複数キーワードは半角スペースで検索!

【セルフで簡単♪】グラデーションネイルのやり方!!

グラデーションネイルはセルフネイルをする人にとっては憧れのデザインの1つではないでしょうか?でも難しそう・・・と思ってはいませんか?実は簡単にできる方法があるのです。

この記事を書いた人: con536zh
con536zh
2016年04月26日

いろいろな種類のグラデーションネイル♡

 
 
 
 

グラデーションネイルってどんなネイル?

お仕事で、あまりハデなネイルが出来ない方でもヌーディーなお色をのせる事で落ち着いた品のあるネイルを演出できたり、ハデなお色でグラデーションをしても根元部分をクリアにする事で伸びてきた時に気になりにくいのも特徴です。

 

グラデーションネイルの良いところ
・爪が伸びてきても根元がわかりにくい
・簡単だけど凝って見える
・カラーバリエーションが楽しめる
・派手にも大人しめにも、様々なネイルアートができる

などなど、簡単で利点がたくさんです!

 

オシャレなネイル女子に人気のデザイン、グラデーションネイル。
シンプルにしたり、沢山のカラーを使って派手にしたりと、様々なバリエーションがありますね。

セルフネイルの事をつかんで、是非チャレンジしてみてはいかがでしょう!

 

グラデーションネイルのやり方

単色グラデーションのやり方

 
1.まず、爪に色味を整えるベースコートを塗ります。
2.選んだネイルから一番薄い色味を選び、スポンジにたっぷり塗ります。
3.すぐに2番目に濃い色味を選び、先ほど塗ったスポンジの中央から爪先にかけて二度塗りします。
4.最後に爪先に一番濃い色味のネイルを塗り、爪へスポンジをつけます。
5.ゆっくり剥がし、綺麗に3色分かれた色味が塗られているか確認します。もし綺麗に塗れていない場合、スポンジの端などに塗れていない色味のネイルを少しつけ、ぽんぽんと叩くように色味をつけてください。
 
ターコイズの単色グラデーションネイルです。
 
ピンクの単色グラデーションネイルにネイルストーンを飾っています。
 
爪ごとにベースとなるカラーを変えたグラデーションネイルです。
 

スポンジを使ったやり方

■作り方

1.スポンジを爪の大きさにカットしておきます

2.パレットや下敷きなどにネイルカラー2色を出します。中央は少し重なるように。

3.つまようじで中央の境目をくるくると混ぜます。

4.スポンジに色をのせます。

5.爪にスポンジをポンポンと押し付けます

スポンジでポンポンするだけでグラデーションネイルが作れるなんて、お手軽ですね。

お好みでストーンやシール、スワロスキーやアートを施せば、更に上級者のクオリティーの高いグラデーションネイルの完成です。

オリジナルなデザインを作って、グラデーションネイルえお楽しみましょう!

紫~紺のベースのグラデーションに、夜の街の絵を描いています。
 
 
チップに3色の色を塗ってから、スポンジでぼかす方法です。
 
沢山のカラーを使えば、カラフルなレインボーネイルができます。
 

縦方向のグラデーションネイル

縦方向にベースのカラーを塗れば、縦のグラデーションネイルが出来ます。
 
爽やかな水色のグラデーションネイルです。
 
ビビットカラーの黄~緑のグラデーションネイルです。
 

セルフグラデーションネイルの豆知識

スポンジの種類と仕上がり

スポンジによって仕上がりが違うことが分かりますね。
一番右の掃除用スポンジは、カラーがべったりつくような仕上がりで、グラデーションが分かりにくい仕上がりになりました。
真ん中と左のスポンジは、チップを見てもスポンジの目が分かりますので、境目をぼかしやすくグラデーションにしやすいと言えます。
実際に試してみて一番好きな仕上がりになるスポンジを選ぶのも、スポンジでのグラデーションネイルを楽しむ上で重要なポイントですよ☆

グラデーションしやすい色は?

グラデーションがしやすい色、またしにくい色があるのを知っていましたか?
どうしても上手くグラデーションが作れない時は、色を変えてみると案外できちゃったりもしますよ♪
是非試してみてくださいね!
 

失敗したら?

1.ラメをのせる
グラデーションの境目にラメをのせれば、失敗部分を即、カバー。目立たなくなります。

ラメの輝きをプラスできるので素敵なネイルに変身しますよ。
また、ラメの色や入れ方によってもネイル全体の表情も変わります。

2. ストーンを置く
キレイにできなかったと思ったところをピンポイントで隠せちゃいます。

ストーンは少しでも、たくさんでも使うとネイルが可愛く仕上がります。

3. シールを活用
今はいろいろな種類のネイルシールがたくさん販売されていますね。
素材や厚み、サイズや色も豊富。
デザインに変化をつけるイメージで、うまくいかなかった…と思う部分に貼るだけ。

この記事のキーワード