複数キーワードは半角スペースで検索!

美肌・美髪・美人に効果♡女子力アップのパワースポット♡

今年こそは女子力アップさせたい!というかたにおすすめのパワースポットのご紹介です。川崎大師、清巌寺、今宮神社など「美人になりたい!美肌になりたい!」という女子必見です。

この記事を書いた人: sapulin
sapulin
2016年06月28日

美人になりたい!川崎大師

境内のすみに最も異質で不思議な「しょうづかの婆さん」と言う像がある。

「しょうづか」とは「葬頭河(そうづか)」がなまったものだそうで、三途の川を渡る

死者の衣服を剥ぎ取る奪衣婆のことだそうです。

この「しょうづかの婆さん」にお参りすれば、歯の痛みを止めたり、容貌を美しくしてくれたりするといわれ、昔から信仰を集めているとのこと。

隠れた美人祈願パワースポットの発見!

恐れ多くて写真撮らなかったんですが、奪衣婆婆のお地蔵様もいらっしゃいました

正式名はしょうづかの婆さんというみたいで、亡くなった人がまず向かう、この世とあの世の境界線と言われる三途の川で、亡人の服を剥ぎ取って、衣の重さ=この世で行った罪の重さを測るというおばあちゃん

昔ゲゲゲの鬼太郎が大好きで、たまに出てきたキャラクターで、見た目は痩せてて腰が曲がっていて卑しい感じ、悪者ではないんだけど、良い者でもなかったという、ちょっと怖かった記憶があります

川崎大師では美肌と歯の健康をお願いする美人祈願のためのおばあさんとして祀られてました

 

三途の川で待っていて、死者の衣服をはぎ取るおばあさんなんて・・・正直こわいです。

けれど、このおばあさんが、人の容姿や肌をきれいにしてくれるというのです。

しかも、東京の中でも参拝客が多いことで有名な川崎大師です。 御利益がありそうですよね。

「べっぴん守り」なんていうお守りもあるので要チェックです。

 

清巌寺で 美肌祈願

東京都で初詣の参拝客が多いことでも有名な川崎大師。 美人祈願のしょうづかの婆さんも。
 

まずは本堂にて合掌

こちらにあるのがおしろい地蔵konatu
その昔、和尚さんがお地蔵konatuに白粉を塗って祀ったところ、顔面の痣が綺麗に治ったとのコト

それから お地蔵konatuに白粉を塗り自分の顔につけて祈願すれば美人になるキラキラ
と、言われるようになったそうです

清巌寺は参拝の仕方もユニークでとても楽しいのです。

まずは顔用・体用の「おしろい祈願札」にお願い事を書きます。

中に木札が入っているので、用意されているクレヨンやペンで気になる箇所に色を付けます。

筆がおいてあるので、おしろい地蔵に自分が悩んでいるお肌の箇所におしろいを塗ります。

決して罰当たりな行動ではないのでご安心くださいね。

また玉造温泉のお湯は美肌に効果的でまさに化粧水のようだと言われています。

神社参拝のあとに寄ってみるとさらに美肌効果がアップするかもしれませんよ!

 

玉の輿に乗りたい!今宮神社

 

そもそも「今宮神社」は、平安時代以前の疫病を鎮めるお社を創祀とし、一条天皇の御代(994年)に新たな社との名の「今宮」と号された神社。ご祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと)=大国主命、事代主命(ことしろぬしのみこと)、奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)をお祀りしています。

ミモロの大好きな大国主命がいらっしゃるので、参拝にもいっそう気合が入ります。

「だってー良縁開運のご利益があるんだよー」と。

ここは、西陣の氏神として崇敬されており、4月の第二日曜に行われる「やすらい祭」は、「太秦の牛祭」「鞍馬の火祭」と共に、京の三奇祭といわれ、毎年、多くの人で賑わうそう。

「あのねー、玉の輿の神社なんだってー」と、ミモロは、いっそう深々とお願いを…。

西陣出身の娘、お玉さんが、五代将軍の徳川綱吉の生母桂昌院となったことに由来し、多くの女性たちが、玉の輿祈願に訪れるそう。「運をひらく、玉の輿お守り」も人気です。

「なるほどー。西陣の八百屋さんお娘だったといわれるお玉さんが、将軍さまに見初められて結婚して、男の子を生んで、次の将軍のママになったりしたことから『玉の輿』という言葉がうまれたんだー」とミモロ。
今流に言えば、超セレブ婚ですね。

 

八百屋さん娘さんが将軍様と結婚して、男の子を授かるなんて、まさにシンデレラストーリーです。

なかなか出会いがなくて…なんて方にはピッタリですよね。

玉の輿お守りのカラフルでぽってりとしたフォルムがかわいいです。

 

浦島太郎伝説モデル?走水神社は最強の縁結び。

横須賀市の走水神社の御祭神(ごさいしん)が日本武尊と弟橘媛と大伴黒主である理由は、実は御三方はここに住んでいらっしゃったからなんです。

日本武尊と言えば日本を代表する武神であり軍神です。
弟橘媛はそのお妃(きさき=王様の妻)で、海上交通の神様で、浦島太郎伝説の乙姫様のモデルでもあります。
夫婦が揃うと文字通り”日本最強の縁結びの神様”の御利益を発揮される訳です。

日本で唯一?美髪になりたいなら御髪神社

 

 

髪の神様いるという日本唯一の神社らしい(・∀・)
だから美容業・理容業・美容師の試験とか受けたりする人とかは、ここにきてお守りとか買って行ったり、祈願くる人も多々いるみたい(  ̄_ ̄)。o○

まぁーとりあえず俺がいった理由は・・・・
前の日記にも書いたけど、いつも行ってる美容院に、いつもカットしてもらってる同じ年の美容師さんがいるんだけど(´ω`) 
なんか辞めて独立したいらしく、4月の開業に向けて12月末に辞める・・・って言う事で、まぁー約1年くらい担当してもらってお世話になったし、餞別何がいいのだろう(  ̄_ ̄)。o○と思ってたんだけど・・・
お菓子くらい・・・だけじゃなんかしっくりこなくて(´・ω・`) 
前行った時に話したときに、美容師の仕事は好きだから、これからもずっと美容師関係の仕事はやっていきたい・・・!
って言ってたの思い出したから、まぁー重いと思われるかもだけどΣ(ノ∀`*)ペチ
祈願含めてお守りを買いにいったってわけww

女性は髪がきれいだと、それだけで若く見えます。

御髪神社のお守り、かわいいですよね。 お土産にもぴったりです。

この記事のキーワード