複数キーワードは半角スペースで検索!

【市場規模拡大中】シェアリングエコノミーは女性が牽引!

シェアリングエコノミーの意識調査を行ったところ、男性よりも女性のほうがこの新しいサービスを利用したいと思っているようです。

この記事を書いた人: じおん
じおん
2016年03月30日

海外のシェアリングエコノミーが日本に上陸

みなさん、シェアリング・エコノミーという言葉を聞いたことはありますか? これは「既に存在している資源を他人と共有利用することで、更なる価値が創出される経済」を指すもの。自分の家の駐車場を1日1千円で貸し出したり、パーティに行くためにエルメスのバーキンを1晩1万円で借りるなど、他者と共有することで相互にプラスαの利益が生まれる仕組みです。いま、このシェアリング・エコノミー基盤のサービスが世界中で拡散しています。
 
海外から上陸したシェアリングサービスも既に日本で実績があるんですね。
都会の女性なら利用している人も多いかもしれません。
特に車や駐車場は男性ほど自動車を利用しない女性にとっては嬉しいサービスだと思います。
 

調査結果は女性の意識が高い

「シェアハウス」「カーシェアリング」など、複数人で共有する文化が日本でも浸透してきました。それらの「シェアリングエコノミー(共有型経済)」のなかでも、一般家庭の空き部屋や空き家を宿泊場所として提供する「民泊」については、2020年の東京オリンピックを控えていることも影響し、話題にのぼることが増えてきたように思います。そこで「民泊」のほか、「車」「自転車」「自身の時間」などのシェアリングに対し、“提供者”と“利用者”双方の立場で設問を用意し、調査をしました。全般的に女性のほうが「シェアリングエコノミー」を許容する人の割合が高いという結果が出たのには、少々意外です。
 
 フリートークや起業相談、イラスト制作など個人の知識やスキル、時間の売り買いが行える「TimeTicket」「coconara」といったシェアリングサービスについて、「今後、提供する側で利用したい」と回答した割合は、男性が9.4%、女性が15.5%だった。性別・年代別で見てみると、20代女性が22.5%、30代女性が19.7%と、他の性別や年代に比べて格段に高く、今後、シェアリングエコノミーを拡大する牽引役となっていくと思われる。
 
意識調査の結果では男性よりも女性のほうがシェアリングサービスに対する抵抗がないようです。
元々女性は家庭を守る立場だったので、経済感覚が男性よりも厳しいのでしょう。
また、コミュニケーション能力も男性より高い傾向があるので、それほど敷居が高くないのかもしれませんね。
 

女性に嬉しいシェアリングサービス

昔に比べて車を所有する人が少なくなり、今はレンタカーやカーシェアリングの利用者も増えているように、なんでも自分の“モノ”として所有するのではなく、“共有”する時代がきていると言える。

働く女性としても、このようなシェアリングサービスをいくつか知っておくだけで、毎日の生活がもっとお得で便利になるだろう。今回は、そんな働く女性が知っておきたいシェアリングサービスをいくつかご紹介していこう。

 
格安旅行、お小遣い稼ぎ、家事サポートも女性にとっては魅力的ですね。
お小遣いを稼いだお金で、格安旅行に行って、その間の家事をサポートしてもらえれば主婦にとっては最高です。
 

シェアリングエコノミー関連銘柄からサービスを知ろう

民泊以外では、衣服などを扱うフリーマーケット(フリマ)アプリで知られるファブリック(東京渋谷区)に出資するクックパッド <2193> や、ファッションレンタルベンチャーのガールズスタイリング(東京港区)と提携するメディア工房 <3815・> 、駐車場のシェアリングサービスを展開するAkippa(大阪市)と提携するバイク王&カンパニー <3377> などに注目したい。
意外なサービスがシェアリングエコノミーだったんですね。
 
 

まとめ

意識調査の結果を見ても、潜在的な適性を考えても、女性がシェアリングエコノミーを牽引していく可能性は高そうです。
もしかしたら、これからは女性向けのシェアリングサービスがたくさん登場するかもしれません。
それはきっと、そんなに遠くない未来だと期待しています。

この記事のキーワード