複数キーワードは半角スペースで検索!

捨てるの待って!いらないデニムをDIYで劇的に変身させる!

サイズが合わなくなったデニムがタンスの肥やしになっていませんか?!捨てるの待ってください!!デニムは加工しやすくて丈夫なアイテムですよ!思い切ってDIYしちゃいましょう♪今すぐ真似したくなるようなおしゃれアイテムと簡単なリメイク方法をご紹介します。

この記事を書いた人: momoko
momoko
2016年07月05日

ジーンズは丈夫だからリメイクして長く使える

 
リメイクしたけれど生地が古かったり弱かったりして長く使えないアイテムではリメイク損になってしまいますが、ジーンズはとても丈夫なので長く使えます。
世界で一番有名な「服」、ジーンズ。量産着、しかもワークウェアとして誕生しながら、今や世界一愛されるファッションアイテムとなった。
ゴールドラッシュに沸くアメリカで、労働者のために、まず「丈夫であること」を突き詰めたのがジーンズだった。2頭の馬に結びつけ、左右に引っ張っても裂けなかったほど! この逸話は、リーバイス社が自社商品のパッチ部に刻印する〝ツーホース〞として知られている。
 
ジーンズの長所を挙げると
■丈夫で長く使える
■使えば使うほど味が出る
■季節を問わない
■どのようなデザインにもだいたい合う
といったところでしょうか。アレンジする上でかなりの優れものです。
 
 

今すぐ真似したいリメイク事例集♪

トートバッグ

とてもおしゃれです♪
ポケットもそのまま利用できていいですね。
 
 

ボディバッグ

ボディバッグにするというアイデアが凄い!
形そのままで切ってミシンで縫うだけなのでリュックを1から作るより簡単です♪
 
 

キーホルダー

とても可愛いです♪
友達にプレゼントしたら喜ばれそうです!
 
 

ヌイグルミ

ジーンズで作るとクールです!
 
 

アクセサリー

カジュアルな中にフラワーモチーフの上品さが光る逸品です。
 
 

こたつふとん

男前インテリアです♪
 
 

ティッシュケース

ポケット部分を活かした作品です。
 
 

ウォールポケット

ポケットを縫い付けただけの超お手軽リメイクだけれどクォリティ高く仕上がっていて満足すること間違いなしです♪
 
 

ランチョンマット

カトラリー部分はポケットを再利用してもいいですね。
 
 

ガーランド

ガーランドでテンションを上げましょう!
 

リメイクしてみよう!

デニム缶

ペンたてに最適です♪
 
【材料】
好きな大きさの缶1つ
いらないジーンズ1つ
【道具】
グルーガン
【作り方】
①ジーンズを好きなように解体する。あたしはベルトと左右のポケット、前のチャックの部分(ファスナーは取り除いたもの)を使いました。
②缶の大きさに合うように、ジーンズを切って、出来上がりをイメージして合わせてみる。
③あとはグルーガンで貼っていくだけです。
 
道具にグルーガンと記載されていますが、ボンドで代用できます。
ポケット部分を加工するとおしゃれに仕上がりそうですね♪
 

ウォールポケット

上部に穴開け加工がしてありますが、ベルト部分を利用すれば壁に掛けることができるので穴あけ加工は不要です。
ミシンがなくても布用ボンドで付けることができます。
【材料】
・布か不要なジーンズ(ベースになる布)
ジーンズ生地でなくてもおしゃれです。
・必要なだけのポケット
・太めのひも(掛ける用)
・布用ボンド(ミシンを使わない場合)
【作り方】
①ベースとなる部分を加工します。
ジーンズは解体し平面に縫い合わせ四角にカットします。(下記画像参照)
ミシンを持っていない場合は布用ボンドで付けます。
②ポケットを付けます。
③ひもを通したら完成です。
 
 

布の裏

端は切りっぱなしでもかっこいいです。
 

ステップアップ

かばん作りに挑戦してみましょう!

 
①ジーンズ股下4cmでカット
②股部分をミシン目に沿ってカット
③ジーンズのファスナー部分がサイドにくる様にずらし バッグの形を整え股部分を縫いつける。
④中表にして 底を縫う。(5cmのマチをつける。)
⑤裏生地を作る。
⑥裏生地にポケットをつける。
裏生地は中表のままジーンズバッグにあわせる。
⑦裏生地が5mmジーンズの縁から出した状態でマチ針で固定
⑧持ち手を作る。
⑨持ち手をつける。(裏生地と ジーンズの間に縫い代1cmで挟む)
(中心12cm~14cm間隔をあけて)
⑩裏生地とジーンズを縫い合わせる。
(持ち手部分は返し縫いするようにすると頑丈になる)
 
ベースができているので、底を縫ったり裏布や持ち手を足したりするだけです。
あえて裏布なしでも可愛いかもしれません。
 

②の画像

 
 

⑩の画像

 

まとめ

ジーンズは加工しやすいのでリメイクに向いています。また、ミシンがなくても布用ボンドで付けることができます。
プチプラで可愛くなるのは間違いないので、家に眠っているジーンズがあれば挑戦してみてください。

この記事のキーワード