複数キーワードは半角スペースで検索!

楽チンでお洒落がルール!足が疲れないトラベルシューズまとめ♡

久しぶりの旅行、あちこち隈なく回りたい♡と張り切っていたのに、足が痛くて歩けない…そんな経験はありませんか?普段よりたくさん歩く旅行時の靴選びはとても大切。足が痛くならない、でも楽チンでお洒落なトラベルシューズの選び方と、オススメ商品をpickup!

この記事を書いた人: 天然果汁
天然果汁
2016年08月09日

トラベルシューズを選ぶ時のポイント

2013年、フット&レッグケアの総合ブランド『ドクター・ショール』が全国の20~40代女性600名に「旅行先であったトラブル」に聞いたところ、 国内・アジア・ヨーロッパなど行き先の違いに関わらず、 トラブルの1位は「足の痛み/疲労」。
 
旅行時は、ついテンションが上がってアクティブになりますよね!
行ってみたい所はたくさんあるのに、足の痛みで諦めるなんて悲しすぎます。
たくさん歩いても痛くならない、でもお洒落も忘れない、そんなシューズを選ぶポイントは?
 

ソールは平らで厚めがgood!

まずは、旅行で大切なのが歩き易さです。旅行は基本観光目的で行く方が大半です。
観光地を歩きまわるのをベースに考えなくてはいけません。ですので、靴は歩き易いものを選択しましょう。

まず、日本人に人気の海外スポットヨーロッパは石の文化です。つまり、石畳が基本、特に観光地ともなればそれが顕著です。そこで靴は平らで厚底の物を選びましょう。

まず、靴底は厚くて平らなものを選ぶべきです。
靴底は、石畳にひっかからないよう平らで、衝撃を吸収できる厚さのあるものを絶対におすすめします。
靴底がぺったりしている厚底サンダルなんかは、意外と歩きやすいですよ。
 
アスファルトや石畳の上を長距離歩くと、足の裏にはかなりの負担がかかります。
ソールが固いと衝撃がダイレクトに足裏に響くので、ショックを和らげてくれるシューズが良いでしょう。
 

First Contact(ファーストコンタクト)選べる4タイプ

ソールはゴム素材、雨でも滑りにくい加工がされています。
ヒール部分には低反発インソールが内臓されているので、着地の衝撃を吸収して疲れを軽減!
 
 

aravon by new balance 高機能ウォーキングサンダル

ウェッジソールでお洒落!
アンクルストラップはマジックテープで調節可能なので、ジャストフィットで履くことができます。
 

柔らかい素材なら靴ズレしない!

靴が固いと足の動きに合わず疲れることも。適度なしなりがあり、足に触れる部分の素材が柔らかだと、履き口の靴ずれや、むくんだ時の締めつけ感を軽減します。
 
柔らかい方が良いのは、ソールだけではありません。
足に触れる部分が固いと、靴擦れを招くきっかけになってしまいます。
買う時には必ず試し履きをして、店内を少し歩いてみましょう。
サイズが合っていても、歩いてみると擦れる箇所が見つかることも。
 

ホーキンス フラットライト ARIEL HW10095

気の置けない女子旅なら、これくらいカジュアルなシューズもカワイイ!
靴下のような軽い履き心地で蒸れにくいので、夏旅にはピッタリ♪
カラーはイエローとシルバーグレイもあります。
 
 

アシックス GIRO

クッション性に優れた一足。柔らかく足にフィットします。
安心の日本製なのも嬉しい!
上品なデザインなので、オシャレなレストランなどにも履いて行けますよ♪
ブラックやメタリック、コンビなど、カラーバリエも豊富!
 

踵の高さと疲れは比例する!

つま先と踵の高低差がなるべく少ない靴を選ぶことです。
いくらヒールが太くて安定感があっても、つま先と踵に高低差があるとどうしても体重が前方にかかってしまい、やっぱり指と土踏まずの間の部分が痛くなり、旅行の後半になるにしたがってどんどん辛くなって行きました。
そもそも、ヒールはあまり歩く必要のない貴族が履いていたものです。ドア・トゥ・ドアで目的地に到着の貴族御用達のもの。それが一般に普及したに過ぎません。
つまり、たくさん歩く観光には適していないのです
 
ヒールが高いと、靴の中で足が爪先の方へ滑ってきてしまい、体重を爪先だけで支えることになるので、豆が出来やすくなります。
ヒールの高い靴は女性らしくてステキですが、旅行には適さないでしょう。
 

スケッチャーズ EZ FLEX 2-FLIGHTY 22836 BBK

レースっぽくてとってもカワイイのに、軽くて楽チン!
いくらでも歩けちゃいそうです♪
ドレッシーなホワイトもあります。
 
 

スタイルスケープ スリッポン Reebok (リーボック)

メッシュ素材で蒸れにくく、反発性の高いインソールが歩行時のショックから足を守ってくれます。
なんと140gというオドロキの軽さ!
カラーバリエは、シックなブラックと、爽やかなネイビー。

この記事のキーワード