複数キーワードは半角スペースで検索!

【女子旅プラン♡】日帰り~海外まで☆こんなに楽しめちゃう♪

仲の良い友人と行く女子旅ですが、どうせ行くのなら更にもっと楽しく旅をしたいですよね。いつもの女子旅にもう一つ楽しめるポイントをまとめてみました。

この記事を書いた人: aadefer
aadefer
2016年04月21日

こまめに疲れを癒して旅を一層満喫

 
旅先での大冒険の後や、帰りの乗り継ぎでよく筆者が利用するのが”マッサージ”です。
大きな空港なら大抵マッサージのお店が入っています。その国の相場からすると少々値段はお高めですが、フットマッサージだけや、肩だけといった部分マッサージならそれほど値段は張りません。
30分だけでもマッサージを受けてから乗るフライトは、長時間通してフライトを続けた時とは疲れ具合が格段に違います。
また、フェイシャルやマニキュアなどのメニューがあるところも多いので、待っている間に女子力アップだってできちゃいますよ!
待ち時間の間に疲労回復することで、いつもより行動できちゃいます
 

この際にカジノなども体験してみては?

カジノの楽しみはギャンブル。それは間違いありませんが、それだけでもありません。カジノは店ごとにカラーがあり、ドレスコードのある店も少なくありません。

そんな店こそ女子にとっては狙い目。頭の先から爪先まできっちりとドレスアップして出かけましょう。同じようにタキシードでキメた男性と勝利のシャンパンを楽しめるかもしれません。

 
ドレスコードなんて無理と思っている人もいるかもしれませんが、カジノのあるホテルの多くは貸衣装や専属のメイクアップのサービスを用意していたりします。思っているよりも気軽にドレスアップを楽しめちゃうので、いつもと違う自分を体験できるチャンスです。
 

こんな楽しみ方も女子同士ならでは

 
インパクト大! のフェイスマスクで、おしゃべりしまくる夜もスキンケアは欠かさない美容女子会に。お互いに顔を見合わせながら笑いが止まらなくなりそうですね。
スッピンでも気にせず写真が撮れるので、お風呂上がりでも楽しめるのがポイントです。旅から帰ってきた後も、思い出写真として盛り上がりそうです。
 
女子旅は仲が良い人同士で旅をするだけに、夜もいつまでも盛り上がっていたいですよね。パーティーなどに参加は疲れちゃうから部屋の中で盛り上がりたいと思ったらこんなアイテムもありなのではないでしょうか。

小冊子で情報収集

夕日が絶景の温泉や北前船がもたらした栄華の面影――山形県を中心とした日本海側の地域は、豊かな自然や深く美しい文化が根付いています。日本海きらきら羽越観光圏協議会は、これらを体験できる2泊3日のモデルコースを設定し、「きらきらメソッドUETSU」と題しPRしています。

モデルコースは、温泉ビューティ研究家の石井宏子さんが、「きらきら」になる女子旅をテーマに、実際に同地を訪れ、企画した。「ネイチャー編」と「カルチャー編」を1冊の小冊子(電子版ホームページ)にまとめ、発行しています。

 
小冊子だと持ち運びが便利なので旅の際に持っていくには荷物にならなくて良いと思います。地域の観光協会がPRということは要点が的確にまとめられている印象があります。
 

都会から車で行ける範囲での女子旅

 
関東には日帰りで行ける絶景スポットがたくさんあるって知ってましたか?雄大で美しい自然に触れて新鮮な空気をめいっぱい吸い込むと日頃の疲れも吹っ飛んで気分はスッキリ爽快!テーマパークやショッピングでは決して味わうことの出来ない贅沢です。マイナスイオンに包まれてゆったり過ごす時間はまさに大人の休日にぴったり。
 
これなら週末に一緒にどこかいかない?という時には迷わず行けちゃいますね。
車の中も女子トークでわいわい盛り上がりますよね!
 

地方から都内ならヤッパリ銀座

 
いつもと違う銀座を楽しみたい。そんな人にぜひおすすめしたいのが、1泊2日の銀座ステイ。電車を気にせず夜更かしを楽しめ、さらに新鮮な銀座の朝を楽しむこともできる。「ソラリア西鉄ホテル銀座」は、そんな女性に絶好のホテル。街の中心にあるため、銀座のどこからでもアクセス抜群。洗練されて心地よい客室はちょっと飲み直すにも快適だし、充実したアメニティや野菜メニューが豊富なヘルシー朝食など、女子心をくすぐるサービスも嬉しい。もちろん、立地がいいというのは旅行者にとっても嬉しい限り。銀座のどこへ行くにも便利な、銀座を楽しみ尽くすためのホテルステイ、ぜひ一度体験してみて。
 
 
都内に旅行の際には銀座のホテルが買い物やレジャーに行くのにも便利です。それに最近では女子への窓口を広げようとホテル側も以前ほど格式が高いような感じはしません。それでもオシャレさと料理の美味しさと女子のツボはシッカリと抑えていますので、女子旅にはオススメです。

この記事のキーワード