複数キーワードは半角スペースで検索!

【初心者OK】diyで自分だけのすてきな塗装に挑戦しよう♪

気分で塗装を選んで好きな時に塗り替えれるとしたら、どうでしょうか。塗装をするのはプロのお仕事と思ったら、現代ではDIYで自分の好みの色に塗り替えられるようです。ペイントセルフできれいに仕上げるにはどうしたらいいか、そのコツと方法を探ってみました。

この記事を書いた人: ni-na
ni-na
2016年07月26日

自分だけのオリジナル塗装

 
いつでも好きな時に塗装を変えられたら、とても素敵ですよね。今回は好きな時にDIYでどうやったらセルフペイントできるか、調べてみました。
 

まずは水洗い

 

水を流しながらブラシなどを使用して、カビや汚れを落としていきます。

家の外壁塗装でいえば、下地調整という高圧洗浄の部分で、塗料の密着を高める作業です。

塗装前におこなう下準備作業ですが、基本的にはDIY塗装も本格的な家の外壁塗装と工程的にはほぼ同じです。

次に行う養生をする場所にも、ガムテープの付きを良くするために、よく水洗いをしておきます。 水洗い後は、次の塗装をするまでに一日ほど乾燥させます。

 
下準備の基本の一つです。きれいに水洗いをするのが肝心なところ。塗装をする場所が凸凹していたり汚かったら本末転倒です。また、しっかり乾燥させることも重要です。
 

養生する

塗料が飛び散っても周りが汚れないように、ビニールやガムテープなどで覆って汚れを防止することです。

新聞紙などでも代用できますが、紙でグチャグチャにしないためにも、マスカーというもので養生をします。ほかに不要になった布などでも代用できます。

外壁塗装でもそうですが、この養生をきっちりやらないと仕上がりのきれいさに差が出ます。DIY塗装でも、この養生をしっかりすれば、見た目がきれいに仕上がります。

 
ペイントがはみ出していたら仕上げの見た目が悪くなります。そうならないためにも養生は必須。専用のテープでふちを養生しておけば仕上がりに満足できます。
 

道具を用意する

 
楽しく塗れる事ができるか、またそうでないかは、使う道具で決まるといっても過言ではありません。
どの業種でも同じことが言えますが、プロとして行なっている方々は皆さん素材や目的に応じた専用の道具を使い分けで使用しています。
同様に塗装に使用する刷毛やローラーも、各作業が効率良く、また、綺麗な仕上がりとなるようにそれぞれの道具が作られていますので、素材に応じて使い分けることが重要です。
この「効率良く」という事が非常に大事なことになりまして、これによって楽しく感じられるか、そうでないかが決まりますので、道具は目的に応じたものを使用するようにしましょう。
 
綺麗に仕上げるために不可欠のものといえるのが道具です。目的によって道具を使い分けるのも必要です。まずはご自分がどのようなものや場所に塗装するのかを決めてから、道具を選びましょう。
 

すじかいバケと平バケ

 
ハケは水性バケ、油性バケ、ニスバケ、トタン用ハケなど使われる塗料の種類によって使われている毛が違います。柄が斜めになったすじかいバケ、柄のまっすぐな平バケ、ズンドウバケなど、柄の形状によっても分類されます。すじかいバケはコーナーなど狭い場所を塗るのに、平バケは広い場所を効率よく塗るのに適しています。
すじかいバケは、コーナーや塗りにくいところを塗るのにも便利です。
 
ハケにも種類があります。細かい作業に適しているものと、広くさっと塗るためのものと区別して使用しましょう。きれいな仕上がりが期待できます。
 

下塗りと上塗り

 

下塗り
未塗装モルタルに塗る場合は表面が粉っぽく吸い込みがあるので水性下塗り剤を使って下地を固め(押さえ)、上塗り塗料の密着性を高めておきましょう。ビニルクロスには水性下塗り剤は必要ありません。 

上塗り 
塗料は様々な原料からなる混合物のため、色の粉などの原料が沈んでいることがあります。塗料は使う前に逆さにしてよく振り、マイナスドライバー等でフタを開けた後、ヘラなどで缶の底からよくかき混ぜましょう。

 
実際に塗装する前段階として、下塗りと上塗りを済ませます。両方使用することでむらなくきれいに塗装ができます。
 

塗装

 
粘度が高く塗りにくい時は水で少しうすめます。
(5%以内)
初めに、スジカイバケで隅や細かい場所などの塗りにくい所から塗ります。
ハケの3分の2程度に塗料をつけ、ハケの片面についた塗料を容器の端で軽くしごき、塗り付けます。
広い面は5~10%の上水を加えて希釈して中毛または短毛のローラーバケで塗ります。
 
塗料の粘度が高い場合には薄めなくてはうまく塗れませんね。また、塗り方にもコツが。最初は狭い場所などにスジカイバケが出動です。その後は広い場所に適したハケかローラーの出番になります。ローラーも中毛が短毛と決まっているようです。
 

足場

 
DIYで外壁塗装をご計画の方に朗報です! 足場のレンタル期間延長のご要望にお応えするため、無料足場レンタル期間を3ケ月に延長しました。
「休みが少ないので、2ケ月ではちょっと・・・」、「体力的に自信がないので、もう少し長く借りれるなら・・・」といった方でも安心。
DIYでの外壁塗装をお楽しみください
 
外装を塗り替えることに挑戦、という方には足場を借りることができるサービスなどをやっている企業もあるようです。これで外壁塗装も楽しめますね。

この記事のキーワード