折り目をつけるべき部分は、カッターでうっすらとキズを入れただけなので、とても簡単にできました♪

ニット素材

ニットのブックカバーは考えたことがありませんでした。
余った毛糸の消費にも良さそう。
寒い季節にピッタリですね!
 
ベルベットのリボンと手編みニットの手触りは冬の雑貨の楽しみのひとつ。
お気に入りの小説を開くのがもっと楽しみになりますように。

好きな布で

こちらはリバーシブル仕様です。
外ベルト式なので、本を読んでいてもゴワつきが気にならないそう。
自分好みにデザインできるのもDIYの強みですね。
 
布だけの方はペラペラで、持ち歩くとシワになり易い。
触り心地は柔らかいのでこっちの方が好きなんだけど、持ち歩くならば芯地付きのパリッとした方かな。

使わなくなったネクタイが変身!

古くなったネクタイで作ったブックカバーです。
シックな柄がオシャレですね!
タグはペンホルダーになりました。
 
ネクタイをほどき、芯を抜き、アイロンをかけると、一枚の布になります。
太めのネクタイであれば、このようなブックカバーサイズの布がとれるので、少し大きめのモノも作れます。
縫わずに貼るだけで、カンタンにつくれますよ♪
ネクタイならではの柄は、意外と、布としては珍しい柄なので、その魅力を味わえます。

フェルトで

縫うのが苦手な場合は、接着タイプのアップリケをアイロンで貼り付けるのもいいと思います。
切りっぱなしで端の始末をしなくてよいフェルトが大好きです。
フェルトは、気軽に手作りを楽しめる、とても素敵な素材ですので、おすすめでございます。

この記事のキーワード