複数キーワードは半角スペースで検索!

女子旅で行きたい♪関東でおすすめの温泉はこちら!

女子旅だからこそ楽しめるのが温泉♪女同士で温泉に浸かりながらガールズトークに華を咲かせましょう。そして、温泉宿のおいしいお料理に舌鼓を打ち、温泉街の雰囲気を満喫すれば、身も心も癒されますね。今回、女子旅で行きたい関東のおすすめ温泉をご紹介します。

この記事を書いた人: happeena
happeena
2016年10月24日

箱根強羅温泉

 
強羅温泉は大涌谷からの引き湯した乳白色の温泉(酸性-硫酸塩泉)早雲山から引き湯した温泉(単純硫黄泉)を中心に、単純温泉、塩化物泉、炭酸水素塩泉など多種多様の温泉を同一地域内で堪能することの出来る箱根でも有数の温泉場です。

【温泉宿】強羅花壇

1度は泊まってみたい、ステキなお宿、強羅花壇。
 
富士箱根伊豆国立公園に位置し、明治、大正期には政財界人や文人の別荘地として栄えた強羅温泉は豊かな泉質を誇ります。強羅花壇では3本の源泉を所有しており、内2本は庭園内より湧出する自家源泉です。
 
全国各地より厳選された食材に相模湾・駿河湾より獲れたての新鮮な魚介類を用い、四季の彩りを映した目にも鮮やかな本格懐石料理。
また、日本酒、焼酎はもとより、品質の高いシャンパンやワインなどを品数豊富に揃えております。

【スポット】箱根強羅公園

強羅公園内にある箱根クラフトハウスでは、吹きガラスや陶芸などの体験ができます。

また、歴史ある茶室、白雲洞茶苑の名物は茶の湯です。
お抹茶と和菓子が付いて500円と、気軽にお茶を体験できて人気ですよ。

 
箱根登山電車の終着駅、強羅に大正3年(1914年)に開園された、日本初のフランス式整型庭園です。フランス式整型庭園とは、平坦で広大な敷地に左右対称に幾何学的に池などを配置した特徴がありますが、強羅公園は傾斜面に作られています。
広い空と山々に囲まれた開放的な園内には、様々な花が植えられており、花の名所でもあります。
また、熱帯植物館や茶室、体験工房などの施設もあり、いろいろな体験を一度にできるのが魅力です。

那須温泉

 
那須温泉の開湯は、1380年前というのが通説。猟師に撃たれた鹿が、温泉に浸かり傷を癒したという伝説が残る「鹿の湯」がもっとも古く、続いて、大丸温泉や北温泉、弁天温泉など次々に計7つの源泉が発見され、「那須七湯」と呼ばれています。源泉ごとに泉質が異なり、効能も違うので、宿を選ぶ際のひとつ要素として知っておくのもお奨め。湯巡りにも最適です。

【温泉宿】那須別邸 回

小道の散歩やアロマルームでアロマトリートメントなど、癒しの時間を存分に楽しめる憧れのお宿です。
 
高原の山荘を改装した昭和レトロな空間に、60平米以上の広々とした8室の客室。かけ流しの客室風呂付で、食事も夕食、朝食ともに部屋でゆっくり楽しむことができる。冷蔵庫のソフトドリンクなどもフリー。ラグジュアリーを満喫したい。

【カフェ】蔵

なんておしゃれなカフェなんでしょう♪
自然の中にそっと溶け込んだ石造りの佇まいがステキです。
 
この石蔵自体は、大正13年に建てられたものなんだそうですよ。
それを改築しておしゃれなカフェとして誕生したのが、こちらのカフェ、”蔵”です。
 

草津温泉

 
日本三名泉の1つである草津温泉。
自然湧出量は日本一を誇り毎分32,300リットル以上、1日にドラム缶約23万本分もの温泉が湧き出しています!
草津の旅館や温泉施設で「源泉かけ流し」ができるのはこのおかげ。”源泉の湯”を心ゆくまで堪能してください。

【温泉宿】つつじ亭

自慢の懐石料理には、いつも1品フレンチが提供されます。
見た目もきれいでおいしい、申し分のないお料理をいただくことができますので、グルメな女子はぜひ訪れてみてくださいね。
 
遠くに望む白根の山並み。広大な自然林が野趣あふれる庭となる。自然に寄り添い、季節に抱かれる木造りの宿「つつじ亭」。5000坪の敷地に、客室はわずか10。4つの離れがある「右近」と6つの客室がある「左近」の2棟は、適度な距離を保って渡り廊下で結ばれ、プライベート感を確保。源泉掛け流しの名湯と極上の懐石料理でもてなす料亭旅館でありながら、まるで個人別荘で寛ぐようだ。

【スポット】湯畑

温泉街の中心地にある湯畑は、草津のシンボル!
この湯畑が、温泉の雰囲気を満喫させてくれます。
 
毎分4000リットルの温泉が湧き出ていていつも湯けむりを舞い上げています。
湯畑の周りは瓦を敷きつめた歩道、石柵、白根山をかたどった「白根山ベンチ」など湯上がりの散策が楽しめる公園となっています。

まとめ

というわけで、女子旅にピッタリな関東の温泉をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
気心知れた女友達と、温泉街を楽しみ、ステキな温泉宿で身も心も癒されてくださいね。
きっと旅が終わる頃には、より魅力的な女性になっていることでしょう!

この記事のキーワード