複数キーワードは半角スペースで検索!

女子力UP!涼しい秋に着物さんぽ!穴場スポット特集♡♡

暑い夏が終わると、涼しい秋がやってきますね。こんな時こそ、女子力がUPしちゃいそうな着物でおさんぽを楽しんでみませんか?レンタル着物のサービスがありますので、着物を持っていない方も気軽に楽しむことが出来ますよ。浅草や鎌倉など観光がてら出かけましょう。

この記事を書いた人: みるくこーひーちゃん
みるくこーひーちゃん
2016年09月20日

秋は着物でさんぽを楽しみたい!

 
暑い夏が終わって、なんとなくまったりとした気分を満喫したい秋が訪れます。
こんな時、着物でどこかお出かけしてみたい気分になりませんか?
そこで着物でお出かけが出来る穴場スポットをご紹介いたします。

着物は持っていないけど、気分は満喫したいあなたにお勧めのおさんぽプラン!

レンタル着物で浅草の街を人力車で走ってみませんか?

 
気分はまるでハイカラさん♪
浅草の街を人力車で走ってみませんか?
着物レンタル会社と人力車会社がコラボしているので、手ぶらでOKですよ。
人力車は30分コースがだいたい7000円ぐらいから利用出来ます。
浅草の街を説明しながら回ってくれるので、秋の浅草を満喫しながら、お嬢様気分で観光を楽しむことが出来ます。
小袖の提供するレンタルプランに大人気のえびす屋さんとコラボレーションした人力車をセットしたプランです。人力車は「えびす屋雷門」さんが当店までお迎えにきてくれるプランになります。以下は小袖のお勧め人力車コースです。もちろんご都合に合わせたコースを相談することは可能です。人力車にご乗車になると普通のブラブラ観光では知りえない情報や季節ごとに合わせたプランがありますので、きっと満足のいく旅になるかと思います。

浅草の穴場スポットは?

今戸神社

今戸神社

今戸神社は縁結びにご利益のある神社です。
この神社はイザナギノミコト、イザナミノミコトの夫婦の神様がまつられています。
婚活中の方や、恋人募集中の方は是非、立ち寄ってみてください。

縁結び会は今戸神社を信仰される方々を対象としています。

縁結び会開催当日は、先ずご参加者様全員、良縁祈願祈祷を受けて頂きます。

その後、簡単に自己紹介して頂き、1対1で会話をして頂きます。

そして、時間許す限りフリータイムのお時間をとり、最後にご連絡先交換をして頂きお開きとなります。

(終了後、お時間がある方達はお食事に行かれます。)

素敵なお時間を過ごして頂ければ幸いです。

穴場なのは、実は今戸神社の縁結び会なのです。
毎年秋頃に開催されます。
ここで誰か素敵な男性と巡り合うことが出来るかも!?
着物で決めれば、素敵な出会いのチャンスも増えそうですね。
 
 

浅草雷門前 老舗のどら焼き屋「亀十」

並んででも買いたい美味しいどら焼きです。
普通のどら焼きとは違い、生地がとってもふわふわなんです。
物凄く並ばなくてはいけませんが、お土産に是非ゲットして下さいね♡
 

鎌倉で着物おさんぽしちゃおう♡

鎌倉 峰本 八幡宮前本店

スターバックス 鎌倉御成町店

ええっー!本当にあのスターバックスなの!?と驚嘆の声が上がりそうな店舗です。
鎌倉店は、なんと漫画家、横山隆一氏の邸宅跡地に建てられており、コーヒーを飲みながら美しい庭を観賞することが出来るお店なのです!
鎌倉に来たら、みんな人気スポットの方へ流れてしまいがちですが、鎌倉店のスターバックスは本当に穴場なのです!!
鎌倉に来たら、是非スターバックスでコーヒーを頂きましょう。
 
 

着物が似合うお蕎麦屋さん

数寄屋作りの店内で美味しいお蕎麦を頂きましょう。
レトロな店内なので、着物姿もマッチしますよ。
蕎麦以外にも天ぷらや親子丼などの和食も頂けます。
 
このお店は、鎌倉の一等地にあり、「フクちゃん」で有名な漫画家、横山隆一氏の邸宅跡地に建てられました。氏の生前、漫画家たちが集まるコミュニティの中心地でもあった邸宅は、氏が愛した桜の木、藤棚、プールなどをそのまま残しながらも、こだわりのある地元の方々が心地よく集う空間に生まれ変わりました。

近場で済ませたいのなら

近場で簡単におさんぽを楽しみたいのであれば、庭園に出かけてみてはいかがでしょうか。
東京都内には庭園がいくつもありますので、着物さんぽをゆったりとした気分で味わうことが出来ますよ。

東京都中央区浜離宮庭園

六代将軍家宣が庭園を大改修した際に植えられた大きな松の木やボタン園などが見どころです。
 
 

向島百花園

自然豊かな庭園で、ハギのトンネルつる物棚などが見どころです。
庭園内で七福神めぐりをすることが出来ますので、ご利益もありそうです。
 
 

旧古河庭園

ジョサイア・コンドル氏の洋館や西洋庭園、日本庭園、枯滝、大滝などがある庭園です。
和洋折衷を楽しみながら、おさんぽを楽しみましょう♡

この記事のキーワード