複数キーワードは半角スペースで検索!

女子必見【DIY】して部屋をかわいくしよう♡

かわいい部屋にするにはお金がかかると思っている方、いませんか?実はプチプラで部屋がかわいくなるんです。今回は自分で作れる小物やインテリアをご紹介します。

この記事を書いた人: momoko
momoko
2016年04月04日

【DIY】が女子に流行っている理由

【DIY】とは
Do It Yourself、自分でやろうという意味です。

日本人は飽きてしまった家具などを業者に引き取ってもらう、また小さなリフオームでも業者に頼む人は少なくありません。
しかし、海外では家のことを自分でやる人のほうが多いそうです。
気に入った物を長く大切に使うという考えが根付いているのですね。

そこに流行やおしゃれに敏感な女子が気づき、自分でできるおしゃれを楽しむようになったのです。

 

『DIY流行の理由1:安い』
買うよりははるかに安い!

『DIY流行の理由2:おもしろい』
シンプルな理由ですが、単につくることが「おもしろい」のです。

『DIY流行の理由3:勉強になる 』
凝れば凝るほどに深みがある。

『DIY流行の理由4:いやされる 』
近年、木材には、木自体の表面を守るために『フィトンチッド』という自然物質が発生していることが判りました。
実はそれが木の持つすごい『癒しのパワー』なんです。
DIYを通して、木に触れることで、癒されるという人もいます。

 

部屋はプチプラでかわいくできる!

 
テレビや雑誌などでかわいい部屋を見て「高そうな家具だな」と思ったことありませんか。
実は、生活するうえでちょっとした家具は自分で作れるのです。
しかも、百均で売っているような物や家にある使用済みの物でだいたい作れてしまします。
 

部屋を【DIY】するうえでまず考えること

それは「方向性」です。
自分がどのような部屋が落ち着くか考えましょう。
テレビや雑誌などで見て「かっこいい」「かわいい」と思っても、自分の趣味に合わなければ落ち着かない、長く居られない部屋になってしまいます。

既存の家具や普段の持ち物を見て(ナチュラル系かなど)考えるとよいでしょう。
既存の家具がプラスチック系でナチュラル系などに一新したいときは、プラスチックの上に木材やタイルなどを乗せることができるので、イメージチェンジできますよ。

 

簡単な小物から作ってみましょう

空き瓶に好きな物や季節の物を入れて飾るだけでかわいいです!
 
 

紅茶などの缶

紅茶などの空缶に磁石をボンドで付けています。
好みの布やビーズなどを付けるとかわいいですね。
装飾もボンドのみでOKです。

冷蔵庫などにたくさんひっついているほうがおしゃれです!

 
 

キャンパス

図工で使っていた「キャンパス」に布を張り付けています。
ボンドで付けることができます。
「キャンパス」は百均で手に入ります。
部屋の雰囲気に合わせて柄を考えてみましょう。
 
 
北欧風の布を貼り付けてもかわいいですね。
 

工具や道具を使ってステップアップしてみましょう

【コードレスドリルドライバー】

おすすめ度 ★★★★★

何が必要かは使い方を考えてになりますが、リチウム電池、充電時間の短さ、予備バッテリーとケースはついていたほうがのちのち幅広く使えますよ。

【マルチツール】

電動ドライバーなのに、穴あけ・ネジ締め・切断・研磨までできてしまうマルチツールもあります。
合体ロボのようにヘッドを変えるだけで、ドリル、ドライバー、サンダー、ジグソーなどなどなんにでも変身。
これはこれで物欲が刺激されますね。

 
電動ドライバー(ドリルドライバー)の価格は4,000円台から販売されています。
マルチツールはあれば便利ですが【DIY】が上達してから必要なら購入するとよいです。
 

電動ドライバー(ドリルドライバー)

 

電動ドライバー・プラスドライバー・マイナスドライバー・メジャー(測ることは大切です)・カッターナイフ・結束バンド・ボンド

上記があれば簡単な【DIY】ができます。

 

作ってみましょう

動きやすく・汚れてもよい服で作業をしましょう。
 
 

収納棚作りを疑似体験しましょう

 

・すのこ 3枚
・木工用ボンド
・のこぎり
・ネジか釘を20本程度

すのこの下駄を内側に向けて、一番下の下駄にすのこパーツを渡します。
下駄とすのこの接着面を木工用ボンドで接着して下さい。
この作業は床に寝かせて行うとやりやすいでしょう。

次に一番上の下駄にも同じようにすのこを渡して接着します。
上下ともにある程度強度が出てきたら、ネジか釘を打ちます。

最後に中二段のすのこを接着して完成です。

 
背面にも板があるとかわいいですね。
棚板が多い方が安定した収納になります。
 

ラティスを使ったディスプレイを疑似体験しましょう

作業スペースにビニールシートを敷きましょう。
塗料を使うので換気扇を回したり窓を開けたりしましょう。

【材料】
ラティス2枚
連結金具(何枚かセット売りのものがよい)
好みの色の塗料
防水用のニス
はけ
棚になる木の板(奥行きは浅めのほうが安定感がある)好みで数枚
棚に合わせたL字の金具(何枚かセット売りのものがよい)

釘や金具類はホームセンターで店員の方にどれが合うか聞いてから購入するとよいです。

【作り方】
ラティスと棚になる板に色を塗ります。
ニスを塗ります。
ラティスを連結金具で取り付けます。
棚をL字の金具を使って取り付けます。
釘で壁にしっかりと固定します。

 

気軽に【DIY】を楽しみましょう

どれも特別な物はないことがわかりました。
また、安く手に入り簡単に作れることがわかりました。

楽しみながらくつろぎの空間を作っていってください。

この記事のキーワード