複数キーワードは半角スペースで検索!

【子育てもシェア?】面白いサービスで注目!時間のシェアリングで人助け!

シェアリングサービスを利用して、自分の空いている時間で人助けやお小遣い稼ぎをすることが出来ます。依頼の種類も様々あり、子供のお迎えや悩みごと相談などがあります。自分の得意分野でお仕事をすることが出来るので、シェアリングサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人: みるくこーひーちゃん
みるくこーひーちゃん
2016年09月16日

なんと自分の空いている時間で人助けも!お小遣い稼ぎも出来る!

自分の空いている時間を利用して、ちょっとした人助けやお小遣い稼ぎが出来る新しいサービスをご存じでしょうか?

シェアリングサービスとは?

シェアリングサービスとは、自分の空いている時間を活用して、依頼主の要望を聞き、お仕事をするサービスです。
もちろん逆もOKです。
ちょっとしたお手伝いを人に頼みたい時、時間が開いている人に依頼をしてお仕事をしてもらうことも出来ます。

シェアリングサービスを運営しているサイトの会員になると、こうしたサービスを利用することが出来ます。

自分の空いている時間を人助けの時間にすることも!

お迎えの依頼のお仕事

 
小学1年生のお子様を18時に学童にお迎えして、徒歩10分ほどの自宅に帰ってから19時までお見守りのお仕事になります。
9月下旬~毎週水曜日のご依頼です。
千歳船橋~経堂界隈の方、子どもが大好きな女性の方を希望します。
詳細ご質問などメッセージからご連絡くださいませ。

悩みを聞くお仕事

話相手になっていただけませんか?
23区内のカフェなどでお悩みをきいていただけると助かります。

ハロウィンメイクのお仕事

 

パーティーに行くので、ハロウィンメイクをしてくれる方をさがしています。
30分程度で終わるメイクで構いませんので4,5名分して頂きたいです。

イメージとしては、ゾンビみたいなものを考えています。
よろしくお願いします。

仕事の仲介は運営会社が行ってくれるので安心です

シェアリングサービスはもともと海外でスタートしたサービスですが、日本国内でも色々な運営サイトがあり、利用者も年々増えてきています。
仕事の依頼や、お金のやりとりなども運営会社が仲介してくれるため、利用者は安心して活用することが出来ます。

またシェアリングサービス終了後は、利用する側も利用される側も、それぞれ評価があります。
評価ポイントが高くなればその人と取引をしたいという利用者も増えていく仕組みです。
逆に評価ポイントが低くなれば、取引をしたい利用者が減っていく仕組みになります。

なんとママには嬉しい!子育てのシェアリングサービスもあります

 
子育て中は色々な問題が発生します。
働いているママの場合だと、急に子供が保育園で熱を出し、子供を迎えに行かなければならないときや、急な残業で、お迎えに行かなければならない時、こんな時、本当に誰かに助けてもらいたい!と思うことはありませんか?
こんな時に役立つのが子育てのシェアリングです。
 

手数料や保険料が無料のサービスも!低料金で預かってもらえます

子供を預かってもらう場合、お金が高いのでは?と費用面が心配になりますよね。
しかし運営会社によっては、登録するための手数料や保険料が無料という会社もありますので、こうしたシェアリングサービスを探してみるのもよいでしょう。

たとえばAsMamaの場合だと

 
子育てシェアは、登録料も手数料も保険料も一切かかりません。 
依頼者が支援者に1時間500円~700円(一般会員は500円、有資格者の一般会員かママサポーターは600円、有資格のママサポーターは700円)を直接支援活動終了後に謝礼としてお渡し頂きます。

シェアリングサービスの場合だと

シェアリングサービスの場合だと、依頼主側が料金を設定することができるので、無理のない範囲内で自分で適正価格を決めることが出来ます。

時間のシェアリングサービスで働くコツは?

自分の空いた時間を利用して、シェアリングサービスで働くコツは、まず色々なシェアリングサイトの情報を集めることです。
まずは自分の得意分野の仕事から始めてみるとよいでしょう。
主婦の方であれば、家事代行の仕事や、運転が得意な方であれば、運転代行やお迎えのお仕事を手始めにやられてみてはいかがでしょうか?
また仕事をする前には、相手のプロフィールをしっかり確認し、サイト内での評価はどのくらいかを見ておきましょう。
評価が高い依頼者であれば、安心してお仕事を引き受けることが出来ますし、逆にあまりにも評価が低い依頼者であれば、やめておくのが無難かもしれません。
また契約が成立後は、依頼内容をメールや電話で直接やりとりして再確認することも、トラブルを防ぐ点で重要でしょう。

この記事のキーワード