複数キーワードは半角スペースで検索!

【ビタミン補給♡】今いちご狩りが出来る穴場スポットへ急げ~!

女子旅幹事さん必見です!本来季節ではない夏場にいちご狩りをするという粋な旅をしませんか?!友達が驚いたり喜んだりする顔を想像するとワクワクしますね♪今回はいちご狩りの穴場スポットをご紹介します。女子に絶対におすすめなのでぜひ読んでみてください♪

この記事を書いた人: momoko
momoko
2017年01月17日

夏でもいちごが食べられる?!

 
いちご狩りといえば一般的に3月ごろからゴールデンウィークくらいが時期だと言われていますが、最近は品種改良され夏場でもいちごを楽しむことができます。
また、高地では6月下旬までいちご狩りを楽しめる場所もあります。
 

夏いちごとは

苺といえば冬から春を旬とする「とよのか」や「あまおう」といった「一季なり」品種がポピュラーです。一季成り品種は、低温にならないと花がつかないので、冬から春の低温の時期にしか収穫できません。
夏苺は一季なりとは違った「四季なり」という品種を用いています。四季なり品種は一季なり品種と異なり、高温や日照時間が長くても花を咲かせ実をつけます。つまり夏でも苺を栽培することができます。それでも苺は暑さには弱いため、夏苺の栽培には夏でも涼しい寒冷地や、標高7・800メートル以上の冷涼な土地が適地とされています。
 
なるほど、比較的涼しい地域は夏場でもいちご狩りができるのですね!
ただ、いちごは暑さに弱いため夏のいちご狩りは北海道・東北地方への旅のプランに盛り込む必要があります。
 

夏でもいちご狩りが楽しめる穴場スポット

北海道 まくべついちご園

 

寒さを好むイチゴは、暑さが苦手で、夏の栽培は難しいですが、本州に比べ、夏の気温が比較的涼しい北海道では、夏にもぎたてのイチゴが味わえます。いちご園では12のビニールハウスで多品種のイチゴを栽培。初夏から秋までおいしいイチゴを堪能できます。また、バリアフリーとして車椅子専用棟を設け、3-4種のイチゴを定植しています。

【時期】5月中旬~10月末
【料金】大人840円
【住所】〒089-0621 北海道中川郡幕別町相川143番地
【電話】0155-55-3315
【営業時間】AM10:00~PM4:00 火曜日定休

 
真夏でも営業できるのはさすが北海道!本土と涼しさのレベルが違うのでしょう。
まくべついちご園はいちごソフトもとても美味しいと評判なので食べて帰りましょう♪
 
 

青森県 アグリの里おいらせ

 

青森県最大級の観光イチゴ園です。夏イチゴと冬イチゴを栽培し、1年中イチゴ狩りが楽しめますので、もぎたてイチゴの香りを体験してください。通路が広く、高設栽培のため、車いすでイチゴの摘み取りも出来ます。日照時間が長く、夏場はヤマセの影響で気温が上がらないこの地域は、夏イチゴの栽培に適し、高地栽培を強いられる関東と違い、平地でのイチゴ栽培が可能なため、全国的にも注目されつつあります。

【料金】
大人(中学生以上 )30分食べ放題 1,500円 
【住所】〒039-2152
青森県上北郡おいらせ町 向山東2丁目2-1684
【電話】0178-56-2884
【営業時間】
イチゴ狩り:午前10:30~午後3:00

 
アグリの里は前述した夏いちごを栽培されているので1年中いちご狩りが楽しめる数少ない穴場スポットです。
農園は朝8時半から開いています。いちご狩りのついでに地元のおいしいものをお土産に買って帰りましょう♪
 

【急いで】6月末までいちご狩りができる穴場スポット

秋田県 農事組合法人こまち野

 
広いイチゴ狩りのハウスでは、さちのか、紅ほっぺ、やよいひめ、あきひめの完熟イチゴが食べ放題。 高設栽培なので、清潔、安心。練乳はサービス。 ハウスに併設したティーラウンジではソフトクリームなども食べられる。
【開園時期】3月上旬~6月
【料金】30分食べ放題:中学生以上1500円
【住所】秋田県羽後町字南野44 
【電話】0183-62-5415
【営業時間】10~15時
 
たくさんの品種を味わえるのはとても贅沢だし、練乳サービスはうれしいです♪
いちご狩りの後にティーラウンジでお茶がしたいですね♪
 

長野県 軽井沢ガーデンファームいちご園

 
軽井沢の自然の中で育った大粒イチゴを食べ比べ自然豊かな軽井沢高原で育った大粒完熟イチゴの食べ放題が楽しめる。収穫できるイチゴは、紅ほっぺを中心に、かおりの、やよいひめ、真紅の美鈴の4品種。夏にはホタルが飛び交うほど綺麗な水と空気に恵まれた環境で育まれたイチゴの摘み取りを、清潔で広々としたビニールハウスで体験できる。
【時期】12月下旬~2016年6月末まで
【料金】大人(中学生以上)2300円
【住所】〒389-0013 長野県北佐久郡軽井沢町発地2062-1
【電話】0267-48-3620 (代表) ※受付10:00~17:00【要予約】
【営業時間】10:00~15:00
 
軽井沢の旅のプランに盛り込むと喜ばれそうです。
年度によって早く終了される場合があるので必ず予約確認しましょう。
 

長野県 こもいろ布引いちご園

 
浅間山の大自然に恵まれた小諸の気候は昼夜の気温の差があり、甘くて美味しい宝石のようないちごを育んでくれます。 当いちご園では全てのハウスの通路を広くとり、生育棚も3段になっていますので、どなたでもいちご狩りがお楽しみいただけます。
【時期】元旦~6月末
【料金】6月800円
【住所】長野県小諸市字大久保1173-1(あぐりの湯こもろ敷地内)
【電話】 0267-26-2615(10:00~16:00)
 
こちらの農園もトレッキング旅行や温泉旅行に盛り込むと喜ばれそうです。
ちなみに、長野県は日本におけるいちご栽培の発祥の地だそうですよ♪
800円という値段も驚きです!
開園時期は6月末までなので予約を急ぎましょう。
 

まとめ

いかがですか?!
お決まりの旅もいいけれど珍しい粋な夏のいちご狩りツアーは女友達に喜ばれること間違いなしです!ぜひ旅のプランに盛り込んでください♪
ただ、その年の気候によって開業していなかったりする農園もあります。プランを立てるときは農園に直接問い合わせ予約を取りましょう。
 

この記事のキーワード