複数キーワードは半角スペースで検索!

夏のUPヘアに♪○○だけで出来るおしゃれ“シュシュ”が人気!

暑~い夏、髪をさっぱりとまとめている女子をみるとハッとしませんか?!今回はUPヘアが映える素敵なシュシュをご紹介します。また、不器用さんでもプチプラで簡単にハンドメイドできる方法も合わせてご紹介します♪オリジナルシュシュをつけて目立っちゃいましょう!

この記事を書いた人: momoko
momoko
2016年07月05日

夏はアップスタイルで

真夏に長髪の女性を見たときどんなに涼しげなファッションでも「この人暑いんだろうな~」「首の後ろや背中は汗だくだな」と思ったことはありませんか?!真夏に重い髪型は周りも暑苦しい気持ちにさせてしまいます。逆にアップスタイルを見て「素敵だな」と思ったこともありますよね。
今回は「〇〇だけでできる」簡単シュシュについてまとめていきます。
 
 

夏のおすすめシュシュ

まずは夏にオススメのシュシュをご紹介します。
 
パールや夏色ビーズが涼しげです♪
 
 
夏カラーにストライプが映えています!
 
 
この色使いがかわいい!
 
 
ペイズリーのうさ耳シュシュは根強く人気ですね。
 
 
ボンボン付きは珍しくて注目を浴びそうです♪
 

夏のアップスタイル

 
 
夏場、周りの人に好感を持ってもらえるアップスタイルを見ていきましょう!
 
てっぺんでまとめる。
シュシュの色に関係なくきちんと感がでます。
 
 
定番のポニーテール
ギュッとくくるのもいいけれど、最近の流行りはふわんとくくってサイドを少したらすそうです。
 
 
重い色や素材は暑苦しいイメージを与えます。
横くくりのときは軽めの素材がおすすめです。
 
 
マルチカラーも素敵です。
色によって印象が変わりますね。
エアコンが効いた部屋では髪を下ろして手首につけても可愛いですね。
 

〇〇だけでできるシュシュを作ろう

【レースにヘアゴムを通す】だけの簡単シュシュ

 
両山のトーションレースを使ってつくるとっても簡単なシュシュです。
【材料】
・ 両山レース 約60cm(トーションレースがおすすめです)
 ※長さは50~100cmくらいの間でお好きな長さで作れます。長さがたくさんあったほうがかわいいです♪
・ ゴム 長さ約20cmくらい(ヘアゴム用のウーリーゴムがおすすめです)
【作り方】
(1)トーションレースや綿レースはどうしてもほつれ易いため、ほつれ止めをつけておくと安心です。
(2)専用のほつれ止めがなければ、ボンドを手に取りレースの端に少しずつなじませるだけでもだいぶ違います。
あとは、透明マニキュアもほつれ止め効果がありますよ。
(3)今回は両山のトーションレースを使います。
このようにはしごレースになっていなくても、トーションレース自体、穴がたくさん開いているので、一定間隔で空いている穴を見つけてゴムを通していきます。
(4)どんどん同じ間隔でゴムを通していきます。
ゴムをあらかじめ切っている場合は、クリップなどでとめておくといいですね。
(5)最後まで通し終わりました。
(6)好みの大きさでゴムをかた結びします。
余分なゴム端はハサミで切っておきます。

 

【ヘアゴムに布をたくさん結ぶ】だけシュシュ

 
 

【材料】

・好みの布
・ヘアゴム

※布のサイズをきちんと計ってカットすることがきれいに作るポイントです。

 
1.木綿地と綿ローンレース地に図のように線を引き、それぞれ35枚にカットする。トーションレースは 8cmごとに15枚にカットする。
2.丸ゴムの端どうしを2回結んで輪にする。
.2の丸ゴムに、2種類の生地とレースを1周、きつくひと結びしていく。
※隙間なく結ぶと、きれいに仕上がる。
※木綿地2枚、綿ローンレース地2枚、トーションレース1枚を1回分とし、15回分と余りをバランスよく結ぶ。
 
布を結ぶだけの簡単シュシュですね!
布でなくシースルーのリボンで作ったら涼しそうです。
 

【ストローに巻く】だけシュシュ

 

○材料○
・ストロー
・髪ゴム
・毛糸(ボリュームのあるもの)

ストローを適当な大きさ(髪の毛を束ねる時ぐらいの長さ)に切って、中にゴムを少し長めに通す。
ストローに少しだけ切り目を入れてゴムを止めておくと、ゴムがずれないですよ。
ストローに毛糸をいっぱいいっぱい巻きつける。
巻き終わったら、ストローだけを抜き取る。
端っこ同士で、ゴムはゴムと、毛糸は毛糸でくくったら出来上がり~♪

 
 
 
 
 
この夏流行りのスターフィッシュをつけるとより視線を集めそうです♪
 

【なみ縫いする】だけシュシュ

【材料】

・布
・糸と針
・ヘアゴム

※薄手の布をおすすめします。

 

まとめ

髪をまとめていると「きちんと感」が出て好感が持てます。
シュシュは不器用さんでも簡単にハンドメイドできるし100均で材料も揃うので、この夏はオリジナルシュシュを作ってみてください♪
 

この記事のキーワード