複数キーワードは半角スペースで検索!

軽自動車で快適な車中泊をするには?

道の駅が全国に増えたことで、車中泊をする人が急速に増えました。女性だけの旅でも同様です。しかし、女性だけだと安全のために、ホテルを選択してしまう人も多いのではないでしょうか?そこで今回、女性だけの旅でも安全に車中泊を楽しめる方法、グッズをまとめてみました。

この記事を書いた人: パンプキン
パンプキン
2016年08月17日

どこに車を止めるのか?

 

◇一番のお勧めは道の駅

 

道の駅のメリット

無料で使えて出入りも自由
トイレが使える
店舗やレストランが併設
温泉がある道の駅もあります

道の駅のデメリット

人の出入りが激しく混雑する
夜間管理人がいない。治安が不安
若者のたまり場になってたりする

道の駅での車中泊の注意点!

・連泊しないこと。夜間駐車場が閉鎖される場合もあります。
・夕方以降に到着し、早朝に出発する事。

2番目のおすすめはSA・PA

SA・PAのメリット

トイレが使える
店舗やレストランが併設
温泉やシャワー、コンビニがあるSAもあります

SA・PAのデメリット

高速道路上なので有料である
高速道路上にしかないので旅程に制限が出る
騒音が激しい

SA・PAでの車中泊の注意ポイント!

・連泊しない
・トラックが止まりにくい場所に駐車する。
トラックのアイドリングの音がうるさい場合があるため。

3番目におすすめ、コインパーキング

はじめて行った土地で、近くに高速も、道の駅もない場合利用するのがコインパーキング。お金がもったいないから適当な空き地で車中泊・・・と考えるかもしれませんが、誰が来るか分かりませんし、トラブルのもとです。

目的地から離れていたとしても、お金を払って堂々と停めたほうが安心安全だと思います。

意外と穴場のコインパーキング。駐車料金はかかりますが、ビジネスホテルに比べると格安。
安全性も高いです。

道の駅、SA・PA、コインパーキング以外の駐車場

このほかにも、コンビニ、オートキャンプ場や大規模公園の駐車場に停めることもできます。
地方のコンビニは、広い駐車場が多く穴場です。しかし、休憩場所ではないため、他のお客さんの迷惑にならない場所に停めなければなりません。長時間滞在すると、トラブルの元なので、車中泊する場合は、お店の人に許可をもらった方が良いでしょう。
オートキャンプ場は、通年営業していないところがあります。また大規模公園は、若者のたまり場になりやすく、安全面が心配です。公園は夜間閉鎖されるところもあります。
以上のことを考慮すれば、道の駅か、SA・PA、コインパーキングを選ぶのがベターと言えるでしょう。

車中泊で持っていくと便利なグッズ

耳栓

道の駅やSA、PAは意外と周りの音が気になるものです。他のクルマのエンジン音などで夜中に起こされないためにも用意しておくと便利。

 

お風呂セット

日帰り温泉に立ち寄ったときのために、バスタオル、フェイスタオル、ボディーソープ、リンスインシャンプー、フェイスウオッシュ、ドライヤーなどを。

サンダル

クルマからちょっと出たいときにあれば便利です。

 

結露取りワイパー

目隠しをしていないと朝起きたら窓ガラス一面結露です。タオルで拭くと汚れるので、これがあると便利。

その他の車中泊便利グッズ

その他には、セロハンテープ、クーラーボックス、ハンガー、懐中電灯、傘などが挙げられます。

女性の車中泊は安全対策が重要

■防犯グッズ
・防犯(催涙)スプレー
・日差しを遮るサンシェード
・カーテン
・ドライブレコーダー(事故を記録する)

快適な車中泊のための安眠グッズ

■安眠グッズ
・毛布
・車中泊用マット
・車中泊枕

夏の車中泊グッズ

・ポータブル扇風機
・サンシェード
・電池式蚊取り
・ジェルマット

冬の車中泊グッズ

 

・カイロ

・マスク
・防寒シェード
・電気毛布

あったほうがいい日用品

・携帯トイレ
・タオル
・水筒
・ウェットティッシュ

車中泊に向いている軽自動車

女性は軽自動車に乗っている人が多いです。これから軽自動車を購入しようとしている人で、車中泊もしたいと思っている人は、以下の車種がお勧めです!
 

N-BOX(Plus)や、ワゴンR等に代表される最近良く売れている車種です。
完全にフラットにはなりませんが、後部座席はフラットにし易いです。
管理人はスズキのハスラーがすごく気になっています。
日常使いのことを考えると、軽1BOXカーよりもこちらが良いでしょうね。

自前でフルフラットにはなりませんが、前座席を倒せば十分スペースを作ることが出来、車中泊もこなせる車種です。

軽バンも車中泊できますが、エブリー、ハイゼットなどは実用的過ぎて、女性が購入する軽の選択肢には入りにくいと思います。
軽トールワゴンは、旅行だけでなく、日常の買い物、通勤にも便利で、お勧めです。
 

最後に

車中泊のメリットは、宿泊代が安く済み、自分の都合で自由に移動ができるということです。
特に宿泊代は、道の駅やSA・PAであれば無料です。宿泊代が浮いた分で、美味しいランチ、ディナーを食べたり、お土産物を買うこともできます。
初めての車中泊は心配事が尽きないと思います。
ぜひ上記の車中泊グッズを参考にして、車中泊を楽しんでくださいね。

この記事のキーワード