複数キーワードは半角スペースで検索!

【憧れのカフェ風キッチン!】100均のリメイクシートが超オシャレ!【簡単DIY】

キッチンの壁紙は、どうしても汚れやすい箇所。でも壁紙を剥がして貼り直すのは、結構な大仕事です。そこで利用したいのが、100均で手に入るリメイクシート。これなら、壁紙の上から貼るだけの簡単DIYで、憧れのカフェ風キッチンにリフォーム出来ちゃいます♡

この記事を書いた人: 天然果汁
天然果汁
2016年07月19日

生活感アリアリのキッチンをDIY!

 
お子さんが居る家庭でよくあるのが、壁に落書きや、元気よく遊んでて勢いあまり壁紙を破損。
壁紙は基本的に白色や明るい色を使っていることが多いので、少しの汚れでも凄く目立つます。
でもその都度、壁紙を張り替えてたら出費もばかになりません。
 
キッチンは、家の中で最も生活感が出てくるエリア。
毎日使うので仕方ないですが、その分キッチンさえオシャレにリメイクできれば、家全体のグレードもUPして見えますよ♪
 

剥がせるから、賃貸でも安心!

 

セリアのリメイクシートはシールタイプになっており、本格的な壁紙補修キットのような「糊」は使いません。

糊を使わないので作業が簡単になり、女性の方はもちろん、お子さんでもできるかもしれません。

私は前、家族で賃貸物件に住んでいて、セリアのレンガシートを使用させていただいてました。
物件の壁により違うかとは思いますが、私は退去する際キレイに剥がれました。
調べてみてもキレイに剥がれると書いてありました♬
 
貼る時も剥がす時も簡単、だから失敗しても剥がせばOK!
なんと言っても100円なので、DIY入門編としても最適!
 

まず、リメイクシートの巻きグセを取ろう

 

リメイクシートって使ったことがある人はわかるはずなんですがかなり巻き癖がついてます。

広げて手を離せばクルクルクルと元通りになるぐらいにキツク癖がついてしまっているので出来れば貼る前に広い場所を確保して、リメイクシートを広げて上から布団などを乗せて巻き癖を無くすことをお勧めします。

恐らく一晩ぐらい放っておけば癖はかなり無くなるはず・・・

 
丸めてあったポスターなどと同じですね。
そのままですと作業しにくいので、広げてカーペットや布団の下に置いて、巻きグセを取っておきましょう。
 

必要な道具は

マスキングテープ類(女子が好きなマステでもOKですが、テープの巾は15ミリから20ミリぐらいある太いもので)
 
マスキングテープはシートを仮止めする際に必要です。
あと、壁にシートを密着させる際に上からタオルで擦りますので、乾いたタオルも用意しましょう。
 

貼る時に中に入った空気を抜くゴム製のヘラ。

ない場合は、調理するときに使うヘラや、しっかりしてる段ボールの切れ端など、硬いなかにも柔らかさがあるものならなんでも大丈夫です。

 
タオルでも代用できますが、ゴム製のヘラがあればモアベター。
 

貼るところを掃除しましょう

 

掃除はいたって簡単ですが、埃や砂が入らないように、また出来る限り平らでスベスベした場所に貼りましょう。

基本は乾拭きで行い、どうしても落ちない汚れの場合は水を使って掃除すること(水を使った場合はしっかりと乾燥させてから貼りはじめること)

貼りたい場所がガラスの場合はかなりキレイに掃除してあげないとコンマ何ミリのゴミ(髪の毛)ですら貼った後の表面に凸と出てきます。

また四隅についた埃については刷毛などで優しく掃除してあげなければ埃は除去できません。

 
壁紙に沁みついてしまった汚れはそのままで構いませんが、ホコリだけは取り除いておかないと、剥がれやすくなってしまいます。
掃除機などを使って、隅っこの方のホコリも取っておきましょう。
 

では、貼っていきましょう!

 
適当に貼る場所を決めていきなり貼りだすから上手くいかないのです、貼る前にマスキングテープで固定しましょ。
 
ここでマステを使います。
仮止めをしておくわけですね。

まずは一番上のマスキングが剥がれないように優しく持ち上げます。

マスキングテープで固定してある部分の裏の紙を優しく剥がします、この時マスキングが壁から剥がれないように注意です。

この記事のキーワード